ドイツの新興カーボンパーツブランド、バイクアヘッドよりディスクブレーキロードホイールの「biturboRoad」が登場。リム・スポーク・ハブがカーボン一体成型されたコンプレッション構造を持ち、6本スポークの独創的なルックスとともに、優れた剛性と軽量性を実現している。



バイクアヘッド biturboRoadバイクアヘッド biturboRoad (c)ポディウム
カーボン素材専業で各分野の製品開発を行う、ドイツのオールアヘッド社が展開しているサイクルパーツブランドがバイクアヘッドだ。製品はすべてドイツの自社工場にて熟練の職人の手によって作られており、2010年に創業した新興ブランドながら高性能、高精度、高品質を特徴とし、既に世界的にも高い評価を受けている。

そんなバイクアヘッドより、6本スポークの独創的なルックスに仕上がるディスクブレーキロードホイール「biturboRoad(ビターボ ロード)」が登場した。最大の特徴はリム・スポーク・ハブがカーボン一体成型されたコンプレッション構造を採用している点だろう。ホイール全体をカーボンモノコックとすることで高い剛性を生み出すとともに軽量化にも貢献。クリンチャータイプのディスクブレーキホイールながら、重量は前後セットで1139gと圧倒的な軽さを誇っている。

カーボン一体成型されたコンプレッション構造を採用するカーボン一体成型されたコンプレッション構造を採用する (c)ポディウムリムハイトはオールラウンドに使いやすい34mm。スポークはエアロ形状を纏うリムハイトはオールラウンドに使いやすい34mm。スポークはエアロ形状を纏う (c)ポディウム

また剛性と重量、そしてエアロダイナミクスのバランスを研究した結果、スポークは6本が最適という結論に達したのだと言う。各スポークの形状も空気を切り裂くようなエアロデザインが与えられており、空力性能向上を図っている。リムハイトはオールラウンドに使いやすい34mmで、内幅20mmのワイドリムに仕上がる。

ホイール表面はマット仕上げが施され、UDカーボンの美しさが引き立つ見た目に。ホイールバッグ、リムテープ、チューブレスバルブが付属する。価格は前後セットで499,800円(税抜)。取り扱いはポディウムだ。




バイクアヘッド biturboRoad
タイヤタイプ:クリンチャー
リムプロファイル:ハイト34mm、内幅20mm
重量:1139g(前後セット)
フリーボディ:シマノ&スラム ※カンパニョーロ別売
ライダー体重制限:95kg
スルーアクスル:12x100mm、12x142mm
付属品:ホイールバッグ、リムテープ、チューブレスバルブ
価格:499,800円(税抜、前後セット)

リンク

同じ製品カテゴリーの記事

ライトウェイト OBERMAYER EVO、MEILENSTEIN EVO 究極の回転体と名高いプレミアムホイール2種を一気にテスト Gakuto Fujiwara 2024/05/20(月) - 15:00
製品インプレッション

最新ニュース(全ジャンル)