第2ステージで勝利し、マイヨジョーヌを着用したマチュー・ファンデルプール(オランダ)や、第3ステージを制したティム・メルリール(ベルギー)らが所属する、アルペシン・フェニックスのチームバイクを紹介。



アルペシン・フェニックスのキャニオン AEROAD CFRアルペシン・フェニックスのキャニオン AEROAD CFR photo:Makoto Ayano
シクロクロスの世界チャンピオンであり、XCOやロードレースでもその強さを発揮するMVDPこと、マチュー・ファンデルプールをエースナンバーに据え、今回のツールに臨んだアルペシン・フェニックス。その狙い通り、第2ステージで祖父の故レイモン・プリドール氏の悲願だったマイヨジョーヌを獲得。

更には翌第3ステージにおいて、スプリントエースを担うティム・メルリールが並み居るスプリンターたちをなぎ倒し、ステージ優勝。アクシデントが続くツール序盤の陰りを吹き飛ばすようなドラマチックな展開を見せてくれたのがアルペシン・フェニックスだ。

ステム上にコースプロファイルを貼るステム上にコースプロファイルを貼る photo:Makoto Ayanoル・サミン以来となるケーブルフル内装のコックピットル・サミン以来となるケーブルフル内装のコックピット photo:Makoto AYANO

ペダルを含めシマノコンポーネントを採用ペダルを含めシマノコンポーネントを採用 photo:Makoto AyanoタイヤはヴィットリアのCORSA タイヤはヴィットリアのCORSA photo:Makoto Ayano


そんなチームのメインバイクとなるのがキャニオンのAEROAD CFR。昨年の10月にデビューした新型のエアロロードであり、空力と軽量性を併せ持つオールラウンドな性能から、全ステージで活躍する姿が見られた。

ケーブルフル内装かつ、分割式という画期的なハンドルをひっさげてデビューしたAEROAD CFRだが、今年の3月に行われたル・サミンにおいてハンドルが折れるというアクシデントが発生。キャニオンは直ちに該当のハンドルの使用を停止するとともに、フル内装仕様ではない特別なプロ専用モデルのAEROAD CFRを供給してきた。

第5ステージ、自身最長距離のTTに挑むマチュー・ファンデルプール第5ステージ、自身最長距離のTTに挑むマチュー・ファンデルプール photo:Makoto Ayano
今ツールでは、ついにその問題をクリアするステム一体型エアロハンドルをファンデルプールら、一部のエース選手に供給。フル内装仕様を復活することで、本来の力を取り戻すこととなった。なお、最終テストを兼ねていたとのことで、他の選手らは特別仕様の外装モデルでツールを戦った。

コンポーネントはシマノのR9100系DURA-ACE DI2。ブレーキローターはR9200系で正式にDURA-ACEの仲間入りを果たしたRT-MT900を使用する。ホイールまでフルシマノで固めており、平坦ではWH-R9170-C60-TUを、山岳ステージでは昨年からプロトンで見かけていたWH-R9270-C50-TUのプロトタイプを使用していたようだ。

ヘルメットはアブス、アイウェアはオークリーだヘルメットはアブス、アイウェアはオークリーだ photo:Makoto AyanoサドルはTTバイクもセッレイタリアサドルはTTバイクもセッレイタリア photo:Makoto Ayano

中にはフルクラムのSPEEDシリーズと思わき前輪も中にはフルクラムのSPEEDシリーズと思わき前輪も photo:Makoto Ayanoディスクホイールはシマノのプロトタイプを軸としつつ、マチューのみプリストンカーボンワークスを採用ディスクホイールはシマノのプロトタイプを軸としつつ、マチューのみプリストンカーボンワークスを採用 photo:Makoto Ayano


TTバイクはキャニオンのSPEEDMAX、ホイールはシマノロゴの入ったプロトタイプと思われるディスクホイールとバトンホイールを使用。ファンデルプールのみ、前輪はエアロコーチのAEOX Titan、後輪はプリストンカーボンワークスのBLUR 633ディスクホイールを使用していたようだ。プリンストンのホイールはファンデルプールがマイヨジョーヌを1ステージでも長く着ていられるように手配したもので、特別にアンドラから10時間かけてチームのもとに運ばれたのだという。

タイヤには定評あるヴィットリアのCORSAを使用、サドルおよびバーテープはセッレイタリアで揃えられている。サイクルコンピューターはワフーのELEMNT BOLT、ボトルケージはエリートのVICO CARBONだ。

text:Naoki Yasuoka
photo:Makoto AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥140
アマゾン価格: ¥792
の画像 アリス・イン・カレイドスピア 1 (星海社FICTIONS)
カテゴリー:
メーカー: 星海社
参考価格: ¥1,430
最安価格: ¥4,228
アマゾン価格: ¥1,430
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥140
アマゾン価格: ¥792