福島晋一さんがフランス式自転車コーチングセミナーを大阪市阿倍野区にあるプロショップ、アベノバで開催する。フランス人コーチであるフランソワ・アントワンを招き、フランス車連で行われているジュニア選手のバーンアウトを防ぐコーチングについて学ぶ事が出来る。以下、プレスリリースより紹介しよう。


フランス式自転車コーチングセミナー 大阪 イン アベノバ

福島晋一さん主催のフランス式コーチングセミナーが大阪市阿倍野区で開催される福島晋一さん主催のフランス式コーチングセミナーが大阪市阿倍野区で開催される (c)ボンシャンス
20歳以降にピークを迎えられるように指導するにはどうしたらよいか。子供のバーンアウトを防ぐには? 将来、日本の黄金期を築くために今やらなくてはいけないことは。フランスのコーチエデュケーターを迎え、共に考えながら日本にあったコーチングシステムの構築を目指す。(参加者の声を反映させます。)

講義内容
初日:フランスロードレース構成、フランスの選手発掘方法、コーチの役割と責務、年代別、カテゴリー別身体組成の修得、若年の身体の準備
2日目:9歳から14歳までの運動強度ゾーン、15歳から18歳まで(カデジュニア)の運動強度ゾーン、アマチュアチーム(自転車学校を含む)の運営、競技運営

※時間と参加者の要望により変更の可能性あり。休息は参加者の様子を見て講師が挟みます。講義は進度によってずれ込むことがあります。

講師:フランソワ・アントワン
フランス人コーチ、フランソワ・アントワンを招いて行われる フランス人コーチ、フランソワ・アントワンを招いて行われる (c)ボンシャンスフランス アミアンのJules Verne 大学でトレーニングとパフォーマンス(BAC+3)のディプロマを取得。フランス車連FFCのコーチエデュケーターライセンス取得。フォルマチオンでコーチの育成セミナーをする傍らセーヌマルティン県の選抜チーム、ピカルディー地方の選抜チームの監督を務める。

通訳:小島裕樹
日本自転車競技連盟1級審判(ロード・トラック・シクロクロス)、日本スポーツ 協会公認コーチ、ラジオツール(日本語、英語、フランス語)、翻訳(仏語、シクロクロス教本、自転車学校テキストなど多数)FFCのコーチ研修エデュカトウール受講経験あり

セミナー概要
受講対象:コーチ、アシスタントとして自転車競技に携わるすべての方
講習期間:2019年2月16日(土)9時30分から17時
     2019年2月17日(日)9時30分から17時
日程:2月16日(土)
9:15~9:30 受付
9:30~12:00 講義
12:00~13:30 昼食
13:30~17:00 講義または実技
2月17日(日)
9:30~12:00 講義
12:00~13:30 昼食
13:30~17:00 講義または実技
会場:スポーツサイクル プロショップ アベノバ
   〒545-0014 大阪市阿倍野区西田辺町 2-6-21
   tel 06-6629-8070 fax 06-6629-8071
受講経費:2日間参加 15,000円(1月31日までに申し込みの方は12,000円)
     いずれか1日のみの参加の方は半額になります。
定員:25名
持ち物:実走の予定あり。後日連絡します。
申込方法:ボンシャンスホームページ https://bonnechance.jp/seminar/
     セミナーからメッセージを送ってください。
     氏名、住所、電話番号、所属(チーム名・会社名・学校名)をお知らせください。
申込期間:事前申し込み 2018年1月15日~1月31日まで。
     締め切り以降の申し込みは2月15日まで空きがありましたら受け付けます。