昨年はコロナ禍で中止になった前橋シクロクロスが戻ってきた。今年で5回目の開催となる大会は前橋の中心地での開催でアクセス良好、家族連れや仲間同士で一日を楽しめるアットホームな雰囲気のCXレースだ。



スタートしてすぐに階段で土手を駆け上がるスタートしてすぐに階段で土手を駆け上がる photo:Makoto AYANO
群馬県前橋市の県庁のすぐ近く、1990年には世界選手権トラックの会場となったグリーンドーム前橋が見守る利根川沿いの岩神緑地・前橋市オフロードサイクルコースが会場となる。レース主催は近年サイクルツーリズムに力を入れる前橋市・公益財団法人前橋市まちづくり公社で、イベントの運営主体は地元に根ざした活動を続けるサイクルクラブ「CycleClub.jp」。

ホームストレートの先には階段上りが待っているホームストレートの先には階段上りが待っている photo:Makoto AYANO
アーチを抜けていくホームストレートアーチを抜けていくホームストレート photo:Makoto AYANOシケイン直後に小山を登る難しい設定だシケイン直後に小山を登る難しい設定だ photo:Makoto AYANO


2016年に始まった前橋クロス。「トップ選手を優遇するのではなく、キッズやファミリー、女子、一般カテゴリーの方にこそ楽しんでもらえること」をテーマに据える大会で、アットホームな雰囲気や常設パンプトラックを組み込んだコースが人気。

美味しいドリップコーヒーが楽しめる出店も美味しいドリップコーヒーが楽しめる出店も HIRAKU Coffeeのドリップコーヒーは美味しいと評判だHIRAKU Coffeeのドリップコーヒーは美味しいと評判だ

コースサイドフリーマーケットには掘り出しものがたくさんコースサイドフリーマーケットには掘り出しものがたくさん 残り周回数を示すボード残り周回数を示すボード


手淹れのコーヒーやフード出店、CycleClub.jpのメンバー仲間らが自宅に眠らせた中古パーツやアウトドア古着などを売るコースサイドフリーマーケットの企画もユニーク。居心地の良い雰囲気で、レースだけじゃなく仲間の応援や観戦も楽しめる大会だ。

会場にはキッズパークもあります会場にはキッズパークもあります 前橋シクロクロスはキッズたちも主役だ前橋シクロクロスはキッズたちも主役だ photo:Makoto AYANO


昨年は新型コロナの影響で中止となったため2年ぶりの開催。この日は八幡浜でMTB全日本選手権、関西では UCI資生堂琵琶湖グランプリなどが開催されていた「オフロードウィークエンド」にあたったためシリアスレーサーの多くはそれらに参戦したが、エンジョイ派は都内からも1時間でアクセスできるここ前橋に集った。

土手の先にはザレた河川敷のスラローム区間の難所が待つ土手の先にはザレた河川敷のスラローム区間の難所が待つ photo:Makoto AYANO
BMXコースを利用したパンプトラックはプッシュ力で大きな差ができるBMXコースを利用したパンプトラックはプッシュ力で大きな差ができる photo:Makoto AYANO
前橋シクロクロスが人気なのはコースの素晴らしさ。メイン会場中央は前橋市がサイクルスポーツ振興のために設置したBMXコースがあり、豪華なパンプトラックがコースの一部に。芝の広場につけられたスラロームに、土手を駆け上がってのキャンバー下降セクション、林の斜面のシングルトラック、ザレた土砂がタイヤを奪う荒野など、難易度が高くバリエーションに富んだコースプロフィールはテクニックの見せ所となる。

愛三工業レーシングの渡邉歩選手にEQADSの2人、LEOMOの門田祐輔選手も愛三工業レーシングの渡邉歩選手にEQADSの2人、LEOMOの門田祐輔選手も photo:Makoto AYANOレースディレクターの渡辺将大(CycleClub.jp)も走るレースディレクターの渡辺将大(CycleClub.jp)も走る


そして「シクロクロスはロードレーサーのオフシーズンのトレーニングに最適」と言われるとおり、この日はC1クラスに愛三工業レーシングやEQUADS、LEOMOのロード選手らも参加。加えてL1には先日の全日本選手権ロードで女子チャンピオンになった植竹海貴(Y'sRoad)選手も参加。

C1のスタート。中村龍吉(acu-power RACING TEAM)がホールショットC1のスタート。中村龍吉(acu-power RACING TEAM)がホールショット photo:Makoto AYANO
C1レースを最初から最後まで制覇したのは中村龍吉(acu-power RACING TEAM)。スタートでホールショットを取るとテクニカルなセクションごとに後続との差を広げ、独走体制に。シケインはバニーホップで越え、パンプトラックでは誰よりも力強いプッシュによる加速をみせるだけでなく、高いジャンプを披露して観客を魅了した。

華麗なジャンプで魅せる中村龍吉(acu-power RACING TEAM)華麗なジャンプで魅せる中村龍吉(acu-power RACING TEAM) photo:Makoto AYANO
中村のスピードにかなわないまでもロード選手ならではの脚を魅せたのはEQADSの湯浅博貴と平井光介選手。そして大会ディレクターでもある渡辺将大(CycleClub.jp)が2人を猛追。ラスト2周で2位を行く湯浅を追い詰めて逆転2位になるかと思われたが、落車して3位に。その熱い走りに会場が沸いた。

湯浅博貴(EQADS)と渡辺将大(CycleClub.jp)の2位争いバトル湯浅博貴(EQADS)と渡辺将大(CycleClub.jp)の2位争いバトル photo:Makoto AYANO2位をロックオンした渡辺将大(CycleClub.jp)だったが2位をロックオンした渡辺将大(CycleClub.jp)だったが photo:Makoto AYANO

シングルスピードで走る三宗広歩(TEAM TAMAGAWA)が5位に!シングルスピードで走る三宗広歩(TEAM TAMAGAWA)が5位に! photo:Makoto AYANO渡邉歩(愛三工業レーシング)もオフトレに参戦渡邉歩(愛三工業レーシング)もオフトレに参戦 photo:Makoto AYANO


優勝した中村は千葉で開催されたMTB全日本選手権XCEで2位になったテクニシャン。ロードレースは群馬グリフィンに所属して走るマルチレーサーで、この1週間は前橋を拠点にコースを走り込んで練習したという。そんな中村の次の目標は全日本選手権シクロクロスだ。3位の渡辺もロードではグリフィンの監督であり、ワンツーを狙いたかったところ。

最初から最後まで魅せるレースで会場を沸かせたショーマン中村龍吉(acu-power RACING TEAM)が優勝最初から最後まで魅せるレースで会場を沸かせたショーマン中村龍吉(acu-power RACING TEAM)が優勝 photo:Makoto AYANO
C1昇格を狙って盛り上がるC2クラスは、野辺山シクロクロスのオーガナイザー、矢野大介と中瑞希(Rapha Cycling Club)の2人対、かつてこのレースのC1を制している三上和志(cycleclub3UP.)の三つ巴デッドヒートに。

C2は矢野大介(Rapha Cycling Club)と三上和志(cycleclub3UP.)のデッドヒートC2は矢野大介(Rapha Cycling Club)と三上和志(cycleclub3UP.)のデッドヒート photo:Makoto AYANO
ふたりのRCCコンビを敵に回した三上和志(cycleclub3UP.)ふたりのRCCコンビを敵に回した三上和志(cycleclub3UP.) photo:Makoto AYANOC2を制した三上和志(cycleclub3UP.)C2を制した三上和志(cycleclub3UP.) photo:Makoto AYANO


MTBライダーをルーツにもつ三上がテクニカルなセクションで差をつけて優勝、C1昇格を決めた。三上は12月に控える全日本選手権CXはマスターズでの出走を決めており、昇格した矢野とともに来年度はマスターズを熱くするためにクラス替えしたいと話していた。

L1優勝の西形舞(TRC PANAMAREDS)L1優勝の西形舞(TRC PANAMAREDS) photo:Yasuo Yamashita
女子のL1は植竹海貴(Y'sRoad)がコールアップで紹介されて拍手を受け、レース中も圧倒的な脚力を披露したが、テクニックに勝る西形舞(TRC PANAMAREDS)がミスのないスムーズな走りを披露。植竹が転倒でまごつく間に差を広げて地元群馬のレースでL1初勝利を飾った。

L1は植竹海貴(Y'sRoad)を抑えた西形舞(TRCPANAMAREDS)が優勝してL1初勝利L1は植竹海貴(Y'sRoad)を抑えた西形舞(TRCPANAMAREDS)が優勝してL1初勝利 photo:Makoto AYANO
各カテゴリーでも熱く楽しいレースが繰り広げられた前橋シクロクロス。表彰式には前橋市長もプレゼンターとして駆けつけるほど行政のサポートも手厚い。2年ぶりの大会となったが、そのアットホームでホットな雰囲気はそのまま受け継がれていた。

C3で優勝した小笠原拓也C3で優勝した小笠原拓也 photo:Makoto AYANOCL2+3でトップを走る河村ゆき子(SHIDO-WORKS)CL2+3でトップを走る河村ゆき子(SHIDO-WORKS) photo:Makoto AYANO

CM2で優勝した横関正司CM2で優勝した横関正司 photo:Makoto AYANOコース内には石のベンチの間を抜けるテクニカルなセクションもコース内には石のベンチの間を抜けるテクニカルなセクションも photo:Makoto AYANO

U17トップは高橋壮(サガミレーシング)U17トップは高橋壮(サガミレーシング) photo:Makoto AYANOU15トップは地元群馬の松村拓弥U15トップは地元群馬の松村拓弥 photo:Makoto AYANO

C4で優勝した三上和丈(cycleclub3UP.)。父の和志さん(C2)と親子揃っての優勝だC4で優勝した三上和丈(cycleclub3UP.)。父の和志さん(C2)と親子揃っての優勝だ photo:Makoto AYANOマスターズM1は森久が優勝し、FRIETENのワン・スリー登壇マスターズM1は森久が優勝し、FRIETENのワン・スリー登壇

前橋シクロクロス リザルト
1位中村龍吉(acu-power RACING TEAM) 1:05:09.8
2位湯浅博貴(EQADS)+0:53
3位渡辺将大(CycleClub.jp)+1:13
4位平井光介(EQADS) +1:36
5位三宗広歩( TEAM TAMAGAWA)+1:57
6位牧野崇(COGS) +2:02
C2
1位三上和志(cycleclub3UP.)40:32.2
2位矢野大介(Rapha Cycling Club)
3位中瑞希(Rapha Cycling Club) 
C3
1位小笠原拓也 27:53.4
2位 小山秀穂(TEAM辻浦)
3位加藤快介(F(t)麒麟山Racing)
C4
1位三上和丈(cycleclub3UP.)
2位伊藤英一(シモーネ)
3位築城賢司(bicycle fellow)
CL1
1位西形舞(TRCPANAMAREDS)
2位 植竹海貴(Y'sRoad)
3位平野美穂(Team Tacke )
CL2+3
1位河村ゆき子(SHIDO-WORKS)
2位 森田由美子(Gufo Cycle Works)
3位 齋藤美里(内房レーシングクラブ)
CM1
1位森久(FRIETEN)
2位 小田島貴弘(maillot SY-Nak)
3位水野康弘(FRIETEN)
CM2
1位横関正司
2位安陪正道(Roppongi Express)
3位石政徹(TEAM TAMAGAWA)
CM3
1位五十嵐基(サガミレーシング)
2位角屋晃孝(チーム白猿)
3位田口直明
U17
1位高橋壮(サガミレーシング)
U15
1位松村拓弥
CK3
1位郷津輝(Dream Seeker jr.Racing Team)
CK2
1位吉川世名(イオンバイクJr.レーシング)
CK1
1位 吉川結和(イオンバイクJr.レーシング)
フォトギャラリー 
Amazon.co.jp 
の画像 サーモス 真空断熱マグカップ ブラック 350ml JDG-350C BK
カテゴリー: Home
メーカー: サーモス(THERMOS)
参考価格: ¥ 3,300
最安価格: ¥ 1,580
の画像 サーモス 真空断熱タンブラー フタ付き 300ml ブラック JDP-300 BK
カテゴリー: 家庭用品
メーカー: サーモス(THERMOS)
参考価格: ¥2,280
最安価格: ¥2,280
アマゾン価格: ¥2,280
の画像 【小容量モデル】サーモス 真空断熱スープジャー 200ml ライトブルー JBZ-200 LB
カテゴリー: 家庭用品
メーカー: サーモス(THERMOS)
参考価格: ¥1,927
最安価格: ¥1,927
アマゾン価格: ¥1,927