オーストリア、レオガングで日本選手団不在のMTB世界選手権が開幕。第1種目のチームリレーでフランスが勝利し、2年目となるE-MTB選手権ではイネオス・グレナディアーズに加入するトーマス・ピドコック(イギリス)が圧倒的な走りで優勝した。



雨の中開催されたMTB世界選手権初日。E-MTB男子レースがスタート雨の中開催されたMTB世界選手権初日。E-MTB男子レースがスタート photo:UCI/Michal Cerveny
オーストリアはザルツブルグ州のスキーリゾート、レオガングを舞台にしたMTBの世界ナンバーワンを決める世界選手権が開幕した。10月7日(水)から11日(日)までの5日間で開催される戦いだが、今年日本からは女子U23の小林あか里のみの出場となる。

未だヨーロッパで猛威をふるい続ける新型コロナウイルスゆえ、今年世界選手権前に開催されたUCIワールドカップは先週末に閉幕したチェコ、ノヴェームニェスト大会の2連戦(XCCとXCOの2戦ずつ=合計4レース)のみ。ダウンヒルに関してはワールドカップなしで世界選手権が開催されるという異例の事態となっている。

XCチームリレー バトンを受け継ぐシーナ・フライ(スイス)XCチームリレー バトンを受け継ぐシーナ・フライ(スイス) photo:UCI/Michal CervenyXCチームリレー 超マッドコンディションの下り区間を攻めるXCチームリレー 超マッドコンディションの下り区間を攻める photo:UCI/Michal Cerveny

XCチームリレー 優勝したフランスチームXCチームリレー 優勝したフランスチーム photo:UCI/Michal Cerveny
悪天候による超スリッピーなコンディションの中開催された1日目。日本選手団不在のオープニングレースであるチームリレーで勝利したのは、ヨルダン・サルーや第1戦でワールドカップ初優勝を飾ったロアナ・ルコントを擁するフランスチームだった。

フランスは徐々にポジションを上げ、3周目に先頭に立ってからは地元オーストリアやイタリアの追撃を交わして勝利。同種目4連覇を狙ったスイスチームは序盤最後尾に落ち、男子エリートのトーマス・リッチャーがこの日のベストラップとなる走りで追い上げたが3位止まりに終わっている。

E-MTB男子 圧倒的な走りで優勝したトーマス・ピドコック(イギリス)E-MTB男子 圧倒的な走りで優勝したトーマス・ピドコック(イギリス) photo:UCI/Michal Cerveny
E-MTB女子 悪コンディションの下り区間E-MTB女子 悪コンディションの下り区間 photo:UCI/Michal CervenyE-MTB女子 優勝したメラニー・ピュージン(フランス)E-MTB女子 優勝したメラニー・ピュージン(フランス) photo:UCI/Michal Cerveny


また、2年目開催を迎えたE-MTBのクロスカントリーレースには、昨年覇者アラン・ハースリー(南アフリカ)やワールドカップ第1戦で初優勝を挙げたシモン・アンドレアッセン(デンマーク)といった現役トップ選手や、ジュリアン・アブサロン(フランス)、マルコアウレリオ・フォンタナ(イタリア)、ベルギーのCX界を率いるスヴェン・ネイスといったレジェンド選手たちも参戦。そんなEレースを制したのはトーマス・ピドコック(イギリス)だった。

E-MTB男子 自身4枚目のアルカンシエルを射止めたトーマス・ピドコック(イギリス)E-MTB男子 自身4枚目のアルカンシエルを射止めたトーマス・ピドコック(イギリス) photo:UCI/Michal Cerveny
E-MTB女子 アルカンシエルを獲得したメラニー・ピュージン(フランス)E-MTB女子 アルカンシエルを獲得したメラニー・ピュージン(フランス) photo:UCI/Michal Cerveny
XCチームリレー表彰台 2位イタリア、優勝フランス、3位スイスXCチームリレー表彰台 2位イタリア、優勝フランス、3位スイス photo:UCI/Michal Cerveny
今年のベビージロで総合優勝を挙げ、2021年3月1日からのイネオス・グレナディアーズ加入を発表し、ロード世界選手権のエリートカテゴリーで戦い、続くMTBワールドカップ2連戦のU23カテゴリーで2連勝と波に乗るピドコックは序盤こそスロースタートだったものの、ラスト4周回全てでベストラップを叩き出す走りで最終周回に首位浮上。ジェローム・ジロウ(フランス)とアンドレアッセンを抑えた次代のスーパースターが、自身4枚目(過去にシクロクロスで2016–2017年のジュニア王者&2018–2019年U23王者、ロード2017年個人TTジュニア王者)のアルカンシエルを手に入れている。

また、E-MTB女子レースではエンデューロのトップ選手として活躍するメラニー・ピュージン(フランス)が勝利し、フランスに2枚目のアルカンシエルを届けている。
MTB世界選手権2020 XCチームリレー結果
1位フランス1:27:34
2位イタリア1:35
3位スイス2:06
4位アメリカ2:55
5位イギリス3:04
MTB世界選手権2020 E-MTB男子レース結果
1位トーマス・ピドコック(イギリス)1:01:41
2位ジェローム・ジロウ(フランス)0:35
3位シモン・アンドレアッセン(デンマーク)0:49
4位マルティノ・フルエット(イタリア)1:21
5位ヨリス・ルフ(スイス)2:49
MTB世界選手権2020 E-MTB女子レース結果
1位メラニー・ピュージン(フランス)56:33
2位キャスリーン・シュティルネマン0:27
3位ナサリー・シュナイター(スイス)1:15
4位ソフィア・ワイデンロス(ドイツ)4:04
5位マーガリー・ロシェット(カナダ)4:28
text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 シマノ(SHIMANO) ディスクローター RT-MT900 180mm センターロック ナロータイプ IRTMT900M
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥6,298
最安価格: ¥5,995
アマゾン価格: ¥6,298
の画像 AHL ディスクブレーキパッド シマノ Shimano XTR M985 M988 Deore XT M785 SLX M666 M675 Deore M615 Alfine S700( 2ペア)
カテゴリー: Sports
メーカー: AHL
最安価格: ¥ 1,220
アマゾン価格: ¥ 1,220
の画像 シマノ ディスクブレーキ用ミネラルオイル KSMDBOILO 1L
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
最安価格: ¥ 1,897
アマゾン価格: ¥ 2,312