レース用からツーリング用まで幅広い種類が揃うシマノのシューズラインアップ。今回はスリップオン型SPDシューズ「SH-CT46」をピックアップして紹介する。気軽なサイクリング、キャンプツーリング、レース会場での移動など幅広いシチュエーションで活躍するシューズだ。



シマノ SH-CT46シマノ SH-CT46
洗練されたレース用から、ポタリングに適したカジュアルテイストのものまで幅広いモデルが用意されるシマノのシューズラインアップ。今回紹介するSH-CT46は、アッパーの一部が肉抜き加工され、各部にメッシュ生地と格子目のフォームがあしらわれたスリップオン型SPDシューズ。

「ちょっとそこまで」というサイクリングや、のんびりと走るツーリング、レース会場での移動といったシチュエーションにピッタリな1足に仕立てられている。ライド途中でも、シューズを脱がずにそのまま川で遊んでも良いだろう。

アッパーにはタンが用いられていないため、着用した時にタンの位置調整も必要ない。足の甲部分には伸縮性に優れる生地が配置されており、ワンタッチで締めこめるクロージャーと合わせて、とても履きやすく、すぐに走り出せる気軽さが特徴だ。

スニーカーのようなデザインが採用されたシマノ SH-CT46スニーカーのようなデザインが採用されたシマノ SH-CT46 かかと部分まで格子目のフォームが採用されているかかと部分まで格子目のフォームが採用されている

足の甲部分はメッシュ生地で通気性に優れる足の甲部分はメッシュ生地で通気性に優れる リフレクターで夜間も安全にリフレクターで夜間も安全に


SH-CT46のソール部分は3層構造とされており、ミッドソールには程よい硬さのEVAソールが採用されている。通常のスニーカーよりソールに硬さをもたせることによって、ペダリング時のパワーが効率よく伝わるようになっている。一方、ロードレース用シューズと比較するとソールは柔らかいため歩きやすい。

最も内側のソールにはEVAクッション素材を採用することによって、ソールの柔軟性を確保。この層が衝撃を吸収してくれるため、乗車時と歩行時どちらのシチュエーションでも足の疲れを軽減してくれるはずだ。

カラーはブラック/グリーンという1色展開。サイズは36~48まで用意されているため、多くの方にフィットするはずだ。重量は42サイズで370g。価格は10,500円(税抜)。

着脱が瞬時に可能なクロージャーが採用されている着脱が瞬時に可能なクロージャーが採用されている サンダルのようにアッパーには肉抜き加工が施されているサンダルのようにアッパーには肉抜き加工が施されている

スニーカーのようなソールにSPD用のホールが設けられているスニーカーのようなソールにSPD用のホールが設けられている SPDを使用しない時に取り付けるカバーが付属するSPDを使用しない時に取り付けるカバーが付属する


今回は普段、シマノ SH-R171の40サイズを着用する編集部員が41サイズを試してみた使用感をお伝えする。上記の製品説明で紹介したようにタンが設けられておらず、着用は足を滑り込ませるだけと、非常にスムーズ。足首部分のアッパー素材はややキツめに締め付けられるため、ライド中に脱げてしまうという心配も少ない。不安であればストラップで締めれば良いだろう。

フィッティングに関しては、つま先に余裕があるという印象だ。ロードシューズであればハーフサイズ下げて、フィット感を高めたいが、SH-CT46は気軽に履くシューズということもあり、ワンサイズ上で丁度よいと感じる。

歩いてみても、ビンディングシューズというよりは普通のスニーカーに近いという印象を受ける。乗車より歩く時間が長いポタリング等にぴったりの一足だろう。

シマノ SH-CT46シマノ SH-CT46
歩きやすいようにソールは柔軟性が高められている歩きやすいようにソールは柔軟性が高められている ストラップタイプのクロージャーが採用されるストラップタイプのクロージャーが採用される




シマノ SH-CT46
サイズ:36~48
カラー:ブラック/グリーン
価 格:10,500円(税抜)
Amazon.co.jp 
の画像 シマノ クリートセット(1度フローティング/左右ペア/M5×8mm) SM-SH12 Y40B98140
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
最安価格: ¥ 1,550
アマゾン価格: ¥ 1,624
の画像 YU SHUN
カテゴリー: Kitchen
メーカー: YU SHUN
の画像 シマノ 世界を制した自転車パーツ
カテゴリー:
メーカー: 光文社
参考価格: ¥1,200
最安価格: ¥1,200
アマゾン価格: ¥1,200