終盤の周回コースがニュートラル扱いになるほどの雨に降られたジロ・デ・イタリア第5ステージ。前日に落車負傷したトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)がレースを去る中、マリアチクラミーノを着るパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)がスプリント2勝目を飾った。


ステージに上がるNIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネステージに上がるNIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ photo:Kei Tsuji
5月15日(水)第5ステージ フラスカーティ〜テッラチーナ 140km ☆5月15日(水)第5ステージ フラスカーティ〜テッラチーナ 140km ☆ photo:RCS Sport5月15日(水)第5ステージ フラスカーティ〜テッラチーナ 140km ☆5月15日(水)第5ステージ フラスカーティ〜テッラチーナ 140km ☆ photo:RCS Sport

前日のフィニッシュ地点フラスカーティをスタートしたジロ第5ステージ。前半に標高700m級の峠と後半に4級山岳を含むステージ全体の難易度は低めだが、スタートからずっと降り続く雨が選手たちの体力を奪うタフなコンディションに。ドーピングへの関与疑惑が浮上したクリスティアン・コレン(スロベニア、バーレーン・メリダ)を除く171名が140kmの比較的距離の短い平坦ステージに挑んだ。

落車で左膝を負傷したトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)はスタートしたものの、ニュートラル区間終了後すぐにバイクを降りた。2017年の総合優勝者が無念のリタイア。続いてイエール・ファネンデル(ベルギー、ロット・スーダル)も怪我によってステージ序盤にリタイアを選択している。

エースを失ったサンウェブはルイス・フェルファーク(ベルギー)を逃げグループに送り込む作戦に出た。フェルファークとともに逃げたのはウンベルト・オルジーニ(イタリア、バルディアーニCSF)、エンリーコ・バルビン(イタリア、バルディアーニCSF)、イヴァン・サンタロミータ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)、ミゲル・フロレス(コロンビア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)というメンバー。マリアアッズーラを着るジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)は一旦は逃げグループに入ったものの、しばらくしてメイン集団に戻っている。

逃げグループの中で総合成績が最も良いのはフェルファークで、この日ディスクブレーキを選択したプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)から6分07秒遅れの総合75位。マリアローザの脅威になる逃げではないが、確実に集団スプリントに持ち込みたいグルパマFDJやボーラ・ハンスグローエ、ドゥクーニンク・クイックステップがタイム差を2分前後に押さえ込みながら雨のレースは進んだ。

スタート後すぐにバイクを降りたトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)スタート後すぐにバイクを降りたトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ) photo:CorVos
逃げグループを率いるウンベルト・オルジーニ(イタリア、バルディアーニCSF)逃げグループを率いるウンベルト・オルジーニ(イタリア、バルディアーニCSF) photo:Kei Tsuji
ロッカ・ディ・パーパに向かう逃げグループロッカ・ディ・パーパに向かう逃げグループ photo:Kei Tsuji
雨の中を進むメイン集団雨の中を進むメイン集団 photo:Kei Tsuji
降り止むどころか勢いを増す雨を考慮して、終盤に設定された9kmの周回コースでは総合タイムが争われないことが決定。残り9km地点のフィニッシュライン通過タイムが総合成績に反映され、仮に周回コースで脱落してもタイム差がつかない措置が取られた。

この日唯一のカテゴリー山岳である4級山岳でフェルファークが独走を開始すると、脱落したメンバーはメイン集団に吸収。先頭で独走を続けたフェルファークも残り23km地点で捕まり、大集団が水しぶきを上げながらテッラチーナの周回コースへと向かう。

ユンボ・ヴィズマを先頭に一旦フィニッシュラインを通過すると、総合狙いの選手たちは危険を回避するためにスローダウン。先頭では引き続きスプリンターチームがポジション争いを繰り広げ、テクニカルコーナーを含む土砂降りの周回コースを駆け抜けた。

ここまでUCIプロコンチネンタルチームの中で逃げグループに選手を送り込んでいないイスラエルサイクリングアカデミーがメンバーを揃えて集団先頭に上がるが、ボーラ・ハンスグローエやグルパマFDJが主導権を奪い返す。水たまりの点在する最終ストレートに入り、最終リードアウト役のジャコポ・グアルニエーリ(イタリア、グルパマFDJ)が先頭へ。

しかしアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)はリードアウトマンに続くことが出来ず、その隙を突いてフェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)が真っ先にスプリントを開始。「寒さで身体が動かなかった」というエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)を置き去りにし、正真正銘のステージ優勝に向かって加速したガビリアだったが、その後ろにはぴったりとマリアチクラミーノが張り付いた。

タイミングを見計らって加速したアッカーマンがガビリアのスリップストリームを飛び出す。ロングスプリントとなったガビリアはフィニッシュラインまで先頭を守ることが出来ない。ガビリアと同じ1994年生まれのアッカーマンが先頭を奪うとともに最高スピード64.8km/hの集団スプリントを制した。

スプリンターチームがメイン集団の先頭に立つスプリンターチームがメイン集団の先頭に立つ photo:LaPresse
スタートからフィニッシュまで降り続いた雨スタートからフィニッシュまで降り続いた雨 photo:LaPresse
フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)の後ろからパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)が発進フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)の後ろからパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)が発進 photo:Kei Tsuji
スプリントで先頭に立つパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)スプリントで先頭に立つパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji
両手を広げてフィニッシュするパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)両手を広げてフィニッシュするパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji
今大会ステージ2勝目を飾った25歳のアッカーマンは「ずっと冷たい雨が降り続いたので、どうしてプロ選手になろうと思ったのか自問したくなるような1日だった。でも相変わらず調子は良く、最後まで踏み切る力があった。残り250mで少し減速を強いられたけど、そこからガビリアが絶好のリードアウトになったんだ」とコメント。身長180cm/体重78kgの大柄な身体から繰り出すパワフルさだけでなく、ポジションを読む力でステージ優勝量産体制に入る。

初優勝を飾った第2ステージ以降、3位、4位、1位と上位入賞を繰り返すアッカーマンはポイント賞トップを快走中。ヘルメットやバーテープをシクラメン色に揃えるアッカーマンは「ヴェローナまで完走を目指すとともに、このマリアチクラミーノを着ながら残るスプリントのチャンスをしっかりと狙いたい。マリアチクラミーノを守るために必要であれば中間スプリントも狙っていくかもしれない」と語っている。

マリアローザのログリッチェをはじめとする総合上位陣はスプリント集団から1分ほど遅れてフィニッシュ。ニュートラル扱いによってタイム差は生まれず、サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)と35秒差、ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)と39秒差でマリアローザを守っている。

安全に雨のステージを終えた初山翔(NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)安全に雨のステージを終えた初山翔(NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ) photo:Kei Tsuji
ステージ2勝目を飾ったパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)ステージ2勝目を飾ったパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji
マリアローザに袖を通すプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)マリアローザに袖を通すプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ) photo:Kei Tsuji


ジロ・デ・イタリア2019第6ステージ結果
1位パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)3:15:44
2位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)
3位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
4位カレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)
5位マッテオ・モスケッティ(イタリア、トレック・セガフレード)
6位ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)
7位パオロ・シミオン(イタリア、バルディアーニCSF)
8位イエンセ・ビエルマンス(ベルギー、カチューシャ・アルペシン)
9位ジョヴァンニ・ロナルディ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)
10位マヌエル・ベレッティ(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)
158位初山翔(日本、NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ)
DNFトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)
DNFイエール・ファネンデル(ベルギー、ロット・スーダル)
DNSクリスティアン・コレン(スロベニア、バーレーン・メリダ)
マリアローザ 個人総合成績
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)19:35:04
2位サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)0:00:35
3位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:00:39
4位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)0:00:44
5位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
6位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:49
7位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)0:00:55
8位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:00:56
9位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:01:02
10位ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:01:06
マリアチクラミーノ ポイント賞
1位パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)121pts
2位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)93pts
3位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)86pts
マリアアッズーラ 山岳賞
1位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)24pts
2位フランソワ・ビダール(フランス、アージェードゥーゼール)6pts
3位マルコ・フラッポルティ(イタリア、アンドローニジョカトリ・シデルメク)4pts
マリアビアンカ ヤングライダー賞
1位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)19:35:48
2位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーションファースト)0:00:32
3位パヴェル・シヴァコフ(ロシア、チームイネオス)0:00:40
チーム総合成績
1位ボーラ・ハンスグローエ58:48:06
2位ミッチェルトン・スコット0:00:29
3位UAEチームエミレーツ0:00:36
text&photo:Kei Tsuji in Terracina, Italy
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ ブレーキシュー BR-R9100 前後セット R55C4 33550
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 38,754
最安価格: ¥ 28,400
アマゾン価格: ¥ 28,400