ピナレロのDOGMA F、ラピエールのXelius SL、そして目を惹くユンボ・ヴィズマのブルータイヤ。ツール・ド・フランスのチームプレゼンテーションにお目見えした注目の機材たちをピックアップして紹介する。



イネオス・グレナディアーズが駆る新型DOGMA F

プレゼンテーションに合わせて公開されたピナレロの新型DOGMA Fプレゼンテーションに合わせて公開されたピナレロの新型DOGMA F photo:Makoto AYANO
ゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)のDOGMA Fゲラント・トーマス(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)のDOGMA F photo:Makoto AYANO
ツール・ド・フランスのプレゼンテーションに合わせてデビューしたピナレロのDOGMA Fはやはり最注目の存在。ゲラント・トーマス(イギリス)やリチャル・カラパス(エクアドル)たちが、赤と濃紺のイネオス・グレナディアーズカラーにペイントされたDOGMA Fに乗って姿を現した。

従来通りチームはリムブレーキバージョンで統一しており、シートチューブにあしらわれた「F」で先代F12と区別できる。ピナレロによればリムブレーキ版では6.8kgを下回るため、重りで重量調整している可能性もある。



ラピエールの新型Xelius SL

新型Xelius SLに乗って登場したアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)新型Xelius SLに乗って登場したアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ) photo:Makoto AYANO
ピナレロと同じくフラッグシップモデルのフルモデルチェンジをアナウンスしたのがラピエール。軽量オールラウンダーのXELIUS(ゼリウス)SLが、軽さとエアロを意識した全く新しいフォルムへと生まれ変わった。

前哨戦クリテリウム・デュ・ドーフィネで実戦投入された第3世代XELIUS SLは、従来の曲線デザインを脱ぎ捨てたことで軽量化と空力特性を改善。専用ハンドルシステムを投入することで遂にケーブルやブレーキホース類のフル内装化を果たした。

新型Xelius SLで統一したグルパマFDJ。バイクの詳細発表を待ちたい新型Xelius SLで統一したグルパマFDJ。バイクの詳細発表を待ちたい photo:Makoto AYANO
シートステーがシートチューブを通過してトップチューブに接合するラピエール独自のデザインは継続。仕様はディスクブレーキのみとなり、ウルトラハイモジュラスカーボンを使うことで「超軽量」に仕上げているという。登りと下り両方でのアタックのためにアグレッシブな新ジオメトリーも採用している。

ラピエールは新型Xelius SLの情報を部分発表に留めており、重量や剛性、エアロなど各種データや価格、販売パッケージなど詳細情報は正式アナウンスと共に公表されるという。



ユンボ・ヴィスマのブルータイヤ

Swapfietsのプロモーション用に作られたブルーのCORSAを履いたユンボ・ヴィズマSwapfietsのプロモーション用に作られたブルーのCORSAを履いたユンボ・ヴィズマ photo:Makoto AYANO
ユンボ・ヴィスマはチームバイクの前輪にオールブルーのカラータイヤを装着していた。これはオランダでマンスリーレンタサイクルサービスを展開するSwapfietsのプロモーションで、前輪のみ青いタイヤを履いている同社のレンタサイクルを想起させるものだ。

タイヤ自体はチームをサポートするヴィットリアのCORSAをベースとしたもので、このカラータイヤのためにヴィットリアはシリカを充填剤として用いた新たなコンパウンドを開発したという。この"Swapfiets-blue"モデルは、通常のCORSAと同程度の性能を有しており、実戦にも投入予定とのことだ。

通常のCORSAと同程度の性能を有しており、数ステージで使われるという通常のCORSAと同程度の性能を有しており、数ステージで使われるという photo:Makoto AYANO
この鮮やかなブルータイヤについてチームディレクターのリチャード・プルッヘ氏は「チームの目標は、レースでの勝利だけではない。例えば、健康や自然豊かな生活環境、誰もが住みやすい都市の実現といったことも私たちの目的であると伝えるチャンスだと考えています。この"Swapfiets-blue"タイヤはそういったメッセージの象徴です」とコメントしている。



トレック・セガフレードはプロジェクトワンのニューカラーバイクを使用

RubyカラーにペイントされたÉmonda SLRRubyカラーにペイントされたÉmonda SLR photo:Makoto AYANO
スペシャルカラーのÉmonda SLRに乗るバウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)スペシャルカラーのÉmonda SLRに乗るバウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード) photo:Makoto AYANO
トレックのオーダープログラム、プロジェクトワンでペイントされたスペシャルバイクを要所要所で投入してきたトレック・セガフレード。2021年ツールでは新たにプロジェクトワンへ追加されたICON ChromaシリーズのRubyカラーにペイントされたチームバイクをお披露目した。カーボンバイクであることを忘れてしまうような艶めかしい光沢が目を引くクロームカラーのスペシャルペイントだ。(※プロジェクトワンへの追加についてはこちら

text:So Isobe, Naoki Yasuoka
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ クランクセット FC-R9100 52X36T 165mm 11S 33563
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥50,432
最安価格: ¥50,432
アマゾン価格: ¥50,432
の画像 シマノ FC-R8000 50X34T 165mm 11S IFCR8000AX04
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥24,043
最安価格: ¥24,043
アマゾン価格: ¥24,043
の画像 シマノ(SHIMANO) FC-R7000 クランクセット IFCR7000AX04L ブラック 165mm 50x34T
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥15,267
最安価格: ¥15,267
アマゾン価格: ¥15,267