遂に幕明けたコロンビアンクライマーによる登坂勝負。最終盤の登坂後に仕掛けたリチャル・カラパス(エクアドル、チームイネオス)は届かず、スプリントでエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)とジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)を下したセルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)が総合首位に浮上した。



笑顔を絶やさないエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)笑顔を絶やさないエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス) (c)tourcolombiauci.com激励を受けるエドウィン・アヴィラ(コロンビア、イスラエル・スタートアップネイション)激励を受けるエドウィン・アヴィラ(コロンビア、イスラエル・スタートアップネイション) (c)CorVos

EFプロサイクリングが率いるメイン集団EFプロサイクリングが率いるメイン集団 (c)CorVos
ここまでチームタイムトライアル、スプリントステージx2が続いてきたツアー・コロンビア2.1に、いよいよクライマーやパンチャーが本領発揮する、終盤にカテゴリー山岳が用意された難関ステージがやってきた。

連日スタート地点となっている街パイパから南下し、4級山岳アルト・モラルを越えた先でUターンするレイアウトは前日と全く同じだが、平坦を駆け抜けた後にフィニッシュ手前4kmで頂上を迎える標高差190mの3級山岳が控える。KOM通過後の平坦路に活路を見出すスプリンターを振り切って、群雄割拠のコロンビアンクライマーが激しい勝負を繰り広げた。

最終日のクイーンステージに向けての小手調べとなったこの日、逃げを試みたのは山岳賞ランキング首位のシモン・ペロー(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)ら7名。最大3分のリードを得た7名の中で、狙い通りペローは2箇所の中間山岳で1位通過を果たしている。

山岳ポイントを伸ばしたシモン・ペロー(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)山岳ポイントを伸ばしたシモン・ペロー(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク) (c)tourcolombiauci.com
メイン集団ではドゥクーニンク・クイックステップとEFプロサイクリングが先頭を固め、後半に入って逃げグループとの差を詰めていく。"ウルフパック"が残り13kmでレースを振り出しに戻すと、続いてエガン・ベルナル(コロンビア)とリチャル・カラパス(エクアドル)をエースに据えるチームイネオスが集団前方に陣取った。

登坂勝負に向けて緊張感を高める集団前方では落車も発生し、オスカル・セビリャ(スペイン、チームメデジン)ら多くの選手が巻き込まれた。

登りが始まるとチームイネオスが刻むハイペースによって一気に集団が縮小し、カラパスが残り4kmで仕掛けたことで山岳勝負が幕開ける。ジロ・デ・イタリア覇者のアタックにはジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)とダニエル・マルティネス&セルジオ・イギータ(共にコロンビア、EFプロサイクリング)が反応し、ベルナルはエステバン・チャベス(コロンビア、コロンビアナショナルチーム)を引き連れて合流。総合首位ヨナタン・カイセド(エクアドル、EFプロサイクリング)も苦しみながら先頭グループに戻ったことで、超強力な7名による先頭グループが形成された。

3級山岳で攻撃するリチャル・カラパス(エクアドル、チームイネオス)3級山岳で攻撃するリチャル・カラパス(エクアドル、チームイネオス) (c)tourcolombiauci.com
カラパスのアタックに続くエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)カラパスのアタックに続くエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス) (c)CorVos苦しみながらも合流を目指すヨナタン・カイセド(エクアドル、EFプロサイクリング)苦しみながらも合流を目指すヨナタン・カイセド(エクアドル、EFプロサイクリング) (c)CorVos

遅れたリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)が大声援の中を登る遅れたリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)が大声援の中を登る (c)tourcolombiauci.com
混沌とする先頭集団内ではカラパスと接触したマルティネスが落車するも、原因を作ったカラパスとベルナルが一定ペースを刻みマルティネスを復帰させる。頂上クリア後の平坦路に入ると後方から選手たちが合流し、その流れに乗ったディエゴ・カマルゴ(コロンビア、EPMスコット)がカウンターアタックで飛び出した。

カマルゴのアタックは追走グループ内に牽制をもたらしたが、それを嫌うようにカラパスが加速する。前日の集団スプリントでもアタックを試みたカラパスは一躍先頭に立ち、人数で分のあるEFプロサイクリング勢を引き離してフィニッシュを目指した。

残り500mを切ってもスピードを緩めないカラパスだったが、ホームストレートに入ると後方からアラフィリップが発進し、逃げ続けるカラパスを撃ち落とす。勝負はアラフィリップとその加速に耐えたイギータとベルナルに委ねられ、残り150mからイギータがスプリント。大声援を受けて突き進んだコロンビアナショナルチャンピオンが、持ち前の加速力を活かしてフィニッシュラインを先頭で駆け抜けた。

コロンビア王者のセルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)がステージ優勝コロンビア王者のセルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)がステージ優勝 (c)CorVos
ステージ勝者よりも目立っているリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)ステージ勝者よりも目立っているリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング) (c)tourcolombiauci.com
総合首位に浮上したセルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)総合首位に浮上したセルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング) (c)CorVos
ベルナルとアラフィリップがステージ2位&ステージ3位に入り、落車から復帰したマルティネスは2秒差のステージ4位。EFプロサイクリング勢が総合トップ3を独占したまま、イギータは4秒遅れステージ8位のカイセドからリーダージャージを譲り受ける形となった。

「カラパスのアタックはあまりにも強力で、今日は彼が勝つだろうと思ったよ。でも追走が生まれ、最後は超ロングスプリントを仕掛けたアラフィリップの背後でアドバンテージを稼いだ。アラフィリップは力を使い過ぎていたので、彼が腰を下ろした瞬間にスプリントを始めたんだ」と、落ち着いたレース運びで勝利を掴んだイギータは語っている。

初日のチームタイムトライアルで得た大きなリードを存分に活かし、イギータはベルナルに対して50秒、カラパスに対して58秒をキープ中。ツアー・コロンビアの総合争いはスプリントステージを挟んでから最終クイーンステージで決着する。
ツアー・コロンビア2.1 2020 第4ステージ結果
1位セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)3:58:47
2位エガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:01
4位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFプロサイクリング)0:02
5位シーヴェル・ヴァーステッド(ノルウェー、ウノエックス・ノルウェージャンデヴェロップメントチーム)
6位リチャル・カラパス(エクアドル、チームイネオス)
7位ミゲル・フロレス(コロンビア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)
8位ヨナタン・カイセド(エクアドル、EFプロサイクリング)0:04
9位エステバン・チャベス(コロンビア、コロンビアナショナルチーム)
10位ディエゴ・カマルゴ(コロンビア、EPMスコット)
個人総合成績
1位セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)11:25:47
2位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFプロサイクリング)0:12
3位ヨナタン・カイセド(エクアドル、EFプロサイクリング)0:14
4位エガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)0:50
5位リチャル・カラパス(エクアドル、チームイネオス)0:58
6位フレディ・モンターニャ(コロンビア、EPMスコット)1:14
7位アルデマール・レイス(コロンビア、EPMスコット)1:28
8位ギャビン・マニオン(アメリカ、ラリーサイクリング)1:30
9位セルジオ・エナオ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)1:31
10位ディエゴ・オチョア(コロンビア、EPMスコット)
その他の特別賞
ポイント賞フアン・モラノ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)
山岳賞シモン・ペロー(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)
ヤングライダー賞セルジオ・イギータ(コロンビア、EFプロサイクリング)
チーム総合成績EFプロサイクリング
text:So.Isobe
photo:CorVos,tourcolombiauci.com
Amazon.co.jp 
の画像 NTTコミュニケーションズ インターネット検定.com Master BASIC公式テキスト【第3版】
カテゴリー: Book
メーカー: NTT出版
参考価格: ¥1,756
最安価格: ¥7,683
アマゾン価格: ¥1,756
の画像 SHIMANO(シマノ) デュラエースTrack スプロケット SS-7600 NJS 厚歯 13T 1/8インチ
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 3,075
最安価格: ¥ 2,160
アマゾン価格: ¥ 2,782
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ リアディレーラー RD-R9100 11S 対応CS ロー側最大25-30T (トップ14Tギア対応) 33600
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 23,730
最安価格: ¥ 17,497
アマゾン価格: ¥ 17,800