全日本ロード男子エリートは、3名に絞られた集団から初山翔(チームブリヂストン・アンカー)がゴールスプリントを制し、2位西薗良太とのワンツーフィニッシュを決めた。3位には木村圭佑(シマノレーシング)が入った。


全日本選手権ロード男子エリートをワンツーフィニッシュで飾った初山翔(チームブリヂストン・アンカー)と西薗良太(チームブリヂストン・アンカー)全日本選手権ロード男子エリートをワンツーフィニッシュで飾った初山翔(チームブリヂストン・アンカー)と西薗良太(チームブリヂストン・アンカー) photo:Yuichiro Hosoda
チームメイトと喜びを分かち合う初山翔(チームブリヂストン・アンカー)チームメイトと喜びを分かち合う初山翔(チームブリヂストン・アンカー) photo:Yuichiro Hosoda6月26日(日)に開催された全日本選手権ロードレース男子エリート。序盤、鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)中根英登(愛三工業レーシング)の2人の逃げが決まる。その後しばらくはそのまま推移するも、途中中根がドロップして鈴木の単独逃げとなる。

11周回めで集団が鈴木を吸収すると、最終周回には空港横で木村圭佑がアタック。これに初山翔が反応、西薗良太も追いつき、3人の逃げが形成される。そしてゴールスプリントを制したのは2名の数的優位を創りだしたブリヂストン・アンカーの初山翔。西薗とともに大きく手を広げ、全日本タイトルを手にした喜びを全身に表わしてゴールした。

詳しいリザルトは追ってレースレポートでお伝えします。

全日本選手権ロードレース 男子エリート リザルト
1位 初山翔(チームブリヂストン・アンカー)   4h14'57
2位 西薗良太(チームブリヂストン・アンカー)
3位 木村圭佑(シマノレーシング)        +00'02


photo,movie&text:Yuichiro Hosoda
Amazon.co.jp 
の画像 ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR) EXTENZA R1X ロードタイヤ
カテゴリー: Sports
メーカー: ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR)
の画像 BRIDGESTONE ANCHOR (ブリヂストンアンカー) EXTENZA R1S ロードタイヤ 700x23C F301132BL(R1S-7023)
カテゴリー: Sports
メーカー: BRIDGESTONE ANCHOR (ブリヂストンアンカー)
参考価格: ¥ 6,804
最安価格: ¥ 5,940
アマゾン価格: ¥ 6,131
の画像 BRIDGESTONE ANCHOR (ブリヂストンアンカー) EXTENZA 軽量チューブ 仏48mm F310102 WO700x18-25C
カテゴリー: Sports
メーカー: ブリヂストン
参考価格: ¥ 926
最安価格: ¥ 797
アマゾン価格: ¥ 1,159