4月30日、スイス西部で第73回ツール・ド・ロマンディが開幕した。6日間の大会の初日、3.8kmの個人タイムトライアルで、前年度の覇者プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)を1秒差で下した同郷のヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)がイエロージャージに袖を通した。


トップタイムをマークしたヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)トップタイムをマークしたヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ) photo:Tour de Romandie
第二次世界大戦後すぐの1947年に初開催され、以降毎年欠かさず開催されているツール・ド・ロマンディ。2019年で開催73回目を迎える歴史あるステージレースであり、2005年からUCIプロツアー(現UCIワールドツアー)カレンダーに組み込まれている。大会期間は6日間で、アルデンヌクラシックを走り終えたばかりの選手やグランツールに向けて調整を続ける選手たちが出場する。

ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれたスイスには4つの言語圏が存在する。ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つが公用語とされており、フランス語(厳密に言うとスイスフランス語)が第1公用語として話されている同国西部のロマンディ地方がレースの舞台となる。

ツール・ド・ロマンディ2019プロローグツール・ド・ロマンディ2019プロローグ photo:Tour de Romandie第73回大会はフランス国境に近いヌシャテルで開幕。ヌシャテル湖畔の街中を駆け抜ける3.8kmのプロローグ(個人タイムトライアル)には、中盤にかけて高低差50m弱のアップダウンが組み込まれたもの。平均スピードが45km/hを超えるレース時間5分強の戦いで、スロベニアTTチャンピオンがトップタイムをマークした。

前年度の総合優勝者プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)が暫定トップタイムを記録したが、スロベニアTTチャンピオンジャージを着るヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)がそれを1秒更新。最終走者ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)が8秒遅れのタイムでレースを終えたところで、トラトニクのステージ優勝が決まった。

前年度覇者プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)は1秒差のステージ2位前年度覇者プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)は1秒差のステージ2位 photo:Tour de Romandie
1990年2月23日生まれ、スロベニアの首都リュブリャナ出身の29歳トラトニク。2011年にクイックステップ入りしたものの、翌年からUCIコンチネンタルチームとUCIプロコンチームを転々とし、今シーズン、バーレーン・メリダで8年ぶりにUCUワールドチームに復帰した。2度のスロベニアTTタイトルを含めてスロベニア国内のUCIレースを中心に成績を残しているが、UCIワールドツアーレベルの勝利はこれが初めて。

「この結果には驚いているけど、全力を出せば必ず良い結果を出せると信じていた。自分にとって特別なUCIワールドツアーレース初勝利。良い友達のログリッチェにいつもTTで負け続けていたから、彼に勝つことができて嬉しいよ」とトラトニクはコメントする。ステージ2位のログリッチェは1989年10月29日生まれの29歳でトラトニクと同年代。ジロ・デ・イタリア出場予定のログリッチェはステージ優勝こそ逃したものの、大会連覇に向けて好スタートを切ったと言える。

チームスカイからチームイネオスに名称を変更し、新チーム名での初戦を迎えたゲラント・トーマス(イギリス)はステージ5位。ツール・ド・フランスに向けて順調な仕上がりを見せている。なお、チームイネオスがロマンディで着用するジャージは仮のデザインで、正式なイネオスジャージは5月2日開幕のツール・ド・ヨークシャーで披露される。UCIはレース期間中のジャージ変更を禁じているため、正式ジャージ発表後もロマンディでは仮ジャージを使用する。

参考までに、ステージ6位に入ったアレックス・ドーセット(イギリス、カチューシャ・アルペシン)のSTRAVAログを見ると、ドーセットは5分13秒間にわたって平均487Wを出力。直線区間では概ね500W以上を出力しており、レース中盤の下り区間で最高速が73.4km/hに達している。

注目の新人レムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)は14秒差のステージ57位。4月にアワーレコードを更新したヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)は落車によって最下位となるステージ139位でレースを終えている。

イエロージャージを手にしたヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)イエロージャージを手にしたヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ) photo:Tour de Romandie
ツール・ド・ロマンディ2019プロローグ結果
1位ヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)0:05:09
2位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)0:00:01
3位トム・ボーリ(スイス、UAEチームエミレーツ)
4位トニー・マルティン(ドイツ、ユンボ・ヴィズマ)0:00:04
5位ゲラント・トーマス(イギリス、チームイネオス)
6位アレックス・ドーセット(イギリス、カチューシャ・アルペシン)
7位シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)0:00:05
8位カルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア、モビスター)
9位マチェイ・ボドナル(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)
10位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)
個人総合成績
1位ヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)0:05:09
2位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)0:00:01
3位トム・ボーリ(スイス、UAEチームエミレーツ)
4位トニー・マルティン(ドイツ、ユンボ・ヴィズマ)0:00:04
5位ゲラント・トーマス(イギリス、チームイネオス)
6位アレックス・ドーセット(イギリス、カチューシャ・アルペシン)
7位シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)0:00:05
8位カルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア、モビスター)
9位マチェイ・ボドナル(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)
10位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)
ポイント賞
1位ヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)30pts
2位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)25pts
3位トム・ボーリ(スイス、UAEチームエミレーツ)22pts
ヤングライダー賞
1位バンジャマン・トマ(フランス、グルパマFDJ)0:05:12
2位フィリッポ・ガンナ(イタリア、チームイネオス)0:00:01
3位ジェームス・ノックス(イギリス、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:03
チーム総合成績
1位ユンボ・ヴィズマ0:15:31
2位UAEチームエミレーツ0:00:02
3位グルパマFDJ0:00:07
Amazon.co.jp 
の画像 スロヴェニア~旧ユーゴの優等生 (ユーラシア文庫)
カテゴリー: Book
メーカー: 群像社
参考価格: ¥990
最安価格: ¥990
アマゾン価格: ¥990
の画像 KIWISTAR ステッカー - Slovenia スロベニア - 5つのサイズの国の旗バンパーステッカーで利用可能
カテゴリー: Automotive Parts and Accessories
メーカー: Kiwistar
最安価格: ¥ 1,545
アマゾン価格: ¥ 1,285