イタリア・ヴェローナで開催されてたBMXワールドカップシリーズ第1戦において女子エリートクラスで畠山紗英(日本体育大学)が3位に入賞。日本人初の表彰台を獲得した。

女子エリートで3位になった畠山紗英(日本体育大学)女子エリートで3位になった畠山紗英(日本体育大学) photo:日本自転車競技連盟
5月7日から9 日までイタリア・ヴェローナのBMXオリンピックアレーナで2021UCI BMXスーパークロスワールドカップ第1戦が開催された。

BMXレーシング種目ワールドカップシリーズは昨年2月に開催されて以降、中止が続いていた。本大会も当初ドイツ・シュトゥットガルトにて開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、急遽大会会場が変更となっての開催となった。日本からは UCI World Cycling Center(スイス・エイグル)をトレーニング拠点とする長迫吉拓(株式会社JPF)、畠山紗英(日本体育大学)の 2 名が参戦。

BMX女子エリートを走る畠山紗英(日本体育大学)BMX女子エリートを走る畠山紗英(日本体育大学) photo:日本自転車競技連盟
女子エリートクラスは計18カ国、43選手によって争われ、畠山は準決勝を1位、全体のトップタイムにて通過し、決勝へ進出した。

決勝ではスタートで遅れるも3位でフィニッシュ。日本人初となるワールドカップ表彰台を獲得した。2019年のReady Steady Tokyo(テストイベント東京大会)以来の国際大会出場となったが、コロナ禍での強化にも成功し、2021 年シーズンをベストな形でスタートすることとなった。男子の長迫吉拓は1/16決勝5位にて敗退。全体の40位で初戦を終えた。

女子エリート3位の畠山紗英(日本体育大学)。日本人初の表彰台だ女子エリート3位の畠山紗英(日本体育大学)。日本人初の表彰台だ photo:日本自転車競技連盟
畠山紗英のコメント
決勝レースを終えて、まだ不思議な心境ではありますが、日本人としてワールドカップにて初の表彰台を獲得できたことは素直に嬉しく思います。また18ヶ月ぶりの公式レース参戦とあり、正直不安要素もたくさんありましたが、コロナ禍でのトレーニング成果をリザルトで表すことができ、今シーズンへの大きな自信となりました。今大会の開催、参加を実現してくださった皆さま、日々応援してくださるサポータや家族に感謝したいです。これからも応援よろしくお願い致します。

UCI BMXスーパークロスワールドカップ2021第1戦女子エリート結果
優勝:Baauw Judy (オランダ)
2 位:Smulders Merel(オランダ)
3 位:畠山紗英(日本体育大学)

photo&text:日本自転車競技連盟
Amazon.co.jp 
の画像 シュアラスター(SurLuster) コーティング剤 ゼロドロップ ガラス系 耐久2か月 高撥水 UV吸収剤配合 nano+配合 ノーコンパウンド 全塗装色対応 280ml S-113
カテゴリー: 自動車用品
メーカー: Surluster(シュアラスター)
参考価格: ¥2,181
最安価格: ¥2,075
アマゾン価格: ¥2,181
の画像 シュアラスター マイクロファイバークロス [拭き取り・仕上げ用万能クロス] SurLuster S-132
カテゴリー: Automotive Parts and Accessories
メーカー: Surluster(シュアラスター)
参考価格: ¥463
最安価格: ¥386
アマゾン価格: ¥463