ツアー・コロンビアの最終クイーンスージで、今一度EFプロサイクリングの若手コロンビア勢が躍進。エガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)を破ってダニエル・マルティネスがステージ優勝を飾り、区間2位のセルジオ・イギータが総合優勝。EFプロサイクリングは総合でも表彰台を独占した。



クイーンステージに向かうエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)クイーンステージに向かうエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス) (c)CorVosリーダージャージを着用したセルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)が登場リーダージャージを着用したセルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)が登場 (c)CorVos


ツアー・コロンビア2.1 2020 第6ステージコースプロフィールツアー・コロンビア2.1 2020 第6ステージコースプロフィール (c)tourcolombiauci.comロードレースに熱狂するコロンビアを舞台に開催されてきたツアー・コロンビア2.1もいよいよ最終日。後半に標高3016mの3級山岳を越え、ダウンヒルを経て標高3290mの2級山岳頂上を目指すクイーンステージで、日曜日ということも重なりグランツールを凌ぐほどの熱狂的なファンが沿道を埋め尽くした。

レース序盤はアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、ドゥクーニンク・クイックステップ)や、モビスターに唯一所属するアメリカ人選手マッテオ・ヨルゲンソンらが含まれた14名のエスケープが先行する。初日のチームタイムトライアルで圧勝しリーダーチームとなったEFプロサイクリングが集団コントロールを行い、後半の3級山岳が近くと総合4位エガン・ベルナル(コロンビア)をエースに据えるチームイネオスに取って代わった。

集団前方を固めるチームイネオスは散発的なアタックを封じ込めながら3級山岳をクリアする。最後の2級山岳に入るとセカンドエースのリチャル・カラパス(エクアドル、チームイネオス)がパンクして遅れたものの、数kmに渡る追走の末合流に成功する。合流を確認したチームイネオスが再度コントロールを始めると集団は20名以下まで絞り込まれた。

大観衆が集まった市街地をチームイネオス率いる集団が駆け抜けていく大観衆が集まった市街地をチームイネオス率いる集団が駆け抜けていく (c)CorVos
ウイリーで観客を沸かせるアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、ドゥクーニンク・クイックステップ)ウイリーで観客を沸かせるアルバロホセ・ホッジ(コロンビア、ドゥクーニンク・クイックステップ) (c)tourcolombiauci.com
ジロ・デ・イタリア覇者カラパスがツール・ド・フランス覇者ベルナルを率いてペースメイク。ミゲル・フロレス(コロンビア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)とロビンソン・チャラプド(コロンビア、チームメデジン)が残り5km地点から飛び出したものの強豪勢は静観し、残り3kmでのカラパス離脱を機にベルナルが加速した。

ベルナルは一瞬のうちにチャラプドらを捉えて先頭に立ったが、その後ろをEFプロサイクリングの3名(マルティネス、イギータ、カイセド)ががっちりとマークする。最終盤に入ってエクアドル王者カイセドが千切れたものの、フィニッシュ手前の緩斜面はスプリント力に秀でるイギータとマルティネスに味方した。

コロンビアンクライマーの活躍に沸く大観衆の前で、繰り下がりのヤングライダーリーダージャージを着る総合2位マルティネスがスプリントを開始する。総合首位のイギータは千切れたベルナルを確認してマルティネスを先行させ、地鳴りのような声援が響く中、EFプロサイクリングのマルティネスとイギータがワンツーフィニッシュを成し遂げた。

最終ステージを制したダニエル・マルティネス(コロンビア、EFプロサイクリング)最終ステージを制したダニエル・マルティネス(コロンビア、EFプロサイクリング) (c)tourcolombiauci.com
2位セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)が総合優勝を決める2位セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)が総合優勝を決める (c)tourcolombiauci.com
ステージ2位のイギータが総合優勝を射止め、ステージ勝者マルティネスは総合2位を、14秒遅れたカイセドも総合3位をキープ。チーム内のクライマーをフルラインナップして臨んだEFプロサイクリングが初日に稼いだチームタイムトライアルのリードを削られることなく総合表彰台を独占することとなった。

「ステージレースで初めての総合優勝。全て上手くいったことを神に感謝したい。それからずっと側でサポートしてくれた家族に、従兄弟に、そしてガールフレンドにも。彼らに対して最高の恩返しになったと思う。チームはずっと僕ら3人(マルティネス、イギータ、カイセド)を信じて仕事をしてくれた。その3人が総合表彰台を独占して、チームで区間3勝もできただなんてこれ以上ない結末だ。選手の質、経験、そして若さと完璧なチーム構成で臨み、それら全てが上手く噛み合ったんだ。今日はエガンがアタックすることは目に見えていたし、彼の後ろについてステージ優勝を狙う作戦だった。ダニエルを勝たせるためのチームプレーも完璧だったよ」とワールドチーム2年目のイギータは言う。

このクイーンステージではトップ10を南米勢が独占し、区間5位のカイセド(エクアドル)以外は全てコロンビア人選手。総合成績でもカイセドと9位トースタイン・トレーエン(ノルウェー、ウノエックス・ノルウェージャンデヴェロップメントチーム)を除く8名のコロンビア人選手がトップ10入りを果たしている。

EFプロサイクリングの若手南米クライマーが総合表彰台を独占。EFプロサイクリングの若手南米クライマーが総合表彰台を独占。 (c)CorVos
総合優勝を射止めたセルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)総合優勝を射止めたセルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング) (c)tourcolombiauci.com
ベルナルのアタックにも動じず、スプリントで先行したマルティネスとイギータ、そして大会を湧かせたリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)は共に今年のツール・ド・フランスに出場予定。ツール連覇を目指てコンディションを上げていくベルナルも含め、今夏は例年にも増してコロンビア旋風が巻き起こりそうだ。
ツアー・コロンビア2.1 2020 第6ステージ結果
1位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFプロサイクリング)4:24:09
2位セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)0:01
3位エガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)0:03
4位ミゲル・フロレス(コロンビア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)0:09
5位ヨナタン・カイセド(エクアドル、EFプロサイクリング)0:14
6位ロビンソン・チャラプド(コロンビア、チームメデジン)0:52
7位ヘルナン・アギーレ(コロンビア、コロンビア・ティエラ・デ・アトレタス・GWビチクレタス)1:08
8位ディエゴ・カマルゴ(コロンビア、コロンビア・ティエラ・デ・アトレタス・GWビチクレタス)1:16
9位フレディ・モンターニャ(コロンビア、EPMスコット)
10位エステバン・チャベス(コロンビア、コロンビアナショナルチーム)
個人総合成績
1位セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)19:55:51
2位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFプロサイクリング)0:07
3位ヨナタン・カイセド(エクアドル、EFプロサイクリング)0:33
4位エガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)0:54
5位ミゲル・フロレス(コロンビア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)2:00
6位フレディ・モンターニャ(コロンビア、EPMスコット)2:35
7位エステバン・チャベス(コロンビア、コロンビアナショナルチーム)3:08
8位ヘルナン・アギーレ(コロンビア、コロンビア・ティエラ・デ・アトレタス・GWビチクレタス)3:14
9位トースタイン・トレーエン(ノルウェー、ウノエックス・ノルウェージャンデヴェロップメントチーム)3:18
10位セルジオ・エナオ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)3:21
その他の特別賞
ポイント賞フアン・モラノ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)
山岳賞ファビオ・ドゥアルテ(コロンビア、チームメデジン)
ヤングライダー賞セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)
チーム総合成績EFプロサイクリング
text:So.Isobe
photo:CorVos,tourcolombiauci.com
Amazon.co.jp 
の画像 IRC SERACCX TUBELESS 700×32c 19048J
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 7,260
最安価格: ¥ 4,539
アマゾン価格: ¥ 5,648
の画像 IRC(アイアールシー) SERAC CX シラクシーエックス/SERAC CX EDGE シラクシーエックス エッジ 700X32C HT M138 (EDGE) 19048N
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC(アイアールシー)
参考価格: ¥ 7,260
最安価格: ¥ 4,548
アマゾン価格: ¥ 5,658