2018年も日本全国津々浦々で多くのライドイベントが開催された。その地域独特のロケーション、その季節特有の空気感を味わうことのできる自転車イベントの中から、シクロワイアード編集部がお邪魔した素敵なイベントをピックアップして紹介していく、2018年ライドイベント振り返り。


【1月】日本一早い桜を見よう 美ら島オキナワセンチュリーラン

海がとっても青い!美ら島オキナワセンチュリーラン海がとっても青い!美ら島オキナワセンチュリーラン
まず、美ら島より始めよ。そんな格言が出来てもおかしくないなあ、と思うほどには、ここ数年サイクリングシーズンインはこの大会から、というのがシクロワイアード編集部の恒例パターンとなっている。

この年末年始、寒波が襲来し寒さに震えるサイクリストにとって天候に恵まれれば半袖ジャージでライドできる美ら島オキナワセンチュリーランは夢のような大会。温暖な南の島はまさにサイクリングパラダイスといったところだろうか。

青い空と青い海、見渡す限りのブルーに包まれて走っていく160kmのセンチュリーコースは山あり海あり島ありとまさに盛りだくさん。沖縄北部のやんばるエリアから壮大な海中道路まで次々に移り行く景色を楽しむことが出来る贅沢なコースは一度走ってみるべきだ。

壮大なスケールの海中道路壮大なスケールの海中道路 お昼ご飯はボリュームたっぷりタコライスお昼ご飯はボリュームたっぷりタコライス

日本一早い桜が今年もサイクリストを迎えてくれた日本一早い桜が今年もサイクリストを迎えてくれた
実はレンタサイクルも充実しているので、飛行機輪行が苦手という方でも手ぶら参加できるのも隠れた魅力。さらに大会翌日には各市町村の魅力を深堀りしてくれるガイドサイクリングなんてのも用意されていたり。

本大会では時間と体力の都合でさっと通り過ぎてしまったスポットや、少し足を延ばした先にある見どころを地元に精通したガイドさんの先導のもと走り、学ぶことができるツアーは、沖縄に来たならぜひ体験してほしい濃厚なひと時となるハズだ。

美ら島オキナワセンチュリーラン2018
開催日:2018年1月13日
催場所:沖縄県名護市


【4月】なんと焼肉エイドが登場!? 桃源郷となった春の甲府盆地を行く 桃と桜のサイクリング

一面の菜の花畑に桃の花咲く まさに桃源郷のような景色にテンションも上がる一面の菜の花畑に桃の花咲く まさに桃源郷のような景色にテンションも上がる
今年初開催となったのが、こちらの桃と桜のサイクリング。大会名が示す通り、まさに桃と桜の花が咲き乱れる頃合いを見計らって走り出す絶景ライドなのだ。舞台となるのは山梨県の甲府盆地。果樹園が立ち並ぶフルーツラインを巡るサイクリングは短いながらもアップダウンもほどほどにあり、走りやすくも走り応えがある懐深いコース設計。

女性に優しいのもこのイベントの特徴。なんと女性オンリーのライドグループが作られ、先頭でスタートできるのだ。時間的に余裕のある先頭スタートなので、ゆったりペースでも大丈夫、さらにはサポートライダーも女性となりペーシングもお手の物。初参加の方にも安心して参加できるフレンドリーなイベントなのだ。

この先も桃の花咲く美しい道を走っていきますこの先も桃の花咲く美しい道を走っていきます
お待ちかねのランチタイムにゲストライダーの今中さんと佐藤さんもニッコリお待ちかねのランチタイムにゲストライダーの今中さんと佐藤さんもニッコリ 屋外バンクとなる境川自転車競技場がエイドに 走行体験もできました屋外バンクとなる境川自転車競技場がエイドに 走行体験もできました


そうそう、エイドのこだわりもこのライドのユニークなところ。なんとお昼にはバーベキューを楽しむことができるという前代未聞の取り組みのほか、バンク走行体験など、美味しい&楽しいエイドが魅力の大会でもある。来年の開催もほぼ決定とのこと、気になる人はぜひ参加してみてほしい、

桃と桜のサイクリング
開催日:4月8日
開催場所:山梨県笛吹市


【4月】特別列車で向かうプレミアムな1日 グレイトアース千葉南房総ライド

ふと海に目をやると日本ではないような光景が広がるふと海に目をやると日本ではないような光景が広がる
荒磯+エメラルドグリーンの近海+ディープブルーの遠洋という3色団子のような景色も堪能できる荒磯+エメラルドグリーンの近海+ディープブルーの遠洋という3色団子のような景色も堪能できる 巨大なクジラ骨格標本が飾られている巨大なクジラ骨格標本が飾られている


桃と桜のサイクリングが山派向けのイベントなら、海派向けのイベントはこちら、千葉を舞台にしたグレイトアース千葉南房総ライドだろう。冬でも関東平野に比べると大分暖かな南房総で、春のうららかな空気と海の幸を楽しむイベントとなる。

今年はなかなか風が強かったようだけど、それもまた南房総らしさ。共に参加したサイクリスト同士で協力しつつトレインを組めば、仲間になることはきっと容易いはず。それもまた自転車イベントの楽しみ方の一つでもある。

サイクリスト専用列車「B.B.BASE」からアイコニックな駅舎の館山駅に降り立つサイクリスト専用列車「B.B.BASE」からアイコニックな駅舎の館山駅に降り立つ
その上、今年度から運行が始まったサイクリスト専用列車「B.B.BASE」を利用した参加プランが用意されたというのも大きな話題を呼んだ。輪行する必要もなく、そのまま電車に積み込めるなんて、なかなか味わえる経験ではないはずだ。

グレイトアース千葉南房総ライド
開催日:4月8日
開催場所:千葉県南房総


【4月】桜咲く信州を行く人気ロングライド 桜のAACR

眼前に迫るアルプスの霊峰にテンションもマックスだ眼前に迫るアルプスの霊峰にテンションもマックスだ
押しも押されぬ人気ロングライドイベント、AACRことアルプスあづみのセンチュリーライド。あまりの人気ぶりに昨年から4月の桜、5月の緑とテーマとコースを変えて2回開催へと規模を拡大したことは記憶に新しい。

やわらかな薄紅色に染まる桜と未だ冠雪している北アルプスの山々が織りなすコントラストは視線を釘付けにする美しさ。あづみのから白馬へと往復するルートの中にはいくつもの絶景スポットがあり、まさに””映え”るロングライドイベントでもある

初っ端の桜並木は満開初っ端の桜並木は満開
味噌をいっぱいつけて塩分補給だ味噌をいっぱいつけて塩分補給だ ラストスパートも快調に飛ばすラストスパートも快調に飛ばす


もちろん、エイドにも定評があり、中でも人気なのは地元産のお米をつかったおにぎりを郷土味噌につけていただく大町エイド。いくらでも食べれそう、米の甘さを人生で一番感じるなど、取材に訪れた編集部員はみな一様に絶賛のコメント。来年もきっとおいしい信州グルメが待っているはずだ。

桜のAACR
開催日:4月21・22日
開催場所:長野県松本市


【4月】家族や仲間とわいわい耐久レースを楽しもう もてぎ7時間エンデューロ春

マヴィックカーを先頭にもてぎ7時間エンデューロがスタート!マヴィックカーを先頭にもてぎ7時間エンデューロがスタート!
ここまではロングライドイベントを中心に紹介したけれど、こちらのもてぎ7時間エンデューロはその名の通りの耐久レース。いろんな景色やグルメを楽しめるロングライドもいいけれど、もっと大きな集団で走る迫力が味わいたいならサーキットエンデューロがおすすめだ。

サーキットエンデューロの中でも、このもてぎ7時間エンデューロはしっかりとしたオーガナイズ、豪華なゲストライダー陣といった特長ある大会。そして、なんといってもmotoGPの開催地でもあるツインリンクもてぎを自転車で走ることが出来るのが最大の魅力。

子どもたちが応援の声を飛ばしてくれた子どもたちが応援の声を飛ばしてくれた 仲間と一緒に協力して周回を重ねるのもエンデューロの楽しみだろう仲間と一緒に協力して周回を重ねるのもエンデューロの楽しみだろう

手をつないで一緒にゴール!手をつないで一緒にゴール! 4時間企業対応を制した山下ゴムのお二人。今回のチャンピオンジャージはイメージを変え、爽やかなレモン色を採用4時間企業対応を制した山下ゴムのお二人。今回のチャンピオンジャージはイメージを変え、爽やかなレモン色を採用


程よいアップダウンの織り交ぜられたコースは上級者にとっても攻略しがいがある一方で、ビギナーにとっても広めのコース幅や余裕のあるコーナーなど走りやすい側面もあり、幅広い層のライダーが楽しめるイベントなのだ。

例年はゴールデンウイークに開催されていた大会だったが、今年は少し早まっての開催に。しかし、人気に陰りは見えず、多くの人がワイワイガヤガヤ楽しんでいた様子が印象的なイベントだった。

もてぎ7時間エンデューロ春
開催日:4月21・22日
開催場所:栃木県茂木町


【4月】南国情緒たっぷりの1日 グレイトアース日南海岸サンシャイン宮崎ライド

黒霧島の樽を鏡開き! 黒霧島の樽を鏡開き!  雲の切れ目から漏れる光がカーテンの様雲の切れ目から漏れる光がカーテンの様

南国情緒たっぷりの1日 グレイトアース日南海岸サンシャイン宮崎ライド南国情緒たっぷりの1日 グレイトアース日南海岸サンシャイン宮崎ライド
おつぎは少し遠くの宮崎県、日南海岸を舞台に開催されたグレイトアース日南海岸サンシャイン宮崎ライドをピックアップ。焼酎の横綱「霧島」を思う存分飲み放題な前夜祭から始まった2日間。

日の出とともにスタートしたら、日南海岸の素晴らしい景色が迎えてくれた。朝陽に照らされた日向灘を間近に眺めつつ走る前半戦と、新緑眩しい山々を抜けていく後半のコントラストはまさに日本のロングライド。

魚うどんとフライ なかなかユニークな味でした魚うどんとフライ なかなかユニークな味でした 豪快に地鶏が焼き上げられていきます豪快に地鶏が焼き上げられていきます

開けたロケーションで眺望美しい飫肥杉峠開けたロケーションで眺望美しい飫肥杉峠
もちろん途中に用意されるエイドステーションも地元グルメが盛りだくさん。日向夏、すりみうどん、飫肥天などなどなかなか普段いただく機会のない郷土色豊かな食を楽しみ、走った120kmは素晴らしい思い出になったはず。ちなみに、後半の峠をスルーして電車で戻るコースも用意されていたので、脚に自信のない人にもおすすめのイベントだ。

グレイトアース日南海岸サンシャイン宮崎ライド
開催日:4月21・22日
開催場所:宮崎県日南市


【4月】春の訪れを栃木で感じる 宇都宮サイクルピクニック

春の訪れを栃木で感じる 宇都宮サイクルピクニック春の訪れを栃木で感じる 宇都宮サイクルピクニック
春風が吹く宇都宮で開催される人気のロングライドイベント、通称サイピクこと宇都宮サイクルピクニック。地域密着型のロードレースチーム、宇都宮ブリッツェンがホストとなりコースの設計から当日のサポートまで至れり尽くせりの体制が人気の秘訣。

さらに特筆すべきは、コースの走りやすさ。アップダウンが少なめで、初心者にも優しいレイアウトはロングライドイベントデビューにもぴったり。とはいえ、100kmコースに登場する古賀志林道はジャパンカップの勝負所として有名なセクション。その区間のタイムを競う”ヒルクライムチャレンジ”なんて企画もあり、健脚派でも満足できるイベントとなっている。

増田選手と記念撮影!増田選手と記念撮影! ずらりとイチゴが並ぶ机ずらりとイチゴが並ぶ机

大谷エイドへ到着!大谷エイドへ到着! ここから計測区間のはじまり!ここから計測区間のはじまり!


もちろんコースだけでなく、いろんなグルメや宇都宮の名物スポットを巡ることが出来るのもこのイベントの魅力。宇都宮といえば!の餃子やイチゴなど、多くの地元グルメがエイドステーションでは用意される。さらに、大きな石像が鎮座する大谷エイドなど観光スポットも登場。まさにブリッツェンの選手が考える宇都宮の魅力を凝縮した1日になっているのだ。人気が出ない理由が見当たらない。

宇都宮サイクルピクニック
開催日:4月30日
開催場所:栃木県宇都宮市