リッチー・ポート(オーストラリア)を個人総合3位へと押し上げたトレック・セガフレードのバイクをピックアップ。今夏登場したばかりの新型Émonda、エアロロードのMadone、TTバイクのSpeed Conceptを紹介。



リッチー・ポート(オーストラリア)のトレックÉmondaリッチー・ポート(オーストラリア)のトレックÉmonda photo:Makoto.AYANO
2019年ロード世界王者マッズ・ピーダスンはMadoneを愛用している2019年ロード世界王者マッズ・ピーダスンはMadoneを愛用している photo:Makoto.AYANO
リッチー・ポート(オーストラリア)を自身初となる総合表彰台へ押し上げ、上々の成績で今年のツール・ド・フランスを終えたトレック・セガフレード。チームは今年フルモデルチェンジを果たしたトレックの新型Émondaをメインバイクに据えていた。

また、積極的に集団スプリントへと加わった世界王者マッズ・ピーダスン(デンマーク)やジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー)は、エアロロードのMadoneも使用。もちろんピーダスンのバイクはアルカンシエル仕様で、MadoneとÉmonda両方が用意されていた。

ポートのバイクにはシマノのスプリンタースイッチが取り付けられている。ポートのバイクにはシマノのスプリンタースイッチが取り付けられている。 photo:Makoto.AYANO
市販品にはない52/39Tというプロ供給用のチェーンリングも市販品にはない52/39Tというプロ供給用のチェーンリングも photo:Makoto.AYANO固定力に優れる樹脂製のBat Cageをチョイスする選手も固定力に優れる樹脂製のBat Cageをチョイスする選手も photo:Makoto.AYANO


コンポーネントはスラムのRED eTAP AXSを使用し、TTバイク以外は完全ディスクブレーキ化。ブレーキレバーにスラムのロゴを入れたプロチーム仕様のデザインが目を引くほか、スラムを使うモビスターと同じく、市販品にはない52/39Tという黒い供給用チェーンリングを投入した選手も。

また、スラムコンポーネントを使用していながら、ポートを始めとする一部の選手の下ハンドルにはシマノのスプリンタースイッチが搭載されていた。スラムはBlipsやMultiClicsというサテライトスイッチを用意しているものの、選手たちの要望を受けチーム側で改造しているものと思われる。また、コンポーネントがスラムに移行してもなおペダルはシマノのDURA-ACEを使い続けている。

コックピット周りは新型Émondaと同時に登場したステム一体型ハンドルバーを基本としつつ、マッズ・ピーダスンなど好みによって別体式をチョイスする選手も。ハンドルにはボントレガー純正のマウントパーツが用意されているものの、コンピューターマウントはケーエッジのものを使用しているようだ。

ボトルケージに着目すると、ほとんどの選手はカーボン製で軽量な「XXX」を使用しているが、より固定力を重視する際はクラシックレースなどでも使われる「Bat Cage」をチョイスしていることが確認できた。

ほとんどのステージでAeolus RSL 37ホイールを選択したリッチー・ポートほとんどのステージでAeolus RSL 37ホイールを選択したリッチー・ポート photo:Makoto.AYANO
Aeolus XXX 6ホイールとP ZERO VELOチューブラーの組み合わせAeolus XXX 6ホイールとP ZERO VELOチューブラーの組み合わせ photo:Makoto.AYANO
ボントレガーのカーボンホイールAeolusシリーズが今年大きく刷新されたものの、チームは60mmハイトの「Aeolus XXX 6」を継続して愛用中。山岳コースでは軽量性を重視して37mmハイトの新型「Aeolus RSL 37」に履き替えていた。タイヤは今年からピレリに変更されており、P ZERO VELOチューブラーを全選手が使用している。

後輪にジップを履いたTTバイクのSpeed Concept。ワンオフ品のアームレストが装備されている後輪にジップを履いたTTバイクのSpeed Concept。ワンオフ品のアームレストが装備されている photo:Makoto.AYANO
ピーダスンは第20ステージのTTでSpeed ConceptとÉmondaの2台体制ピーダスンは第20ステージのTTでSpeed ConceptとÉmondaの2台体制 photo:Makoto.AYANOWavecelヘルメットとKOOの新作アイウェア「DEMOS」を使用するマッズ・ピーダスンWavecelヘルメットとKOOの新作アイウェア「DEMOS」を使用するマッズ・ピーダスン photo:Makoto.AYANO


タイムトライアルバイクはマットブラックのSpeed Conceptで変更はなし。中にはプロ機材感が漂うワンオフ品のアームレストを使用した選手もいた。ボントレガーがディスクホイールをラインアップしていないため、後輪は表面のディンプルが特徴的なジップのSuper-9を使用している。

text:Yuto.Murata
photo:Makoto.AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 Anker PowerPort 4 (40W 4ポート USB急速充電器) 【急速充電 / iPhone&Android対応 / 折畳式プラグ搭載】(ホワイト)
カテゴリー: Wireless
メーカー: Anker
参考価格: ¥ 2,499
最安価格: ¥ 2,499
アマゾン価格: ¥ 2,499
の画像 エレコム USBハブ 3.0 4ポート バスパワー【超小型・軽量設計】MacBook/Surface Pro/Chromebook他 ノートPC Nintendo Switch対応 ブラック U3H-FC02BBK
カテゴリー: Personal Computer
メーカー: エレコム
参考価格: ¥1,299
最安価格: ¥1,104
アマゾン価格: ¥1,299
の画像 Anker PowerDrive 2 Alloy(24W 2ポートカーチャージャー)【PowerIQ搭載 / コンパクトサイズ】iPhone、Android、IQOS対応 (シルバー)
カテゴリー: Electronics
メーカー: Anker
参考価格: ¥1,399
最安価格: ¥1,399
アマゾン価格: ¥1,399