フルクラムのロード用カーボンエアロホイール「SPEED」シリーズに、55mmハイトのチューブラーモデルと、弟分となる40mmハイトのクリンチャーモデルが登場。アルミホイールの最高峰「Racing Zero」シリーズは、ワイドリムを採用しリニューアルを果たした。



フルクラム SPEED 55T

フルクラム SPEED 55Tフルクラム SPEED 55T (c)カワシマサイクルサプライ
3Kカーボンを表層に用いたリム。3Diamant処理により制動力を高めている3Kカーボンを表層に用いたリム。3Diamant処理により制動力を高めている (c)カワシマサイクルサプライハイローフランジ設計により左右のテンションバランスを高めたリアハブハイローフランジ設計により左右のテンションバランスを高めたリアハブ (c)カワシマサイクルサプライワイドリムを採用したフルクラムの新しいロード用カーボンエアロホイールが「SPEED」シリーズだ。40mmハイトの「40T」に続き、現在開催中のツール・ド・フランスで新城幸也(ランプレ・メリダ)が使用中の55mmハイトモデル「55T」が登場する。

リム幅は「Racing Speed」シリーズから4mm広げた24.2mmとなった。55mmというリムハイトと合わせて、リム剛性と空力性能を向上させた。また、横風による抵抗も低減されており、シチュエーションを問わない優れた高速巡航性を実現した。網目の細かな3Kカーボンのブレーキ面には、平滑度を高めることで、より安定した制動を可能とする「3Diamant処理」を施している。

ハブ本体は、カーボン製シェルとアルミ製フランジで構成されている。リアフランジには駆動側を大径としたハイロー設計を採用し、左右のスポークテンションを最適化した。ベアリングはフルクラムの最高峰グレード「CULT」で、高精度なセラミックボールと高硬度スチール製レースの組み合わせにより回転性能を高めている。フリーボディはシマノ/スラム用とカンパニョーロ用の2種類が用意され、シマノ/スラム用はプラズマ電解酸化処理(PEO)を施したアルミ製を採用する。

SPEED 55Tを使用する新城幸也(ランプレ・メリダ)SPEED 55Tを使用する新城幸也(ランプレ・メリダ) photo:Kei Tsuji
スポークはエアロ形状のステンレス製で、ニップルは軽量なアルミ製。フロントはラジアル組、そしてリアは駆動側を非駆動側の2倍のスポーク数とするフルクラム独自の「2:1スポークレシオ」組としている。スポーク数はフロントが18本、リアが左7本/右14本の21本となっている。前後ペア重量はシマノ/スラム用で1,280g。既に国内入荷済みで、価格は345,000円(税抜)。また「SPEED 40T」は2016年モデルより50,000円の値下げが行われ、「SPEED 55T」と同じく345,000円(税抜)で販売中だ。

フルクラム SPEED 55T
リム形式:チューブラー
リム:フルカーボン/3Kカーボンフィニッシュ
ブレーキ面:3Diamant処理
リムハイト:55mm
リム幅:24.2mm
ハブ:カーボン製ボディー/アルミ製フランジ、アルミ製アクスル
ハブベアリング:CULT
フリーボディ:シマノ用HG(プラズマ電解酸化PEO処理済み)、カンパニョーロ用UD
スポークキング:フロント18本(ラジアル)/リア21本(2:1、左7本/右14本)
スポーク:ステンレス・スチール製、エアロ形状、ストレートプル仕様
ニップル:アルミ製
重 量:1,280g(シマノ/スラム用)
価 格:345,000円(税抜)



フルクラム SPEED

フルクラム SPEED(ダークラベル)フルクラム SPEED(ダークラベル) (c)カワシマサイクルサプライ
カーボンとアルミを組み合わせたハイブリッド構造のハブカーボンとアルミを組み合わせたハイブリッド構造のハブ (c)カワシマサイクルサプライSPEED 40Tと同様のリムプロファイルを持つSPEED 40Tと同様のリムプロファイルを持つ (c)カワシマサイクルサプライ


新登場の「SPEED」は、プロユースモデル「SPEED 40T」の弟分に位置づけられるロード用フルカーボンクリンチャーホイール。同じくフルカーボンクリンチャーの「Racing Quattro carbon」の上位グレードにあたる。「SPEED 40T」に準じたリムの寸法を採用することが特徴で、ハイト40mmx幅24.2mmという設計によってエアロ性能と軽量性のバランスを高めている。

ブレーキ面には制動力を高める「3Diamant処理」を施している。リム内部のニップルを受ける部分にポリマー製インサートを配し、カーボン部への負担やスポークの不要なねじれなどを軽減する「DRSC」テクノロジーにより、テンションバランスと耐久性を向上させた。

フルクラム SPEED(ブライトラベル)フルクラム SPEED(ブライトラベル) (c)カワシマサイクルサプライ
ハブボディは胴体をカーボン製、スポークを受けるフランジ部をアルミ製としている。内部にはカップ&コーン式のセラミックベアリング「USB」を搭載。フリーボディはシマノ/スラム用とカンパニョーロ用の2種類が用意され、シマノ/スラム用はプラズマ電解酸化処理(PEO)を施したアルミ製だ。

スポークはエアロ形状のステンレス製で、ニップルは軽量なアルミ製。フロントはラジアル組、そしてリアは駆動側を非駆動側の2倍のスポーク数とするフルクラム独自の「2:1スポークレシオ」組としている。スポーク数はフロントが18本、リアが左7本/右14本の21本となっている。前後ペア重量はシマノ/スラム用で1,420g。価格は260,000円(税抜)で、カワシマサイクルサプライ正規代理店にて現在予約受付中だ。

フルクラム SPEED
リム形式:クリンチャー
リム:フルカーボン/3Kカーボンフィニッシュ
ブレーキ面:3Diamant処理
リムハイト:40mm
リム幅:24.2mm
ハブ:カーボン製ボディー/アルミ製フランジ、アルミ製アクスル
ハブベアリング:USB
フリーボディ:シマノ/スラム用HG(プラズマ電解酸化PEO処理済み)、カンパニョーロ用UD
スポークキング:フロント18本(ラジアル)/リア21本(2:1、左7本/右14本)
スポーク:ステンレス・スチール製、エアロ形状、ストレートプル仕様
ニップル:アルミ製
重 量:1,420g(シマノ/スラム用)
価 格:260,000円(税抜)



フルクラム Racing Zero Nite C17、Zero Competizione C17、Zero C17

フルクラムが誇るアルミレーシングホイールが「Racing Zero」。昨今主流となった23C以上の幅広ロードタイヤに最適化するべく、ワイドリム化に踏み切った。リム内幅を17mmに拡幅した新たな「Racing Zero C17」シリーズは、「Zero Nite C17」「Zero Competizione C17」「Zero C17」の3モデルがラインアップされる。

フルクラム Racing Zero Nite C17フルクラム Racing Zero Nite C17 (c)カワシマサイクルサプライ
カーボンホイールのような精悍なルックスを持つカーボンホイールのような精悍なルックスを持つ (c)カワシマサイクルサプライプラズマ電解酸化処理(PEO)を施したアルミ製のシマノ/スラム用フリーボディプラズマ電解酸化処理(PEO)を施したアルミ製のシマノ/スラム用フリーボディ (c)カワシマサイクルサプライ


「Zero Nite C17」は、プラズマ電解酸化処理(PEO)によってリム表面の硬度を高め、ブレーキ面に専用の切削加工を施すことで、天候を問わない優れた制動力を実現したシリーズの最上位モデル。カーボンホイールのような精悍なルックスも人気の1本である。

ハブはカーボン製のボディとアルミ製フランジを組み合わせたハイブリッド構造としており、内部にはカップ&コーン式のセラミックベアリング「USB」を搭載する。

フルクラム Racing Zero C17フルクラム Racing Zero C17 (c)カワシマサイクルサプライ
一方、通常のアルミリムを採用するのが「Zero C17」だ。カーボン/アルミのハイブリッド構造を採用したハブや、反応性に貢献するアルミスポークなど、リムの特殊加工以外はZero Nite C17と共通の設計となっている。

「Zero Competizione C17」は、Zero C17をベースに、ベアリングをフルクラムの最高峰グレード「CULT」に置き換えた1本。ノーマルモデルとは異なるグラフィックや、レッドアルマイトのハブボディ&スポークによる戦闘的なルックスも魅力的だ。

フルクラム Racing Zero Competizione C17フルクラム Racing Zero Competizione C17 (c)カワシマサイクルサプライ
内幅を17mmとした新型アルミリム内幅を17mmとした新型アルミリム (c)カワシマサイクルサプライ赤のアルマイト仕上げとされたハブ赤のアルマイト仕上げとされたハブ (c)カワシマサイクルサプライ


いずれも対応するのはクリンチャータイヤのみ。スポーキングはフロントが16本のラジアル組、リアが左7本/右14本の21本の2:1スポーキングとしている。フリーボディはシマノ/スラム用とカンパニョーロ用の2種類が用意され、シマノ/スラム用はプラズマ電解酸化処理(PEO)を施したアルミ製。シマノ/スラム用の前後ペア重量はZero Nite C17が1,506g、Zero Competizione C17が1,510g、Zero C17が1,518gだ。現在国内入荷済みなのはZero C17のシマノ/スラム用のみ。その他のモデルは9月頃の入荷を予定している。

フルクラム Racing Zero Nite C17、Zero Competizione C17、Zero C17
リム形式:クリンチャー
リム素材:プラズマ酸化電解処理アルミ(Zero Nite C17のみ)、6082-T6アルミ
リム内幅:17mm
スポーク数:フロント16本(ラジアル)、リア21本(2:1スポーキング)
ハ ブ:カーボン製ボディ/アルミ製フランジ
ベアリング:USBベアリング、CULT(Zero Competizione C17のみ)
前後ペア重量:1,506g(Zero Nite C17)、1,510g(Zero Competizione C17)、1,518g(Zero C17)
フリーボディ:シマノ/スラム用HG(プラズマ電解酸化PEO処理済み)、カンパニョーロ用UD
税抜価格:162,000円(Zero Nite C17)、170,000円(Zero Competizione C17)、124,000円(Zero C17)
Amazon.co.jp 
の画像 Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 80D ボディ EOS80D
カテゴリー: Photography
メーカー: キヤノン
最安価格: ¥ 104,000
アマゾン価格: ¥ 104,000
の画像 Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D ボディ 2420万画素 EOS8000D
カテゴリー: Photography
メーカー: キヤノン
最安価格: ¥ 87,000
の画像 Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM
カテゴリー: Photography
メーカー: キヤノン
参考価格: ¥ 21,273
最安価格: ¥ 15,345
アマゾン価格: ¥ 15,345