アルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)がジロ11日目の大集団スプリントで勝利。強豪勢を残り数メートルで追い抜き、キャリア初のグランツールステージ優勝を射止めた。



サンタルカンジェロ・ディ・ロマーニャの街を出発サンタルカンジェロ・ディ・ロマーニャの街を出発 photo:CorVos
5月18日(水)第11ステージ サンタルカンジェロ・ディ・ロマーニャ〜レッジョ・ネレミリ・パルミジャーノ・レッジャーノ 203km5月18日(水)第11ステージ サンタルカンジェロ・ディ・ロマーニャ〜レッジョ・ネレミリ・パルミジャーノ・レッジャーノ 203km image:RCS Sportジロ・デ・イタリア11日目は、今大会で唯一カテゴリー山岳が設定されていない(個人TT含む)真っ平らなスプリンター向けステージ。アペニン山脈の際をなぞるように広大なポー平原を200kmに渡って進み、最後はイタリアンチーズの王様パルミジャーノ・レッジャーノの特定産地、レッジョ・ネレミリにフィニッシュする。

この日2日連続ステージ優勝のチャンスがあったビニヤム・ギルマイ(エリトリア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)は、既報の通り前日表彰式でのシャンパンファイト中に抜栓したコルクが左目に直撃してDNS。そんな波乱を含みつつ、サンタルカンジェロ・ディ・ロマーニャから165名の選手たちがスタートを切った。

逃げるフィリッポ・タリアーニ(イタリア、ドローンホッパー・アンドローニジョカトリ)とルーカ・ラステッリ(イタリア、バルディアーニCSFファイザネ)逃げるフィリッポ・タリアーニ(イタリア、ドローンホッパー・アンドローニジョカトリ)とルーカ・ラステッリ(イタリア、バルディアーニCSFファイザネ) photo:CorVos
スプリントを狙うアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)スプリントを狙うアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ) photo:CorVos
この日逃げグループを形成したのはフィリッポ・タリアーニ(イタリア、ドローンホッパー・アンドローニジョカトリ)とグランツール初挑戦の22歳ルーカ・ラステッリ(イタリア、バルディアーニCSFファイザネ)の2人。ほぼ0km地点であっさり飛び出した2人だったが、スプリンターチームがコントロールする集団は最大でも5分程度のリードしか与えなかった。

スタートから76.4km進んだ場所に設置された中間スプリントでは、脚の差を見せるようにタリアーニが先頭通過。4分後に到達したメイン集団内ではマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、クイックステップ・アルファヴィニル)がマリアチクラミーノを着るアルノー・デマール(フランス、グルパマ・FDJ)を抑えて全体の3位通過。6ポイントを加算している。

平穏な移動ステージとなるはずだったが、この日は風速8m(30km/hほど)の風が東向きに吹き付けたため、メイン集団の緊張感は常に高いままだった。進行方向が変わり、追い風から横風に変化するタイミングで各チームが位置取り争いを繰り広げたことで、結果的にフィニッシュまで90km以上を残して逃げる2名をキャッチ。ペースが上がり切った集団からはカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)が脱落するも、アシストの力を借りてすぐ復帰に成功している。

ポー平原の平坦路を200kmに渡り巡航するポー平原の平坦路を200kmに渡り巡航する photo:CorVos
中盤を過ぎた横風区間でペースが上がり、横風分断が発生する場面も中盤を過ぎた横風区間でペースが上がり、横風分断が発生する場面も photo:CorVos
3時間で138kmを消化するハイペース(45.822km/h)で到達したこの日2箇所目の中間スプリント(スプリントポイントではなくボーナスタイムを獲得可能)ではイネオス・グレナディアーズがリードアウトトレインを組みリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)を先頭通過させることに成功。「マージナルゲイン」を積み重ねたカラパスは、元々1秒差だったロマン・バルデ(フランス、チームDSM)と3秒差だったジョアン・アルメイダ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)を抜き総合2位浮上を叶えている。

ここからフィニッシュまで70km以上。しばらく各チームが集団前方を固めて走る時間が続いたものの、その均衡を破るかのようにドリス・デボント(ベルギー、アルペシン・フェニックス)が一人アタックを仕掛けた。「このジロで初めてのアタック。今日はマチューが集団スプリント狙いではなかったので、別の方法を試してみた」と言うデボントはすぐ1分半リードを手にしたものの、ひとかたまりになって追走するメイン集団はすぐに1分以下に詰め寄った。

逃げ切りを狙ったドリス・デボント(ベルギー、アルペシン・フェニックス)は残り1.2kmで吸収逃げ切りを狙ったドリス・デボント(ベルギー、アルペシン・フェニックス)は残り1.2kmで吸収 photo:CorVos
マリアローザを着用するフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)マリアローザを着用するフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード) photo:CorVos
残り40kmで1分、残り30kmで40秒、残り25kmで17秒。メイン集団はいつでもデボントを引き戻せる状態で距離を消化していったが、ふと残り15kmで31秒にまで拡大。ここから元ベルギー王者デボントが粘り強い走りでタイム差減少を最小限に抑え続けた。

「スプリンターチームを混乱させるためにできる限り引きつけてから加速したんだ。もし僕が何もしなければ、ただ吸収されるだけだった」と言うデボントが、スプリンターチームの計算を狂わせる。一時は逃げ切りもあわやと思わせたものの、しかし圧倒的数的有利にモノを言わせ追う大集団を振り切るには至らず残り1.2kmで吸収。グルパマFDJとクイックステップ・アルファヴィニルが激しくリードアウトトレインをぶつけ合いながらスプリント勝負へとなだれ込んだ。

フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)がもがく後ろでアルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)が急加速フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)がもがく後ろでアルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)が急加速 photo:CorVos
ガビリアやデマールたちをアルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)が下すガビリアやデマールたちをアルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)が下す photo:CorVos
リードアウトを担ったバルデと抱き合うアルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)リードアウトを担ったバルデと抱き合うアルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM) photo:CorVos
真っ先にスプリントを開始したデマールとフェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)が、カヴェンディッシュを置き去りにしてもがき合う。70km/hオーバーでスプリントした2人だったが、開始タイミングが早すぎたかシモーネ・コンソンニ(イタリア、コフィディス)とアルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)の追い上げを許してしまう。ガビリア勝利かと思われた状況を覆し、残り5mで先頭に立ったダイネーゼが勝利を奪い取った。

「コース中央で囲まれたものの、左に隙間を見つけたので飛び出した。そして右側にいたカビリアを抜くことができたんだ」と言うダイネーゼ。オランダの育成チームSEGレーシングアカデミー出身で2020に現チーム入りした24歳のスプリンターであり、グランツール出場は昨年のブエルタ・ア・エスパーニャに続く2度目。第3ステージ9位、第5ステージ7位とトップ10入りを重ねていたが、一気にグランツール初、ワールドツアーレースにおいても自身初となる勝利を掴んだ。

キャリア初のグランツール区間優勝を挙げたアルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)キャリア初のグランツール区間優勝を挙げたアルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM) photo:CorVos
マリアローザを守ったフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)マリアローザを守ったフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード) photo:CorVos
「今日は追い風だったので早めに仕掛けたけれど、彼がただシンプルに速かった。すごいスプリントだった」とガビリアに言わしめるダイネーゼ。最終盤まで若きイタリア人スプリンターが母国最大のレースでブレイクスルーに成功した。

総合成績は先述の通りカラパスが2位浮上。フアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)はマリアローザ着用日数をさらに一日伸ばしている。


ジロ・デ・イタリア2022第11ステージ結果
1位アルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)4:19:04
2位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)
3位シモーネ・コンソンニ(イタリア、コフィディス)
4位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
5位カレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)
6位マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、クイックステップ・アルファヴィニル)
7位エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)
8位サシャ・モドロ(イタリア、バルディアーニCSFファイザネ)
9位フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)
10位ローレンス・ナーセン(ベルギー、AG2Rシトロエン)
マリアローザ 個人総合成績
1位フアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)46:43:12
2位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)+0:12
3位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)
4位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)+0:14
5位ジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)+0:20
6位ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)+0:28
7位ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)+0:29
8位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)+0:54
9位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)+1:09
10位ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)+1:22
マリアチクラミーノ ポイント賞
1位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)173pts
2位マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、クイックステップ・アルファヴィニル)96pts
3位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)91pts
マリアアッズーラ 山岳賞
1位ディエゴ・ローザ(イタリア、エオーロ・コメタ)83pts
2位クーン・ボウマン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)69pts
3位レナード・ケムナ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)43pts
マリアビアンカ ヤングライダー賞
1位フアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)46:43:12
2位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)+0:12
3位テイメン・アレンスマン(オランダ、チームDSM)+1:27
チーム総合成績
1位ボーラ・ハンスグローエ40:12:41
2位バーレーン・ヴィクトリアス+4:17
3位アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ+5:24
text:So Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 チーズの王様パルミジャーノレッジャーノ100%パウダー500g parmigianoreggiano
カテゴリー: Grocery
メーカー: わたせい
参考価格: ¥3,105 (¥6 / g)
最安価格: ¥3,105 (¥6 / g)
アマゾン価格: ¥3,105 (¥6 / g)
の画像 パルミジャーノレジャーノブロック パルメジャーノ 約1Kg前後
カテゴリー: Grocery
参考価格: ¥4,100 (¥4 / g)
最安価格: ¥4,100 (¥4 / g)
アマゾン価格: ¥4,100 (¥4 / g)
の画像 ザネッティ社 1kgブロック パルミジャーノ レッジャーノ 24ヶ月熟成DOP! parmigiano reggiano | cheese | チーズ | ...
カテゴリー: Grocery
メーカー: ハイ食材室
最安価格: ¥ 5,724
アマゾン価格: ¥ 5,724