ユアンとカヴェンディッシュ不在の集団スプリントで、アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)が先着。今季まだ勝利がなかったフレンチスプリンターが、相性の良いメッシーナで復活の勝利を挙げた。



昨日ステージ優勝を争い、共にジャージを獲得したフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)とレナード・ケムナ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)昨日ステージ優勝を争い、共にジャージを獲得したフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)とレナード・ケムナ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) photo:CorVos
ジロ・デ・イタリア2022第5ステージコースレイアウトジロ・デ・イタリア2022第5ステージコースレイアウト image:RCS Sport今大会最初の山岳決戦を終え、シチリア2日目はパレルモに次いで同島2番目に大きな都市カターニアを出発し、ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ・カザフスタン)の故郷メッシーナを目指す174km。ステージ前半に登場する標高1,125mの2級山岳ポルテッラ・マンドラッツィ(全長19.6km・平均4%)を超えて以降はずっと平坦路が続くスプリンターステージだ。

スプリンターステージと言えど、ほぼ同様のコースレイアウトが登場した2020年第4ステージではボーラ・ハンスグローエがペテル・サガン(スロバキア)のために山岳を飛ばし、複数名のピュアスプリンターを振り落とした過去がある。山岳通過後は長く平坦が続くため復帰のチャンスは残されているものの、ゴール勝負を目指す選手にとってはできる遅れを最小限に留めることが求められる。

ミルコ・マエストリ(イタリア、エオーロ・コメタ)らを含むエスケープミルコ・マエストリ(イタリア、エオーロ・コメタ)らを含むエスケープ photo:CorVos
ヘルメットやソックスをピンクで揃えたフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)ヘルメットやソックスをピンクで揃えたフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード) photo:CorVos
前日に涙のマリアローザ獲得を決めたフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)や、ピンクから紫に衣替えしたマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)たちを先頭にカターニアをスタート。スタートフラッグが振られると共にUCIプロチーム(セカンドディヴィジョン)勢を中心とした5名の逃げが決まった。

逃げグループを形成した5名
ヤーコ・ハンニネン(フィンランド、AG2Rシトロエン)
アレッサンドロ・トネッリ(イタリア、バルディアーニCSFファイザネ)
マッティア・バイス(イタリア、ドローンホッパー・アンドローニジョカトリ)
フィリッポ・タリアーニ(イタリア、ドローンホッパー・アンドローニジョカトリ)
ミルコ・マエストリ(イタリア、エオーロ・コメタ)

バイスとタリアーニは開幕初日と第3ステージに続く、ここまでのマスドステージ4日間中なんと3回目のエスケープ。総合成績で最も上位につけるハンニネンですら15分半近く遅れていたものの、山岳に向けて緊張感を高めるメイン集団が一定ペースを刻んだため、タイム差最大でも4分台止まりとなった。

2級山岳ポルテッラ・マンドラッツィの麓にある中間スプリントポイントはハンニネンとスプリントしたタリアーニが先着。その4分後に通過したメイン集団ではマリアチクラミーノ争いでファンデルプールに次ぐ2位ビニヤム・ギルマイ(エリトリア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)が全体の6位通過で3ポイントを加算している。

2級山岳ポルテッラ・マンドラッツィ(全長19.6km・平均4%)を超える2級山岳ポルテッラ・マンドラッツィ(全長19.6km・平均4%)を超える photo:CorVos
2級山岳を先頭で駆け降りるヤーコ・ハンニネン(フィンランド、AG2Rシトロエン)2級山岳を先頭で駆け降りるヤーコ・ハンニネン(フィンランド、AG2Rシトロエン) photo:CorVosシチリアの伝統菓子カンノーロを片手に応援シチリアの伝統菓子カンノーロを片手に応援 photo:CorVos

アルペシン・フェニックスやグルパマFDJのハイペース牽引でフィニッシュを目指すアルペシン・フェニックスやグルパマFDJのハイペース牽引でフィニッシュを目指す photo:CorVos
20km弱にわたる緩斜面勾配では、予想通りスプリンター勢を振り落とすべく静かな戦いが始まった。ファンデルプールの指示を聞いたアルペシン・フェニックスのアシスト勢がテンポを上げ、じわじわとライバル勢にダメージを与えていく。すると落車の影響を感じさせるカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)が落ち、さらに第3ステージ覇者マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、クイックステップ・アルファヴィニル)も脱落。カヴェンディッシュはアシスト5名を得て追いかけたものの、その差を縮めることは最後まで叶わなかった。

ポルテッラ・マンドラッツィ山頂付近ではアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)も遅れたものの、頂上通過後の下り区間で復帰に成功する。ダウンヒルを経て平坦区間に出たところで逃げメンバーを吸収して以降も、エースが残ったスプリンターチームが2分後方のカヴェンディッシュ、そして5分後方のユアンを合流させまじとハイペースを刻み続けた。

グルパマFDJやアルペシン、イスラエル・プレミアテックといった複数チームが一列棒状でペースメイクするメイン集団からは、当然アタックを狙う選手は現れず。カヴやユアンを振り切って(2人は最終的に12分近く遅れのグルペットフィニッシュ)、デマールやフェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)を含むメイン集団がメッシーナへと続く平坦区間を駆け抜けた。

先頭でフィニッシュラインを目指すアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)先頭でフィニッシュラインを目指すアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ) photo:CorVos
力強いスプリントでライバルを打破したアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)力強いスプリントでライバルを打破したアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ) photo:RCS Sport
海岸線沿いの最終区間は鋭角コーナーが続くため、フィニッシュまで距離を残して激しい位置取り争いが勃発した。コフィディスやボーラ・ハンスグローエが、チームDSMが熾烈に争いながら残り1kmアーチを通過し、残り800m地点にある鋭角左コーナーへ。デマールを引き連れたラモン・シンケルダム(オランダ)が残り200mまでを引っ張る後方では、ダヴィデ・バッレリーニ(イタリア、クイックステップ・アルファヴィニル)に塞がれる形でギルマイが行き場を失ってしまう。そんな状況を尻目に、冷静にタイミングを待ち続けたデマールが一気に加速した。

トップスピード67.9km/hでもがき倒したデマールには、ガビリアやニッツォーロも、踏み直したギルマイも届かない。今季まだ1勝も挙げられていなかったフランスチームのエーススプリンターが両手をいっぱいに広げてフィニッシュ。並み居るライバルを打ち負かし、昨年10月のパリ〜トゥール以来となる嬉しい勝利を挙げた。

復活勝利を挙げたアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)復活勝利を挙げたアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ) photo:CorVos
危なげなくマリアローザを守ったフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)危なげなくマリアローザを守ったフアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード) photo:CorVos
「フィニッシュラインを越えた瞬間にこれが今年初勝利だと気づいたんだ。安堵したよ。シーズン最初の勝利をここジロで挙げることができて嬉しい」と言うデマールにとって、グランツールでのステージ優勝は10月開催の2020年ジロ以来。ちなみにほぼ同様のコースレイアウトで争われた2020年第4ステージでもデマールは勝利しており、相性の良いコースで勝てない期間を脱したことになる。ファンデルプールはスプリントに加わらなかったため、デマールはマリアチクラミーノも手中に収めている。

フィニッシュ後に今季限りでの引退を発表したヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ・カザフスタン)フィニッシュ後に今季限りでの引退を発表したヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ・カザフスタン) photo:RCS Sport
また、このメッシーナで生まれ育ったヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ・カザフスタン)はメイン集団内でフィニッシュした後、今季限りで引退することを発表した。RAIによれば、ニバリはこのジロのスタート前にこの決断に至ったという。ニバリのコメントを含めてこの後別記事で紹介します。
ジロ・デ・イタリア2022第5ステージ結果
1位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)4:03:56
2位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)
3位ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、イスラエル・プレミアテック)
4位ダヴィデ・バッレリーニ(イタリア、クイックステップ・アルファヴィニル)
5位ビニヤム・ギルマイ(エリトリア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)
6位フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・ヴィクトリアス)
7位アルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)
8位ナトナエル・テスファション(エリトリア、ドローンホッパー・アンドローニジョカトリ)
9位エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)
10位シモーネ・コンソンニ(イタリア、コフィディス)
マリアローザ 個人総合成績
1位フアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)18:21:03
2位レナード・ケムナ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)+0:39
3位レイン・タラマエ(エストニア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)+0:59
4位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)+1:42
5位マウリ・ファンセヴェナント(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)+1:47
6位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、ボーラ・ハンスグローエ)+1:55
7位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)+2:00
8位ペリョ・ビルバオ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)+2:04
9位リッチー・ポート(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)+2:06
10位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)
マリアチクラミーノ ポイント賞
1位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)62pts
2位ビニヤム・ギルマイ(エリトリア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)55pts
3位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)53pts
マリアアッズーラ 山岳賞
1位レナード・ケムナ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)41pts
2位ミルコ・マエストリ(イタリア、エオーロ・コメタ)18pts
3位フアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)18pts
マリアビアンカ ヤングライダー賞
1位フアン・ロペス(スペイン、トレック・セガフレード)18:21:03
2位マウリ・ファンセヴェナント(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)+1:47
3位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)+1:58
チーム総合成績
1位ボーラ・ハンスグローエ55:06:42
2位アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ+2:17
3位トレック・セガフレード+2:47
text:So Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 Vittoria(ヴィットリア) CORSA G2.0 CLINCHER(コルサ G2.0 クリンチャー) ロード用タイヤ ブラック タイヤサイド:アメ色 2本セット [国内正規代理店品] (700×23C)
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: ビットリア(Vittoria)
参考価格: ¥12,190
最安価格: ¥12,190
アマゾン価格: ¥12,190
の画像 パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×23C] レース C エボ4 F723-RCC-AX4 ブラック×AX (ロードバイク クロスバイク/ロードレース ツーリング ロングライド用)
カテゴリー: Sports
メーカー: パナレーサー(Panaracer)
参考価格: ¥ 5,940
最安価格: ¥ 4,378
アマゾン価格: ¥ 4,742
の画像 IRC【アイアールシー】 ASPITE PRO【アスピーテ プロ】 2本セット (700×24C)
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC
最安価格: ¥ 9,380
アマゾン価格: ¥ 9,380