獲得標高差3,100mの山岳コースで行われたツール・ド・ロマンディ第1ステージでゲラント・トーマス(イギリス、チームイネオス)らビッグネームがアタックを連発。最終的な20名の小集団スプリントでプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)が勝利し、大会連覇に駒を進めた。


スイス西部のロマンディ地方を走るスイス西部のロマンディ地方を走る photo:Tour de Romandie
大会開幕地ヌシャテルをスタートし、北部のラ・ショー・ド・フォンに向かう168kmで行われたツール・ド・ロマンディ第1ステージ。合計5つの2級山岳が設定されたコースの獲得標高差は3,100mに達する。最終的な総合争いを見据えたオールラウンダーたちの積極的なアタック合戦が「登れるスプリンター」たちからチャンスを奪った。

ツール・ド・ロマンディ2019第1ステージツール・ド・ロマンディ2019第1ステージ photo:Tour de Romandie逃げ切り向きとも言えるこのステージで、ディエゴ・ローザ(イタリア、チームイネオス)やエロス・カペッキ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)、マチェイ・ボドナル(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)、チャド・ハガ(アメリカ、サンウェブ)ら13名が逃げる展開。その中で2級山岳を連続先頭通過したシモン・ペロー(スイス、スイスサイクリングチーム)が山岳賞トップに立ったが、ステージ後半にタイム差は縮小する。残り25km地点に位置する最後の2級山岳トゥルヌ峠(距離4.2km/平均7.2%)で逃げグループは吸収された。

2級山岳トゥルヌ峠でのヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーションファースト)の徹底的な引きによってカウンターアタックが潰されるとともにメイン集団は人数を減らしていく。ここでイエロージャージを着るヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)は脱落。同じくスプリンターたちも姿を消した。


序盤から13名で形成された逃げグループ序盤から13名で形成された逃げグループ photo:Tour de Romandie
イエロージャージを着て走るヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)イエロージャージを着て走るヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ) photo:Tour de Romandie
山頂通過後の平坦区間でアタックしたエマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)が独走を開始する。引き続きカーシーが献身的な集団牽引を行なったものの、タイム差が30秒まで拡大して残り15km。すると、カテゴリーの付いていない登り(距離1.7km/平均7.6%)でゲラント・トーマス(イギリス、チームイネオス)が動いた。

残り12km地点でアタックを仕掛けた2018年ツール・ド・フランス覇者にはダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)とマイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト)が追いつき、3名で先頭ブッフマンまでジャンプアップに成功する。しかし先頭4名はうまく協調体制を築けずに残り5km地点で小集団に引き戻された。

こうして20名の小集団がフィニッシュ地点ラ・ショー・ド・フォンまでの平坦路に入る。残り4kmを切ってから、常時50km/hで巡航する小集団からイルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)やダミアン・ホーゾン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)らが抜け出しを図るが決まらない。

2012年にブラドレー・ウィギンズ(イギリス)が集団スプリントを制したラ・ショー・ド・フォンのフィニッシュラインに向かって、再びアタックしたトーマスが独走でフラムルージュを駆け抜ける。しかしこのトーマスの再度のアタックも決まらず、残り200mでトーマスを飲み込むと同時に始まった小集団スプリントでログリッチェが勝利した。

スプリントで競り合うプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)らスプリントで競り合うプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)ら photo:Tour de Romandie
20名による小集団スプリントを制したプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)20名による小集団スプリントを制したプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ) photo:Tour de Romandie
「多くの登りが詰め込まれた厳しいステージを勝利で締めくくることができてよかった。集団スプリントでは負けることが多かったので、今日ようやく勝ててとても気持ちが良いよ」。ログリッチェは今シーズン5勝目を飾るとともにトラトニクからイエロージャージを奪った。

今シーズン、UAEツアーとティレーノ〜アドリアティコという2つのUCIワールドツアーレースで総合優勝を果たし、ステージレースで負けなしの状態でロマンディ連覇に挑んでいたログリッチェ。高地トレーニングを終えたばかりのログリッチェが、10日後に迫ったジロ・デ・イタリアに向けて好調ぶりを見せつけた。


ツール・ド・ロマンディ2019第1ステージ
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)4:15:18
2位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)
3位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)
4位マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト)
5位ダミアン・ホーゾン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
6位カールフレドリク・ハーゲン(ノルウェー、ロット・スーダル)
7位エドゥアルド・セプルベダ(アルゼンチン、モビスター)
8位ヤン・ヒルト(チェコ、アスタナ)
9位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)
10位ギヨーム・マルタン(フランス、ワンティ・グループゴベール)
個人総合成績
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)4:20:15
2位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)0:00:10
3位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)0:00:12
4位ゲラント・トーマス(イギリス、チームイネオス)0:00:13
5位カルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア、モビスター)0:00:14
6位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:15
7位ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)0:00:17
8位ジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:18
9位ダミアン・ホーゾン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
10位ウィネル・アナコナ(コロンビア、モビスター)0:00:19
ポイント賞
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)75pts
2位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)37pts
3位ヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)30pts
山岳賞
1位シモン・ペロー(スイス、スイスサイクリングチーム)30pts
2位ディエゴ・ローザ(イタリア、チームイネオス)22pts
3位パトリック・シェリング(スイス、スイスサイクリングチーム)16pts
ヤングライダー賞
1位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)4:20:27
2位ジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:06
3位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファースト)0:01:00
チーム総合成績
1位モビスター13:01:38
2位EFエデュケーションファースト0:01:50
3位アスタナ0:02:13
Amazon.co.jp 
の画像 ロマンシング サ・ガ 3 ウィンディ・テイル
カテゴリー: Music
メーカー: NTT出版
参考価格: ¥3,204
最安価格: ¥2,955
アマゾン価格: ¥3,204
の画像 若井産業 WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム 2×6 ディアウォールS ホワイト DWS26W
カテゴリー: Home Improvement
メーカー: 若井産業(Wakaisangyo)
参考価格: ¥ 1,628
最安価格: ¥ 1,270
アマゾン価格: ¥ 1,628
の画像 テレマークの要塞(スペシャル・プライス) [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: 復刻シネマライブラリー
参考価格: ¥ 2,200