イタリアのタイヤブランドであるピレリからオールウェザー対応のレーシングタイヤとしてP ZERO RACE 4Sが登場。あらゆる天候で安定したグリップ性能を発揮する4シーズン向けのタイヤとなった。



ピレリ P ZERO RACE 4Sピレリ P ZERO RACE 4S (c)カワシマサイクルサプライ
トレック・セガフレードをはじめとしたワールドチームにタイヤを供給するイタリアのピレリ。F1のタイヤサプライヤーとしても知られており、ミシュランやブリヂストンなどと並ぶ、世界的レーシングタイヤメーカーの一角を成すブランドだ。

ピレリのロードバイク用タイヤの中で、プロも使用するトップエンドに位置するのがP ZERO RACEシリーズだ。供給するワールドチームの選手らと共に、3年に及ぶ歳月を経て開発されたレーシングタイヤに、今回オールウェザー対応のハイグリップモデルとなるP ZERO RACE 4Sが加わった。

ノーマルモデルよりも分厚いトレッドを採用するノーマルモデルよりも分厚いトレッドを採用する (c)カワシマサイクルサプライ
新たに整備されたミラノの自社工場で生産される第一号プロダクトとして送り出されるというP ZERO RACE 4Sは、温暖な夏から厳寒の冬までこの1本でこなすことのできる4シーズン対応モデルとして開発された。

P ZERO RACEシリーズの卓越したレーシングフィーリングを365日楽しめるよう、コンパウンドにはピレリのロード専用コンパウンドの最新進化形であるSmartEVO コンパウンドを使用。しなやかな120tpiのカーカス、そしてナイロンブレーカーからなるチューブタイプのTECH BELT ROADケーシングという組み合わせは、ノーマルのP ZERO RACEと共通の構成となっている。

特殊なディープサイプを施すことで寒冷地のグリップを向上させた特殊なディープサイプを施すことで寒冷地のグリップを向上させた (c)カワシマサイクルサプライ
基本構成を踏襲しつつ、より高い耐久性と寒冷地でのグリップ力を高めるために、ノーマルモデルよりも分厚いトレッドゴムに特殊なディープサイプを施すことで、P ZERO RACEのレーシングフィールをオールシーズン楽しめるタイヤへと仕上げられた。

ピレリのレーシングタイヤの世界観を常に楽しめるP ZERO RACE 4Sは、26Cと28Cという2サイズでの展開となる。26Cで240g、28Cで260gと、ノーマルモデルより35gほど重くなっているが、基本的な構造は変わらないため、純粋にトレッドゴムの増量分、すなわちロングライフ化とのトレードオフと言えそうだ。価格は11,000円(税込)。

ピレリ P ZERO RACE 4Sピレリ P ZERO RACE 4S (c)カワシマサイクルサプライ


ピレリ P ZERO RACE 4S
タイプ:クリンチャー
コンパウンド:スマートEVOコンパウンド
ケーシング:テックベルト・ロード
サイズ/重量:700x26C/240g、700x28C/260g
定価:11,000円(税込)
Amazon.co.jp 
の画像 ヤマハ オーボエ YOB-431
カテゴリー: CE
メーカー: ヤマハ
最安価格: ¥ 341,712
アマゾン価格: ¥ 341,712
の画像 マリア様がみてる 文庫 1-38巻セット (コバルト文庫)
カテゴリー: Book
参考価格: ¥7,550
最安価格: ¥7,550
アマゾン価格: ¥7,550