アークティック・レース・オブ・ノルウェー第2ステージは大集団スプリントに持ち込まれ、マチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)を破りブライアン・コカール(フランス、ヴィタルコンセプト・B&Bホテルズ)が勝利。前日勝ち逃げを逃した悔しさを晴らした。



笑顔のマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)笑顔のマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス) (c)CorVos少し寒そうなダニー・ファンポッペル(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)少し寒そうなダニー・ファンポッペル(オランダ、ユンボ・ヴィズマ) (c)CorVos

ロフォーテン諸島の海岸線を駆け巡るアークティック・レース・オブ・ノルウェー第2ステージロフォーテン諸島の海岸線を駆け巡るアークティック・レース・オブ・ノルウェー第2ステージ (c)CorVos
ノルウェー海に浮かぶロフォーテン諸島を舞台に走るアークティック・レース・オブ・ノルウェー(UCI2.HC)第2ステージの舞台は、小さな小島ヘニングスヴァールから海岸線に沿って幾つもの入り江を経由しつつ、スボルベルを目指す164km。フィヨルドの細かなアップダウンこそあれどスプリンターを振り落とすものではなく、フィニッシュ予想はほぼ100%集団スプリントだ。

アタック合戦から31名の勝ち逃げが生まれた前日とは違い、この日は地元ノルウェー勢3名を中心としたエスケープが生まれる、定石通りの落ち着いた展開で進行した。逃げる4名はおよそ3分のリードを保ち、メイン集団はリーダージャージを着用するマチュー・ファンデルポール(オランダ)擁するコレンドン・サーカスや、昨日逃げを許してしまったヴィタルコンセプト・B&Bホテルズなどがコントロールを担った。

集団先頭付近で走るマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)集団先頭付近で走るマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス) (c)CorVos
逃げグループは終盤に掛けてペースアップをしたものの、フィニッシュまで残り10kmを切って集団スプリント体制に入ったメイン集団に捉えられる。残り5km地点に設定さえた中間スプリントポイントではボーナスタイムを狙った総合5位のマークス・ホーエルガード(ノルウェー、ウノX・ノルウェージャンデヴェロップメント)が先着し、狙い通り総合3位へのジャンプアップに成功。そのまま逃げを継続したホーエルガードだったが、メイン集団の勢いには抗えずに捉えられている。

スプリンターが位置取り争いを繰り広げる中、割を食ったのは繰り下がりでポイント賞ジャージを着るダニー・ファンポッペル(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)だった。集団のうねりに押し出されたファンポッペルは路肩の草むらに落ち、落車こそ避けたものの勝負権を失ってしまった。

先頭でスプリントするブライアン・コカール(フランス、ヴィタルコンセプト・B&Bホテルズ)やマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)先頭でスプリントするブライアン・コカール(フランス、ヴィタルコンセプト・B&Bホテルズ)やマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス) (c)CorVos
下り勾配のスプリントで勝利したブライアン・コカール(フランス、ヴィタルコンセプト・B&Bホテルズ)下り勾配のスプリントで勝利したブライアン・コカール(フランス、ヴィタルコンセプト・B&Bホテルズ) (c)CorVos
クリストフ・ラポルト(フランス)を従えたコフィディス・ソルシオンクレディと、ブライアン・コカール(フランス)を従えたヴィタルコンセプト・B&Bホテルズが集団先頭を支配しながら最終局面ヘ。ラポルト先頭で緩やかな最終コーナーを立ち上がったが、機敏なスプリントでコカールが追い抜いていく。ファンデルポールはコカールのスリップに入ったものの、小刻みなスプリントを続けるコカールには届かなかった。

前日のリベンジを果たしたコカールにとっては今季7勝目。「今日はブルゴス(スペインレース)でチームメイトが4位と7位になり、僕がノルウェーで勝利。チームメイトの働きのおかげでとても美しい一日になった」とチームに感謝する。ファンポッペルが遅れたため2位に甘んじたファンデルポールがリーダージャージとポイント賞、そしてヤングライダー賞を維持している。

リーダージャージを守ったマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)リーダージャージを守ったマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス) (c)CorVos
アークティック・レース・オブ・ノルウェー2019第2ステージ結果
1位ブライアン・コカール(フランス、ヴィタルコンセプト・B&Bホテルズ)3:31:11
2位マチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)
3位クリストフ・ラポルト(フランス、コフィディス・ソルシオンクレディ)
4位オーグスト・イェンセン(ノルウェー、イスラエルサイクリングアカデミー)
5位ルイス・ベンディクセン(デンマーク、チームコープ)
6位ヘルマン・ダール(ノルウェー、ジョーカー・フューエルノルウェー)
7位エミルス・リーペンス(ラトビア、ワロニー・ブリュッセル)
8位ネイサン・ハース(オーストラリア、カチューシャ・アルペシン)
9位クリストフ・ノップ(ベルギー、スポートフラーンデレン・バロワーズ)
10位ヨルディ・ワルロップ(ベルギー、スポートフラーンデレン・バロワーズ)
個人総合成績
1位マチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)7:16:09
2位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)0:09
3位マークス・ホーエルガード(ノルウェー、ウノX・ノルウェージャンデヴェロップメント)
4位アンドレア・パスクァロン(イタリア、ワンティ・グループゴベール) 0:11
5位クリストフ・ラポルト(フランス、コフィディス・ソルシオンクレディ)0:12
6位アムントグレンダール・ヤンセン(ノルウェー、ユンボ・ヴィズマ)0:13
7位クリスツ・ニーランズ(ラトビア、イスラエルサイクリングアカデミー)
8位マグナス・コルトニールセン(デンマーク、アスタナ)0:14
9位ヨルディ・ワルロップ(ベルギー、スポートフラーンデレン・バロワーズ)0:16
10位ベンジャミン・デクレルク(ベルギー、スポートフラーンデレン・バロワーズ)
ポイント賞
1位マチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)27pts
2位ブライアン・コカール(フランス、ヴィタルコンセプト・B&Bホテルズ)15pts
3位ダニー・ファンポッペル(オランダ、ユンボ・ヴィズマ) 12pts
山岳賞
1位スティーヴン・カミングス(イギリス、ディメンションデータ)9pts
2位アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)2pts
3位リリアン・カルメジャーヌ(フランス、トタル・ディレクトエネルジー)2pts
ヤングライダー賞
1位マチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)7:16:09
2位マークス・ホーエルガード(ノルウェー、ウノX・ノルウェージャンデヴェロップメント)0:09
3位アムントグレンダール・ヤンセン(ノルウェー、ユンボ・ヴィズマ)0:13
チーム総合成績
1位スポートフラーンデレン・バロワーズ21:49:15
2位ユンボ・ヴィズマ
3位リワル・レディーネス
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 宇都宮餃子公式ガイドブック vol.6
カテゴリー: Book
出版社: 下野新聞社
最安価格: ¥ 864
アマゾン価格: ¥ 864
の画像 鮨のすべて: 銀座久兵衛 変わらぬ技と新しい仕事
カテゴリー: Book
著者: 今田 洋輔
出版社: 柴田書店
最安価格: ¥ 4,968
アマゾン価格: ¥ 4,968
の画像 Segafredo Zanetti (セガフレード・ザネッティ) エモッシオーニ 250g VP
カテゴリー: Grocery
メーカー: Segafredo Zanetti
最安価格: ¥ 1,131
アマゾン価格: ¥ 1,131