雨に伴う落車と3級山岳で絞り込まれた4名によるスプリント。Aイェーツやポガチャル、フルサングを振り切って、リーダージャージを着るマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)が怒涛のステージ3勝目を掴んだ。

バスク州の州都ビトリア=ガステイスをスタートバスク州の州都ビトリア=ガステイスをスタート photo:CorVos
バスク州の州都ビトリア=ガステイスからアリゴリアガまでの164kmで行われたイツリア・バスクカントリー第4ステージ。獲得標高差2,600mのアップダウンコースの最後には3級山岳サラタモ(全長3.1km/平均3.6%/最大11%)が設定されている。気温8度ほどの冷たい雨が路面を濡らした。

前日に落車し、総合争いから脱落したジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)は「アルデンヌクラシック」を見据えてスタートせず。同じく落車したミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)はスタートを切ったが、リカバリーを優先するためにステージ途中でバイクを降りている。

スリッピーなコースで逃げを打ったのはアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、CCCチーム)やマキシム・モンフォール(ベルギー、ロット・スーダル)、カルロス・ベローナ(スペイン、モビスター)ら7名。この日もボーラ・ハンスグローエが集団コントロールの役目を担い、リーダージャージを着るシャフマンのためにタイム差を3分前後に抑え込んだ。

アタックを仕掛けるアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、CCCチーム)アタックを仕掛けるアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、CCCチーム) photo:CorVos
雨の中を逃げ続けるアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、CCCチーム)ら雨の中を逃げ続けるアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、CCCチーム)ら photo:CorVos
降りしきる雨の中、逃げグループは人数を減らしながらも残り38km地点の1級山岳ビコツガネ(全長4.9km/平均8.5%)を1分遅れで通過。しかしステージ優勝に興味を示すミッチェルトン・スコットがペースアップを開始したため、最後まで抵抗したデマルキとベローナも残り13km地点で吸収された。

第2ステージのパンクで総合争いから脱落したアダム・イェーツ(イギリス)のステージ優勝をお膳立てすべく、ミッチェルトン・スコットが集団先頭に立ってスピードを上げる。最後の3級山岳サラタモに向けて位置どり争いが激しくなる中、雨で完全にウェットなコーナーで先頭を走るアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)がスリップダウン。このカザフスタンチャンピオンの転倒が後続の大落車に繋がり、エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ)やペリョ・ビルバオ(スペイン、アスタナ)が巻き込まれた。

先頭では落車を免れたミッチェルトン・スコットが主導権を握って3級山岳サラタモへ。下り区間を含む不規則なこの登りでチームメイトたちにリードアウトされたAイェーツがフィニッシュまで4kmを切ったところで満を持してアタック。この動きに対応できたのは、シャフマンとタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)、ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)の3名だけだった。

雨に濡れた危険な下りを終えて、先頭4名がステージ優勝に向けたスプリント体制に入る。先頭を引き続け、そのまま躊躇することなくスプリントに持ち込んだのはポガチャル。2018年にツール・ド・ラヴニールで総合優勝し、ジャパンカップで11位の成績を残した20歳のポガチャルが2月のヴォルタ・アン・アルガルヴェ総合優勝に続く金星を狙ったが、好調シャフマンの加速力がそれを上回った。

スプリントで競り合うマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)とタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)スプリントで競り合うマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)とタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ) photo:CorVos
ステージ3勝目を飾ったマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)ステージ3勝目を飾ったマキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) photo:CorVos
シャフマンが第1ステージと第3ステージに続くステージ3勝目。ハットトリックを達成したシャフマンは「3勝するなんて想像もしていなかった。天候は予報よりもずっと悪くて、ずっと雨が降り続く寒い1日だった。疲れ切っていたものの、勝利を渇望する気持ちも強く、完璧なポジションからスプリントを開始したんだ」と語る。

ボーナスタイムを加算したシャフマンはチームメイトのパトリック・コンラッド(オーストリア)と51秒差、ヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)と52秒差で総合首位を快走する。1級山岳の山頂フィニッシュが設定された翌日の難関ステージについてシャフマンは「ハードなステージだけど、全力を尽くして最善の成績を残すだけだ」と語っている。


イツリア・バスクカントリー2019第4ステージ結果
1位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)4:03:55
2位タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)
3位エンリコ・バッタリーン(イタリア、ユンボ・ヴィズマ)0:00:01
4位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)
5位マルク・ヒルシ(スイス、サンウェブ)0:00:09
6位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
7位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)
8位ヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)
9位ヴァランタン・マデュアス(フランス、グルパマFDJ)
10位ビョルグ・ランブレヒト(ベルギー、ロット・スーダル)
個人総合成績
1位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)12:38:16
2位パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:51
3位ヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)0:00:52
4位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファースト)0:01:07
5位ダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)0:01:08
6位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:01:10
7位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)0:01:24
8位ディラン・トゥーンス(ベルギー、バーレーン・メリダ)0:01:30
9位ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)0:01:35
10位ミケル・ニエベ(スペイン、ミッチェルトン・スコット)0:01:38
ポイント賞
1位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)89pts
2位ヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)40pts
3位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)35pts
山岳賞
1位ガリコイツ・ブラーボ(スペイン、エウスカディ・バスクカントリー)12pts
2位ジュリアン・ベルナール(フランス、トレック・セガフレード)12pts
3位アレッサンドロ・デマルキ(イタリア、CCCチーム)11pts
ヤングライダー賞
1位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)12:38:16
2位ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFエデュケーションファースト)0:01:07
3位マルク・ヒルシ(スイス、サンウェブ)0:01:49