関東 › 神奈川

バイクプラス港北N.T.店

2018年3月にリニューアルオープン 初心者でも気軽に相談できる安心のプロショップ
センター北駅ロータリーから歩いて直ぐ。リニューアルしたバイクプラス港北N.T.店が見えてくる
スタッフの松野さんと、愛車のEmonda SLR。カラーにこだわってプロジェクトワンで作成したという
丁寧に納車説明を行う森田店長。低価格帯のバイクでもサービスに抜かりは無い
通りに面した明るい雰囲気の店内。もともとカフェスペースとして設計された空間を活かしている
プロジェクトワン専用カウンター
注目のEバイク(Verve+)も在庫する。もちろん試乗も可能だ
店外には試乗専用バイクを用意する。試乗車情報はHP上で公開されている
通勤通学需要に合わせてバッグ類は豊富に用意。クロームやオルトリーブなどハイセンスな製品が並ぶ
ヘルメットはカブトやレイザー、ボントレガー製品が中心だ
シューズはボントレガーが中心。人気モデルを中心に各サイズを在庫している
数は少ないながらも高級カーボンパーツもラインナップされていた
シマノ関係の消耗品はほぼ網羅されていた。駆け込み寺としても頼れる存在だ
ボントレガーと言えばライト類の充実ぶりは特筆されるところ。点灯見本もあるので選びやすい
トレックバイク用のBB90セラミックベアリング。こうした在庫は専門店ならでは
バイクプラスはオークリー取り使い店舗。あのプロ選手と同じアイテムが手に入る
MTBやグラベルロードと共に使いたいマグカップ
バイクプラスでは店内講習会を随時開催中。気になる方はHPをチェックしよう
緑豊かな住宅街が広がる、横浜市都筑区の港北ニュータウン。その中心地にある横浜市営地下鉄ブルーライン(3号線)とグリーンライン(4号線)が接続するセンター北駅ロータリーから歩いて直ぐの場所にあるのが、トレックコンセプトストア・バイクプラス港北N.T.(ニュータウン)店だ。

モザイクモール、ノースポートモール、港北みなも、港北るららなど数多くの大型モールから近く、ショッピングついでに気軽に訪れることもできる港北N.T.店は、他に多摩センター店、さいたま大宮店、三郷店、戸田彩湖店、そして所沢店と現在6店舗を構えるバイクプラスが最初にオープンさせた第1号店。現在多くのスポーツサイクリング専門ショップが軒を連ねる港北エリアだが、その草分けとなったのも、このバイクプラス港北N.T.店だ。

そんな歴史ある港北N.T.店は、2018年3月にリニューアルオープン。店舗面積を広げ、売り場はもちろんテックスペースの拡張や、トレックのオーダーメイドプログラム「プロジェクトワン」専用ブース、そしてフィッティングスペースを新設し、新規オープンしたばかりの所沢店にも負けない充実のショップ空間に生まれ変わった。

「もともと狭い店舗だったので、肝心のバイクを綺麗にディスプレイできていなかったんです。テックスペースが広がったので作業効率も上がりましたし、フィッティングやオーダープログラムなど、バイクプラスの強みが以前より活きる"完成されたショップ"になりましたね」と、港北N.T.店を率いる森田店長は言う。

店内は白基調の明るい雰囲気だ。整理整頓が行き届いた見通しやすい売り場や、壁の無いテックスペースなど、バイクプラス全店舗に共通するオープンなレイアウトは変わらない。もともとカフェ用の店舗設計を活かし、天気の良い日は道路に面したガラス戸を開け放ち、より気軽に入りやすい空間作りを心がけているという。プロショップにありがちな「どこか敷居が高そうで入りにくい」イメージは少しも感じない。
以前よりも空間を広げた店内。最新ショップにも負けないボリュームに生まれ変わった
天気の良い日にはガラス戸を開け放ち、オープンな空間づくりを心がける
パーツやアクセサリー類はスタッフが厳選したものをラインアップ
自分だけの一台をオーダーできる魅惑のプロジェクトワン。専用カウンターが新設された
バイクプラス港北N.T.店も他のバイクプラス各店同様、北米随一のブランドであるトレックのコンセプトストア(専門店)であり、在庫数こそ決して膨大ではないものの、クロスバイクとロードを中心に、MTB、あるいはEバイクまであらゆるトレックバイクがラインナップされている。エントリーモデルからハイエンドモデルまでそつなく展示されているため、初心者が自分に合った車種を探すのにも都合が良い。

気になるカラーが無い...という方でも大丈夫。魅惑のカスタムペイントバイクが鎮座する店舗奥のプロジェクトワンコーナーでは、実際のカラーサンプルを確認しながらPC画面上でシミュレーションが可能。実際の予算に合わせてアドバイスしてくれる心強いスタッフと共に「自分だけの一台」を生み出す楽しみは計り知れない。

都心へのベッドタウンとして成長を続け、若い家族の多いエリアだけに、例えばクロスバイクのFXシリーズなど需要の多いアイテムは各サイズ・カラーをできるだけ在庫し、即日納車を可能とするよう努めているという。

トレックのコンセプトストアだけあってアパレルやパーツ、アクセサリー類はボントレガー製品が中心だが、それだけにとどまらないのもバイクプラスの特徴だ。ヘルメットならレイザーやカブト、バッグ類ならクローム、ドイター、オルトリーブ、オークリーのアイウェア、ワコーズ製品を中心とした充実のケミカル類など、目利きされたアイテムが各種取り揃えられる。タイヤやチューブ、シマノコンポーネントの消耗品類などの在庫も用意されているので、困った時に頼りになる。主要モデルのリアエンドなどを常備するあたりは、さすがトレックコンセプトストアといったところだ。
バイクプラス港北N.T.店のスタッフ。中央が森田店長だ
森田店長はロングライドやヒルクライム、MTBもマルチに楽しむ
新加入の輿石さん。女性スタッフの在籍は女性客にとって嬉しいはず
バイクプラスの大きな特徴の一つが「試乗」を重視していること。試乗用バイクは4~5台と決して多くは無いものの、自転車選びの最中であれば店内に展示または在庫しているバイクはいずれも試乗でき、さらにスタッフの私物バイクも試乗に供している。もちろん店頭のバイクは全て手が加えられた万全の状態であるから、先述した通り、気に入ればすぐに持ち帰ることができる、というのも嬉しい。

コンセプトストアだけにラインアップはトレックオンリーだが、修理やメンテナンスに関しては他ブランドや、他店購入のバイクであってもウェルカムだ。「クイック車検」と題したバイクの健康診断を行なっており、以前はバイクプラス非会員の場合作業工賃が発生していたが、最近になって無料となるなど、より気軽に訪ねてもらうための改善が重ねられているという。

「オーバーホール」や「コンプリート」といったメンテナンスパッケージが用意されており、一般的なショップであれば複雑な料金体系が明確となっている点もユーザーフレンドリーだ。納車時のしっかりとしたフィッティングや、購入から1年間の調整工賃・再フィッティング工賃無料といった、最近こそ増えてきた一通りのサービスも、大手グループショップではバイクプラスが先鞭をつけたもの。「アフタサービス日本一」を目指すショップならではの、おもてなしの心がバイクプラスにはある。

これから主流となる油圧ディスクブレーキへの対応はもちろん、MTBのサスペンションや、ホイールの手組みなど一通りのオーダーも可能だ。バイクプラスでは定期的に社内研修を行い、最新かつ高レベルのメカニックスキルを、全店舗で均一にサービスできるよう心がけているという。トレック・ジャパンとの協力関係が強く、一般ショップであればここまで...という事案に関しても、トレック製品であれば解決できる可能性もあるのだ。
改装前から大きく面積を広げたメカニックスペース。油っぽさは微塵も感じない
油圧ブレーキやサスペンションの調整、ホイールの手組みまで一通りオーダー可能だ
整理整頓が行き届いた空間。整備ミスが起こりにくい環境が作られていた
フィッティングを重視していることもバイクプラスの特徴だ。森田店長はトレックのフィッティングプログラム「プレシジョン・フィット」の有資格フィッターであり、ファーストバイク購入のビギナーから、競技者として本格的にレベルアップを狙う方まで幅広い悩みに、フィッティングマシンを使って真摯に向き合ってくれる。もしあなたがライド中に違和感や痛みを感じているのならば、港北N.T.店は良き相談役となってくれるはずだろう。女性スタッフが常駐していることも嬉しいポイントだ。

バイクプラスではクラブチームを持たない代わりに、輪行やパンク修理、ホイール脱着といったハウツー講習会を随時開催している。その根底には「安全に、不安なくサイクリングを楽しんでもらいたい」という森田店長以下、スタッフ全員の思いがあるのだ。

「やっぱりこう、自転車って色々な乗り方があって、楽しみ方がある生涯スポーツだと思うんですよね。私個人はヒルクライムやロングライドも楽しみますが、ポタリングで"いい運動したなぁ」"っていうスタイルだって全然アリですよね。今ならEバイクとか、ビギナーに追い風が吹いていると思うんですよ。一方でツール・ド・おきなわを目指す本気の方もいらっしゃいますし、我々はビギナー目線でありながら、上を目指すレーサーまで全ての方をバックアップしていきたいんです。それができたらショップスタッフとして幸せなだと思いますね」と、森田店長は言う。

例えクロスバイクでも、通勤ライドだけだとしても、一度に5kmくらいしか走らなくとも、バイクプラスにはそれを全く否定しない雰囲気がある。門戸が広く、それでいてコアな相談にも対応してくれる頼れるプロショップ。それがバイクプラス港北N.T.店だ。
バイクプラスはフィッティングにも積極的。プレシジョンフィットに精通したスタッフが担当してくれる
改装に伴い新設されたフィッティング専用スペース。テストサドルも豊富に準備している
森田店長はプレシジョンフィットの公認フィッターだ
店舗情報
郵便番号 
224-0003
住所 
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-38-1
営業時間 
月、火、金:13:00〜20:00
土、日、祝:13:00〜19:00
定休日 
毎週水・木曜日(祝祭日は営業)
TEL 
045-914-5906
FAX 
045-914-5907
アクセス 
横浜市営地下鉄ブルーライン、グリーンライン「センター北駅」より徒歩2分
東名高速 「横浜青葉インターチェンジ」より4.5km、第三京浜 「都筑インターチェンジ」より3.6km
駐車場無し
スタッフからのメッセージ
自転車を生活にプラスすることで一つ上質なライフスタイルを送るとができるように、という店名の由来の通り、初心者から中級者、上級者まで様々なレベルのお客様に、買う前も買った後も安心して通って頂けるお店を目指しているのがバイクプラス港北N.T.店です。

レベルの高いフィッティングやメカニックを常に提供できるように心がけていますので、どんな些細なことでも、いつでもお気軽にご来店下さい。スタッフ一同お待ちしております。

バイクプラス港北N.T.店