ユニークな造形のヘルメットをリリースすることでお馴染みのケープラス。シンプルながら独創的な造形のALPHAという新型モデルがリリースされた。アクシデント時に脳へのダメージを低減するMIPSテクノロジーが採用されたモデルとなっている。



ケープラス ALPHA(White)ケープラス ALPHA(White) (c)ケープラス
非常に独創的なデザインのヘルメットを展開してきた台湾の新進気鋭、ケープラス。レース用でもなければコミューター用でもないユニークな形状でエンスーなサイクリストから支持を集めてきたブランドだ。

アバンギャルドな見た目をしていたNetから、VITAやSUREVOといったスポーティな造形のモデルまで様々な形状のものがローンチされ続けており、ケープラスはある一つのコンセプトにとらわれず、エッジーなヘルメットを作り続けている。

非常に大きなベンチレーションホールが備えられている非常に大きなベンチレーションホールが備えられている (c)ケープラスミニマルなデザインの大きな通気口が備えられているミニマルなデザインの大きな通気口が備えられている (c)ケープラス


今回登場したALPHAはアーティスティックな雰囲気とスポーティーさを良い塩梅にまとめた造形とされ、洗練されたイメージを演出している。ベンチレーションホールを区切るシェルやブリッジ部分は、頭を囲うようなラインを描いており、統一感のあるシンプルな造形となっている。

中でも特徴的なのは、頭の中央を前後に伸びる1本のシェル。頭頂部はそのシェルから伸びる一つのブリッジで区切られており、大きなベンチレーションホールを形成する。後頭部の造形はスポーツカーのリア周りのような造形で、いかにも排気効率に優れていそうな大きい通気口が特徴だ。エアロダイナミクスと通気性については緻密に計算されているというため、優れた性能を期待できるだろう。

ケープラス ALPHA(Aurora Blue)ケープラス ALPHA(Aurora Blue) (c)ケープラスケープラス ALPHA(Lava Red)ケープラス ALPHA(Lava Red) (c)ケープラス

ケープラス ALPHA(Black)ケープラス ALPHA(Black) (c)ケープラスケープラス ALPHA(Titanium Grey)ケープラス ALPHA(Titanium Grey) (c)ケープラス


ALPHAではMIPSテクノロジーを取り入れていることも特徴だ。MIPSとはヘルメットが着地した際に受ける回転方向の衝撃をいなし、脳へのダメージを軽減させようというテクノロジー。回転方向の衝撃に対処するためにヘルメットと頭の間に一枚のスライド式のレイヤーを挟み込む構造で、頭部へのインパクトを緩和するという構造だ。

最もポピュラーなMIPSは黄色のシートが追加される方式だが、ALPHAではMIPS AIRという方式が採られた。AIRはヘルメットに搭載するインナーパッド自体が可動する仕組みであり、MIPSの機能を実現しながらも、ヘルメットの通気性、フィット感、軽量性を阻害しないというメリットを備えている。先述した緻密に計算されたエアロダイナミクスも活かせる方式と言えるだろう。

機械式時計のトゥールビヨンに着想を得たデザインのK2フィットシステム機械式時計のトゥールビヨンに着想を得たデザインのK2フィットシステム (c)ケープラス
ケープラスのヘルメットは全てアジアンフィットとされ、丸型頭でもフィットしやすい作りも特徴だ。今作ではK2フィットシステムという新しいダイヤルがアセンブルされている。機械式時計のトゥールビヨンにインスパイアを受けたフォルムが機能美を演出。また、ダイヤルを回すと頭を支えるプレートが前後に移動し、周径を調整するという。

カラーはWhite、Black、Titanium Grey、Aurora Blue、Lava Redという5種類が用意される。サイズはS(268g)、M(295g)、L(350g)。価格は29,700円(税込)。

ケープラス ALPHAケープラス ALPHA (c)ケープラス
新型のアジャスターであるK2フィットシステムが搭載されている新型のアジャスターであるK2フィットシステムが搭載されている (c)ケープラス


ケープラス ALPHA
カラー:White、Black、Titanium Grey、Aurora Blue、Lava Red
サイズ(重量):S(268g)、M(295g)、L(350g)
価格:29,700円(税込)