ドイツに居を構えるスポーツバイクのフェルトが、5年に及ぶ開発期間を費やし、エアロロードバイク「AR」シリーズをモデルチェンジさせた。徹底的なコンピューターシミュレーションと風洞実験を基に開発された新型は従来モデルと比べ、大幅に空気抵抗を削減した、新世代のエアロロードだ。



フェルト AR FRD
フェルト AR FRD(マットカーボン)フェルト AR FRD(マットカーボン) (c)ライトウェイプロダクツジャパン
ARシリーズのハイエンドモデルにして、プロの使用を前提に開発された「AR FRD」。徹底的に煮詰められたフレーム形状と新開発のカーボン素材を組み合わせ、空気性能や剛性、反応性、コーナリング性能などロードレースで求められる様々な性能をブラッシュアップしている。

フレーム形状は航空力学を応用した設計の基に開発が行われたという。随所に空気を整流化する工夫が施され、フォーククラウンとヘッドチューブを一体化した形状の「Twin Tail Fork」や、リアブレーキのダイレクトマウント化、これに伴いリアブレーキ取付ブリッジを廃した「Twin Tail Seat Stays」など6つの特徴的なデザインが取り入れられいる。結果、従来のARに対して14.7%、一般的なロードバイクに対して約30%の空気抵抗削減を達成した。

シートステーはブリッジを廃した「Twin Tail Seat Stays」シートステーはブリッジを廃した「Twin Tail Seat Stays」 (c)ライトウェイプロダクツジャパンヘッドチューブと一体化されたフォーククラウン「TwinTailFork」ヘッドチューブと一体化されたフォーククラウン「TwinTailFork」 (c)ライトウェイプロダクツジャパン

リアホイールが乱した空気を整流する「Gap Shield」リアホイールが乱した空気を整流する「Gap Shield」 (c)ライトウェイプロダクツジャパンVGOによって幅広いポジションを実現可能としたVGOによって幅広いポジションを実現可能とした (c)ライトウェイプロダクツジャパン


フレーム素材にはF1や宇宙開発のカーボン技術を応用し、新たに開発された「UHC ULTIMATE+TeXtreme」を採用する。スウェーデンのOxeon社が開発したテープ状のカーボンを使用し、一般的な織物状のカーボンに対して半分の重量で同等の強度を確保することに成功した。工法には、フロントトライアングルとシートステー、チェーンステーを個別に生産した後に接合する「MMC」や、フレーム成型時に内部に残留する物質を徹底的に除去する「In Side Outテクノロジー」を用いる。

シートポストはシート角が72.5~78度の間で調整可能な「VGD」システムを搭載し、短距離のロードレースから、長距離のトライアスロンのバイクパートまで幅広い用途に対応した。販売パッケージは電動コンポーネントにのみ対応するフレームセットのみとなる。


フェルト AR FRD
フレーム:フェルト Aero Road UHC Ultimate+Textreme MMC カーボン,カーボンBB30シェル , カーボンドロップアウト, 7075CNCディレーラーハンガー
フォーク: フェルト Aero Road UHC Ultimate + Textreme カーボンモノコック,Aero Taper 1.125" - 1.25"
ヘッドセット:FSA NO.44 1.125" - 1.25" インテグレーテッド
ボトムブラケット:FSA セラミック BB30, 24mm spindle reducers付属
シートポスト:FELT VariMount Aero UHC flip position カーボン
シートクランプ:FELT Internaloc
カラー:マットカーボン
サイズ:510mm、540mm、560mm(700c)
価 格:344,000円(税込)



フェルト AR2
フェルト AR2(マットカーボン)フェルト AR2(マットカーボン) (c)ライトウェイプロダクツジャパン
AR2はハイエンドモデル「AR FRD」のフレーム形状や工法をそのままに、高品質なカーボン繊維を使用するUHC Advancedカーボンを採用した、ARシリーズのセカンドグレード。ケーブル受けなどが廃され、徹底的にエアロダイナミクスが追求された電動専用仕様の完成車のみが設定される。アルテグラDi2、3Tのホイールやハンドルが装着されるなど、そのままの状態でレースに出場可能な1台だ。


フェルト AR2
フレーム:フェルト Aero Road UHC Advanced MMC, カーボン, 電動専用
フォーク:フェルト Road UHC Ultimate カーボンモノコック
コンポーネント:シマノ 6870系アルテグラDi2
ホイール:3T Accelero 40 Team Stealth カーボン
ハンドル:3T Tornova Team Stealth カーボン
ステム:3T ARX II Team Stealth 7075アルミ
シートポスト:フェルト VR Aero UHC flip position カーボン 3T DiffLock
サドル:プロロゴ Zero II TiRox
タイヤ:Vittoria Diamante Pro Light, 700c×23c
サイズ:480mm、510mm、540mm、560mm(700c)
カラー:マットカーボン
価 格:701,400円(税込)



フェルト AR4、AR5
フェルト AR4(グロスカーボン)フェルト AR4(グロスカーボン) (c)ライトウェイプロダクツジャパンフェルト AR5(マットカーボン)フェルト AR5(マットカーボン) (c)ライトウェイプロダクツジャパン


AR4とAR5は、お求め易い価格ながら、ハイエンドモデルと同等のエアロダイナミクスを体感出来るバリューモデル。素材はチタンの7.9倍、アルミの3.34倍の強度を持つUHC PERFORMANCEカーボンに変更されている。販売パッケージはリア11速のアルテグラ完成車(AR4)と、5700系105完成車(AR5)の2タイプがラインナップ。


フェルト AR4、AR5
フレーム:フェルト Aero Road UHC Performance MMC カーボン
フォーク:フェルト Road UHC Performance カーボンモノコック
サイズ:480mm、510mm、540mm、560mm (700c)
カラー:グロスカーボン(AR4)、マットカーボン(AR5)
価 格:
■シマノ 6800系アルテグラ+RS31完成車 375,900円(税込)
■シマノ 5700系105+フェルトオリジナルホイール完成車 281,400円(税込)



フェルト AR15

フェルト AR15(レースレッド)フェルト AR15(レースレッド) (c)ライトウェイプロダクツジャパンAR15はARシリーズの中で唯一、金属製フレームを採用したエントリーモデルで、素材には亜鉛やマグネシウムの添加によって強度や剛性、軽さを兼ね備える7005アルミ合金を採用。

基本的にはカーボンと同様の、空力特性に優れたフレーム形状ながら、リアブレーキはダイレクトマウントから通常のキャリパータイプに変更されている。販売パッケージは5700系105完成車のみがラインアップ

フェルト AR15
フレーム:フェルト Aero Road ウルトラライト カスタムバテッド 7005アルミ
フォーク:フェルト Aero Road UHC Performance カーボン アルミコラム
コンポーネント:シマノ 5700系105
ホイール:フェルトオリジナル
サイズ:480mm、510mm、540mm、560mm (700c)
カラー:レースレッド
価 格:197,400円(税込)

Amazon.co.jp 
の画像 航空力学の基礎
カテゴリー: Book
著者: 牧野 光雄
出版社: 産業図書
最安価格: ¥ 7,815
の画像 図解入門よくわかる航空力学の基本[第2版] (How‐nual Visual Guide Book)
カテゴリー: Book
著者: 國竹 泰夫, 浅井 敦司, 小林 崇朗, 吉澤 匡, 海野 義政
出版社: 秀和システム
の画像 紙ヒコーキで知る飛行の原理―身近に学ぶ航空力学 (ブルーバックス)
カテゴリー: Book
著者: 小林 昭夫
出版社: 講談社
最安価格: ¥ 1,012
アマゾン価格: ¥ 1,012