エンデューロを核とするサイクリングイベント・新城ヴェロフェスタが2月10日、愛知県新城市の新城市総合公園で開かれた。60分と120分のエンデューロのほか、東海地方で開かれているロードレースのシリーズ戦・KINAN AACA CUPも併催され、東海地方を中心に約300人がレースを楽しんだ。


新城でヴェロフェスタ初開催

穂積亮次新城市長とホストチームのキナンサイクリングチームの選手たちが並び、60分エンデューロ前に参加者と記念撮影穂積亮次新城市長とホストチームのキナンサイクリングチームの選手たちが並び、60分エンデューロ前に参加者と記念撮影 photo:Masanori.Asano
ヴェロフェスタは初心者でも参加しやすいサイクリングイベントとして、KINAN AACA CUPを運営するAACAが主催。これまでに愛知県長久手市でエンデューロイベント・ヴェロフェスタinモリコロパーク、三重県いなべ市でロングライドイベント・いなべヴェロフェスタが開かれたが、新城市での開催は今回が初めてだ。

大会の初開催を祝うように、天気は晴れ。厳しい寒さが予想されたが、風は比較的穏やかで日向ではそれほど寒くなく、まずまずのコンディションとなった。

公園内の遊歩道を使った1周およそ1.5kmのコースは、急勾配こそないものの短めの起伏が連続し、コーナーも多く、路面の一部が石畳になっているなど、なかなかテクニカルな印象。一部道幅も狭くなっており、うまく走るには集団内の位置取りも重要なポイントになりそうだ。

下りコーナーの先が石畳の路面になってくるセクションも。気分は春のクラシック!?下りコーナーの先が石畳の路面になってくるセクションも。気分は春のクラシック!? photo:Masanori.Asano快調なペースで走る先頭集団。コースに長い上りはないが、小刻みにアップダウンを繰り返す快調なペースで走る先頭集団。コースに長い上りはないが、小刻みにアップダウンを繰り返す photo:Masanori.Asano

2人の選手が同時に走り、合計周回で争うペアの部も行われた2人の選手が同時に走り、合計周回で争うペアの部も行われた photo:Masanori.Asanoキナンサイクリングチームの選手たちが主に先頭集団をコントロール。全日本チャンピオンの山本元喜選手と一緒に走れる貴重な機会だキナンサイクリングチームの選手たちが主に先頭集団をコントロール。全日本チャンピオンの山本元喜選手と一緒に走れる貴重な機会だ photo:Masanori.Asano


「マイペースで走る分にはそれほどつらくないと思うので、初心者でも十分楽しめるはず」
「でも、上位を目指すにはコーナーの立ち上がりで脚を使わないように集団の前々で展開しないといけないので、サバイバルレースになるかも?」
と大会ホストチーム・キナンサイクリングチームの選手たち。要は初心者から上級者まで楽しめる絶妙なコースだということだ。

大会は60分エンデューロで幕開け。男女それぞれのソロの部と2人の選手が同時に走って合計周回数を競うペアの部がある。12月のモリコロパークのヴェロフェスタのように仮装して参加する選手はさすがにいなかったが、スタート前もロードレースのような殺伐としたムードはなく、ほのぼのとした雰囲気だった。

60分エンデューロソロの部は、スプリント勝負で勝敗が決した60分エンデューロソロの部は、スプリント勝負で勝敗が決した photo:Masanori.Asano優勝賞品は新城市産のいちごや椎茸など、地場産品などが贈られた優勝賞品は新城市産のいちごや椎茸など、地場産品などが贈られた photo:Masanori.Asano


大会ホストとしてキナンサイクリングチームの選手たちが先導する中、ローリングスタートでレースが始まった。レース開始後からキナンサイクリングチームの選手たちが積極的に牽引し、レース序盤で先頭集団はかなり絞られた。先頭集団からこぼれた選手たちの中でペースが合う選手たちが集団を形成して走る場面も見られた。

120分エンデューロスタート!ソロ、ペア合わせて100人以上がエントリーした120分エンデューロスタート!ソロ、ペア合わせて100人以上がエントリーした photo:Masanori.Asano新城市総合公園内の遊歩道を利用したコースを一列棒状になって駆け抜ける先頭集団新城市総合公園内の遊歩道を利用したコースを一列棒状になって駆け抜ける先頭集団 photo:Masanori.Asano

コーナーが多いのも今回のコースの特徴。集団内の位置取りによって脚を温存できるかが決まるコーナーが多いのも今回のコースの特徴。集団内の位置取りによって脚を温存できるかが決まる photo:Masanori.Asano「がんばれー!」コース脇から選手に声援が送られる場面も「がんばれー!」コース脇から選手に声援が送られる場面も photo:Masanori.Asano


午後からはこの日の最終レース、120分エンデューロ。このレースに出場する選手はお昼前に来場する選手もちらほら。朝ゆっくりできるので、家の用事を済ませてから来ることもできそうだ。

このクラスは、男女のソロと男子ペア、男女ペアの各部に分かれてレースが繰り広げられた。午後からは薄曇りとなって風もやや強くなり、午前中よりもやや厳しいコンディションとなったが、上位を目指す選手たちはロードレースさながらの先頭交代を繰り広げながら周回を重ね、それ以外の選手もそれぞれの目標に向かって淡々とペダルを回していた。

KINAN AACA CUPも併催

60分エンデューロに続いて、併催されるKINAN AACA CUPの上級クラス1-2、キッズクラス、最上位クラス1-1のレースも行われた。キッズクラスはビンディングペダルのクラスとフラットペダルがあるのが面白い。

最後に行われた1-1クラスでは、キナンサイクリングチームの選手も参戦。最上位クラスらしい白熱したレースが繰り広げられた。

KINAN AACA CUPのキッズクラス。ビンディングの部とフラットペダルの部に分かれて行われたKINAN AACA CUPのキッズクラス。ビンディングの部とフラットペダルの部に分かれて行われた photo:Masanori.Asano最上位カテゴリー1-1の逃げ集団。最後はこの中から中島康晴選手がスプリントを制して優勝した最上位カテゴリー1-1の逃げ集団。最後はこの中から中島康晴選手がスプリントを制して優勝した photo:Masanori.Asano

ブースやサブイベントも盛りだくさん

新城ヴェロフェスタでは、キナンサイクリングチームをサポートしたり東海地方に本拠を持つ自転車関連メーカーや飲食店のブースも並んだ。

圧倒的な回転性能で多くのトップアマチュア選手に愛用されるホイールブランド・ゴキソでは、クライマーハブ搭載ホイールを含め10ペアほどの超高額ホイールを無料で貸し出すサービスを実施。他にもヨネックスが最新エアロロード・エアロフライトやカーボネックスの試乗も行っていた。「思いがけず試乗できたし、待ち時間がほとんどなかったのでよかった」と試乗を楽しんだ参加者も満足そうだった。

アスリチューンを扱う隼のブースでは、エナゲイン、ポケットエナジー、スピードキュアの各製品が組み合わせ自由で販売されたアスリチューンを扱う隼のブースでは、エナゲイン、ポケットエナジー、スピードキュアの各製品が組み合わせ自由で販売された photo:Masanori.Asanoゴキソブースではクライマーハブを搭載したホイールを含むおよそ10ペアのホイールを用意。試乗用に無料で貸し出していたゴキソブースではクライマーハブを搭載したホイールを含むおよそ10ペアのホイールを用意。試乗用に無料で貸し出していた photo:Masanori.Asano

ヨネックスブースでは最新のエアロロード・エアロフライトも試乗車として並んだ。ヨネックスブースでは最新のエアロロード・エアロフライトも試乗車として並んだ。 photo:Masanori.AsanoWAKO'Sのブースでは、バイクのクリーニングの実演も行われたWAKO'Sのブースでは、バイクのクリーニングの実演も行われた photo:Masanori.Asano


飲食関係では、東海地方ではおなじみのブチョーコーヒーも出展。おなじみの自家焙煎コーヒーや温かいトマトソースのパスタ、ぜんざいなど、ドリンク、フード、スイーツとバランスのよいメニューを展開。お昼時を中心に多くのお客さんで賑わった。

サブイベントでは、キナンサイクリングチームの選手によるキッズスクールやMTBトライアルライダー・おかっぴさんが設置したスキルコースなど、キッズライダーが楽しめる催しも。とくにおかっぴさんのスキルコースはレンタルバイクやヘルメットも用意され、公園にフラッと遊びに来た家族連れが飛び入り参加することもできるように配慮されていた。

ブチョーコーヒー/CLTのコラボブースは、温かいコーヒーやパスタなどのフードメニューが提供され、大勢の利用者で賑わったブチョーコーヒー/CLTのコラボブースは、温かいコーヒーやパスタなどのフードメニューが提供され、大勢の利用者で賑わった photo:Masanori.Asanoブチョーコーヒーでこの日販売されたトマトソースのパスタ。大きなウインナーをトッピングして満足度アップ!ブチョーコーヒーでこの日販売されたトマトソースのパスタ。大きなウインナーをトッピングして満足度アップ! photo:Masanori.Asano

おかっぴのマウンテンバイクパフォーマンス。華麗なテクニックに子どもたちも大興奮!おかっぴのマウンテンバイクパフォーマンス。華麗なテクニックに子どもたちも大興奮! photo:Masanori.Asanoレースの合間にキナンサイクリングチームの選手によるキッズスクールも行われたレースの合間にキナンサイクリングチームの選手によるキッズスクールも行われた photo:Masanori.Asano


おかっぴさんはトライアルのデモンストレーションも開催。高さ1m以上ある台に飛び乗ったり、ギャラリーを地面に寝かせてその上をジャンプしたりするなど、華麗な技を次々に披露した。

text&photo:Masanori.Asano