ビアンキの2020モデル展示会が都内にて開催。ニュースタンダードとなるミドルグレードオールラウンダー「SPRINT」の実車をはじめ、カラーチェンジしたハイエンドモデルや新型オールロードバイクなどが発表された。



ビアンキの2020モデルが一堂に会したビアンキの2020モデルが一堂に会した
東京・代官山の展示ホールにて開催されたビアンキの展示会。2020年モデルが一堂に会し、全国からビアンキディーラーが集まった。2つのフロアを贅沢に使用し、ハイエンドのロードレーサーからキッズバイクに至るまで、バラエティー豊かなビアンキのラインアップが揃った。

「最近、ビアンキっていいよね」とは、シリアス志向のライダーたちの間でよく聞く台詞。ここ2~3年の間で、よりレーシーなブランドとして再認知されてきたのは事実だろう。

ハイエンドのOltre XR4もグラフィックの変更にとどまるハイエンドのOltre XR4もグラフィックの変更にとどまる
同郷のフェラーリとコラボしたSF01同郷のフェラーリとコラボしたSF01 シートチューブにはフェラーリのロゴが入るシートチューブにはフェラーリのロゴが入る


ジロで大きな存在感を示しているプリモシュ・ログリッチェやドーフィネで2勝を飾ったワウト・ファンアールトなど、強豪選手を多数擁するユンボ・ヴィズマの走りを支え、チェレステカラーにペイントされたバイクが活躍していない週は無いほど。国内でもトップアマチュアの選択肢として人気を獲得しており、レースやイベント会場でもビアンキのレーシングバイクを見かけることは多くなった。

2020年モデルでは、トップレンジとなるバイクラインアップに変更は無く、ヒルクライムモデルのSpecialissima、エアロオールラウンダーであるOltre XR4とその弟分であるOltre XR3に関しては、グラフィックの変更にとどまる。ブラックの差し色が入り、さらに精悍な印象となった。エンデュランスレーシングであるInfinito CVに関しては2020モデルはグラフィックも変更なく続投する。

2020年の再注目モデルであるSPRINT2020年の再注目モデルであるSPRINT
フォークブレードにも特徴的なグラフィックは健在フォークブレードにも特徴的なグラフィックは健在 チューブ上部にはビアンキのロゴが細かく配置されたグラフィックがチューブ上部にはビアンキのロゴが細かく配置されたグラフィックが


大きな変化が加わったのはミドルグレードのラインアップ。振動吸収素材「カウンターヴェイル」を省略することで手の届きやすい価格とビアンキレーシングバイクらしい走行性能を維持しているのが、ビアンキのミドルグレード。昨年発表されたエアロロードのARIAがその嚆矢だったが、今年はオールラウンダーのSPRINTがラインアップに追加された。

これまでのSempre Proを代替する位置づけのSPRINTは、スクエア形状のチュービングで軽量性と反応性を重視した一台。ドロップドシートステイやインテグレートされたフォークコラムからダウンチューブへのラインなど、エアロダイナミクスにも配慮したセミエアロな造形で平坦から登りまでシチュエーションを問わずに活躍する1台だ。

グラフィックにもこだわりが詰まっており、各チューブには透かしのように細かくビアンキのロゴが模様のようになったステッカーがアクセントとして配置されている。詳しくは既報のレビュー記事を参照してほしい。

昨年発表されたIMPLUSO ALL ROADに続き新たなオールロードモデルが追加昨年発表されたIMPLUSO ALL ROADに続き新たなオールロードモデルが追加
オールロードモデルが追加されたVia nirone7 オールロードモデルが追加されたVia nirone7
2020年モデルではシマノGRXをアセンブルするモデルが増える2020年モデルではシマノGRXをアセンブルするモデルが増える
また、存在感を増してきたオールロードカテゴリーのラインアップに新たな仲間が追加される。昨年発表されたIMPLUSO ALL ROAD、スチールのORSOに続き、エントリーモデルとして人気のVIA NIRONE 7にALL ROADモデルが追加された。

ディスクブレーキを装備し、40cまで対応するタイヤクリアランスを持つ本格的な仕様で、ビアンキファンのグラベル/ツーリングバイクとしてうってつけの一台となりそうだ。VIA NIRONE 7のノーマルモデルもフォークコラムがアルミからカーボンにアップグレードされ、その走りに磨きをかけられている。

人気のクロスバイク、ROMAシリーズはディスクブレーキのみの展開となった人気のクロスバイク、ROMAシリーズはディスクブレーキのみの展開となった ディスクブレーキモデルのC-Sports2ディスクブレーキモデルのC-Sports2

エントリーグレードながら、油圧式ディスクブレーキを採用するエントリーグレードながら、油圧式ディスクブレーキを採用する クロスバイクのC-Sportsにディスクブレーキモデルが登場 最小サイズはミキスト設計となるクロスバイクのC-Sportsにディスクブレーキモデルが登場 最小サイズはミキスト設計となる


ラインアップ全体の傾向として、ディスクブレーキモデルの拡充が著しく、軽量ヒルクライムモデルであるSpecialissimaとエントリーカーボンモデルのIntensoを除けば全モデルにディスクブレーキ仕様が用意されることとなる。

クロスバイクにもその流れは波及しており、ROMAシリーズは全モデルがディスクブレーキに、C-Sportsにもディスクブレーキモデルが追加されることに。日常的な足としての役割も大きいクロスバイクにとって、制動力の安定したディスクブレーキの採用は嬉しいポイントだろう。

高い人気を誇るビアンキのラゲッジシリーズ高い人気を誇るビアンキのラゲッジシリーズ
アイウエアも本格的な仕様で展開しているアイウエアも本格的な仕様で展開している
他にも、ビアンキのアイコンであるチェレステカラーを纏った様々なパーツ&アクセサリーの新製品も発表された。コンパクトなライトやアイウエア、レイザーやSh+といったブランドとコラボしたヘルメットなど、ビアンキユーザー、特にチェレステ好きにとっては見逃せないラインアップが揃う。また、2020年モデルはここからも随時情報が更新されていくとのこと。注目集める2020ラインアップから目が離せない。

レイザーとSH+とコラボしたヘルメットレイザーとSH+とコラボしたヘルメット
レイザーのBLADE AFをベースとしたモデルレイザーのBLADE AFをベースとしたモデル SH+のSHABRIをベースとしたモデルSH+のSHABRIをベースとしたモデル

コンパクトなライトが新しくラインアップに加わったコンパクトなライトが新しくラインアップに加わった バッグなどのベルトにクリップで止められる仕様だバッグなどのベルトにクリップで止められる仕様だ



text&photo:Naoki.Yasuoka
Amazon.co.jp 
の画像 ヤマハ オーボエ YOB-431
カテゴリー: CE
メーカー: ヤマハ
最安価格: ¥ 335,500
アマゾン価格: ¥ 335,500
の画像 BEATLESS “Arm for the Outsourcers”
カテゴリー: Hobby
メーカー: アンクロン(Uncron)
参考価格: ¥ 3,240
最安価格: ¥ 4,980
アマゾン価格: ¥ 4,980