ノルウェーでハンマーシリーズ第1戦が開幕。初日のハンマークライムはボーラ・ハンスグローエとロット・スーダル、ユンボ・ヴィズマの激しいポイント勝負に持ち込まれ、フィニッシュポイントで逆転したユンボ・ヴィズマが優勝を飾った。



アルデンヌクラシックにも似た、アップダウンの激しいコースアルデンヌクラシックにも似た、アップダウンの激しいコース (c)Karen M. Edwards/www.hammerseries.com
スタヴァンゲル(ノルウェー)、リンブルフ(オランダ)、そして香港という合計3戦で争われる2019年のハンマーシリーズが開幕。今年も「ハンマークライム」「ハンマースプリント」「ハンマーチェイス」という独自の3レース/3日間を組み合わせて最終的なチーム成績を争う。

ハンマークライム(8.9km×9周半)とハンマースプリント(9.3km×9周半)は毎周回ごとにポイントが設定されたポイントレース形式のレースで、毎周回フィニッシュライン通過時の上位10名選手にポイントが与えられ、3周目、6周目、10周目は2倍ポイント。総合ポイントで順位が争われ、上位10チームには最大15秒のボーナスタイムが与えられる。ポイント配分は以下の通り。
ハンマークライム/ハンマースプリント ポイント配分
1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
100pts81pts66pts53pts43pts35pts28pts23pts19pts15pts
最終日に開催されるチームタイムトライアル形式のハンマーチェイス(16.3km×3周)は2日間の総合上位チームから順に、規定のタイム差にボーナスタイムを反映させたタイム差をつけて順番にスタート。先頭でフィニッシュラインを駆け抜けたチームが総合優勝に輝く方式だ。各大会の最終総合成績に応じてポイントが付与され、最高得点をマークしたチームが2019年の年間王者となる。

中盤までに700ポイントを稼いだサム・ベネット(アイルランド)だが、後半に脱落中盤までに700ポイントを稼いだサム・ベネット(アイルランド)だが、後半に脱落 (c)CorVos
骨折後のヨーロッパレース復帰戦を走る別府史之(トレック・セガフレード)骨折後のヨーロッパレース復帰戦を走る別府史之(トレック・セガフレード) (c)CorVos積極的に動き加点したティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)積極的に動き加点したティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル) (c)CorVos


今年のハンマーシリーズに出場するのは、ヴェロンに加入する合計16チーム。昨年圧倒的な力を見せたミッチェルトン・スコットやドゥクーニンク・クイックステップらワールドツアー勢を中心に、デルコ・マルセイユプロヴァンスやイスラエルサイクリングアカデミーなどプロコン勢も4チームが参加中。現在ジロ出場中のNIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネは不参加だ。

メンバーは1チーム7人登録で、その中から各レースに適した選手5名がスタートラインに並ぶ。スタヴァンゲル初日のハンマークライムのコースは周回コース終盤に連続した2箇所の登りポイントが用意され、それぞれ距離400m/平均勾配4.2%、距離700m/平均7%と登れるパンチャー向けのレイアウトだ。気温が下がったため、激しくインターバルが掛かるレースにも関わらず、ウォーマー類を装備した80名の選手がスタートを切った。

序盤からギヨーム・ファンケイルスブルク(ベルギー、CCCチーム)を中心にアタックが掛かり、集団一つのままオスカル・ガット(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)が初回ポイントを先頭通過し100ポイントを獲得。ボーラ・ハンスグローエはその後も強力な逃げグループに加わったサム・ベネット(アイルランド)が2周目と3周目、4周目、5周目でトップ通過を果たすことに。

序盤に形成された逃げグループ。複数名を乗せたイネオスやミッチェルトン・スコットが牽引序盤に形成された逃げグループ。複数名を乗せたイネオスやミッチェルトン・スコットが牽引 (c)Karen M. Edwards/www.hammerseries.com逃げグループを単独で追うレムコ・イヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)逃げグループを単独で追うレムコ・イヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ) (c)CorVos

20%に迫るフィニッシュライン前の登り。毎周回激しい勝負が繰り広げられた20%に迫るフィニッシュライン前の登り。毎周回激しい勝負が繰り広げられた (c)Karen M. Edwards/www.hammerseries.com
逃げグループに選手を送りこめなかったドゥクーニンク・クイックステップはレムコ・イヴェネプール(ベルギー)を追走に回して合流させたものの、追走時間が長かったことで大量得点は狙えない。ダブルポイントとなる6周目もベネットが先頭通過したため、ボーラ・ハンスグローエはこの時点で800ポイントという圧倒的なリードを築くことに成功した。

ボーラ・ハンスグローエの圧勝かと思われたが、ここからレースが動いた。イヴェネプールのアタックによって5名が逃げ、ここにユンボ・ヴィズマは2名(ヨナス・ヴィンゲゴー&マイク・テウニッセン)を送り込むことに成功。ベネットはこの動きに乗れず、この時点で暫定5位につけるユンボ・ヴィズマは数の利で巻き返しを図った。

この5名は集団に追いつかれながらも、逃げ切ったテウニッセンが7周目を先頭通過。8周目はセーアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)が、続く9周目はルカ・メズゲッツ(スロベニア、ミッチェルトン・スコット)の背後でパスカル・エーンクホーン(オランダ)とテウニッセンのユンボ・ヴィズマコンビが2位&3位通過を果たし、ティム・ウェレンス(ベルギー)中心に動くロット・スーダルは着実に加点を繰り返したことで、ベネットの脱落を受け後半に失速したボーラ・ハンスグローエに代わって首位浮上。ユンボ・ヴィズマも暫定首位ロット・スーダルに34ポイント差、暫定2位ボーラ・ハンスグローエに15点差まで迫り、勝負は最終周回の着順に委ねられることに。

フィニッシュで200ポイントを得たマイク・テウニッセン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)フィニッシュで200ポイントを得たマイク・テウニッセン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ) (c)CorVos
逆転優勝を果たしたユンボ・ヴィズマ逆転優勝を果たしたユンボ・ヴィズマ (c)Karen M. Edwards/www.hammerseries.com
集団からは再び抜け出しが掛かり、テウニッセンやウェレンス、スヴェンエリック・ビストラム(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)を含む逃げグループが集団を振り切った状態で登りに突入する。先行するスウェーデン王者ルーカス・エリクソン(リワル・レディーネス)を捉えたテウニッセンが200ポイントを獲得し、ウェレンスは5位86ポイント止まりとなったためユンボ・ヴィズマが逆転。ハンマーシリーズ初日で勝利した。

「今日はメンバー全員が得点し、最終盤に入っても2人を残していたのが大きかった。今日の勝利には極めて重要なことだった」と語るのは初日勝利に貢献したテウニッセン。「逃げをコントロールできていたのも大切だった。10回中2回しか先着できなかったが、複数名で常に加点できたんだ」。

各チームはメンバーを入れ替え、翌日のハンマースプリントへと向かう。トップ3チームが激しい勝負を繰り広げたが、11位のディメンションデータ以下は100ポイントにも届かない苦しい出だしとなった。
ハンマーシリーズ・スタヴァンゲル2019 ハンマークライム結果
1位ユンボ・ヴィズマ1065ポイント
2位ロット・スーダル928.1ポイント
3位ボーラ・ハンスグローエ868.6ポイント
4位ミッチェルトン・スコット727.7ポイント
5位サンウェブ629.2ポイント
6位チームイネオス437.5ポイント
7位ドゥクーニンク・クイックステップ419.4ポイント
8位UAEチームエミレーツ375.2ポイント
9位リワル・レディーネス235.3ポイント
10位EFエデュケーションファースト106.2ポイント
11位ディメンションデータ94.4ポイント
12位CCCチーム53.1ポイント
13位カハルーラル・セグロスRGA52.1ポイント
14位トレック・セガフレード18.5ポイント
15位デルコ・マルセイユプロヴァンス0ポイント
16位イスラエルサイクリングアカデミー0ポイント
text:So.Isobe
photo:CorVos,Karen M. Edwards/www.hammerseries.com
Amazon.co.jp 
の画像 ピコピコ ハンマー
カテゴリー: Toy
メーカー: ノーブランド
最安価格: ¥ 850
アマゾン価格: ¥ 850
の画像 DCMA トイ ピコピコ ハンマー バトル 2人対戦 1点
カテゴリー: Office Product
メーカー: DCMA
最安価格: ¥ 2,160
アマゾン価格: ¥ 2,160
の画像 大五郎 石頭ハンマー 1.5kg
カテゴリー: Home Improvement
メーカー: 大五郎
参考価格: ¥ 1,111
最安価格: ¥ 1,111
アマゾン価格: ¥ 1,111