スリッピーな泥に覆われたナミュール要塞でのUCIシクロクロスワールドカップ第6戦。テクニックとパワーで圧倒したマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)が今季17勝目を飾った。



オフキャンバー区間で先頭を奪うマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)オフキャンバー区間で先頭を奪うマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス) photo:CorVos
クリスマスから年末年始のホリデーシーズンにかけて、ほぼ2日おきにビッグレースが連続する欧州シクロクロスカレンダー。その皮切りとなるシクロクロスワールドカップ第6戦の舞台は、数々のロードレースで使用されているベルギーはワロン地方のナミュール城塞だ。

絶え間なく高低差の大きなアップダウンや、斜面を横切る滑りやすいオフキャンバー、担ぎセクションが連続するコースには雨が降り、舗装路を除くほぼ全面が滑りやすい泥に覆われた。

欧州遠征後半戦をスタートさせた竹之内悠(東洋フレーム)、宇都宮シクロクロスで勝利を分け合ったスティーブ・シェネル(フランス、チームシャザル・キャニオン)とフェリペ・オルツ(スペイン、DELIKIA - GINESTAR)も顔を揃えたこのレースは、ローレンス・スウィーク(ベルギー、パウエルスサウゼン・ファストフートサービス)の好スタートで幕開ける。

スタートダッシュを決めたローレンス・スウィーク(ベルギー、パウエルスサウゼン・ファストフートサービス)は8位にスタートダッシュを決めたローレンス・スウィーク(ベルギー、パウエルスサウゼン・ファストフートサービス)は8位に photo:CorVos淡々とポジションを上げるワウト・ヴァンアールト(ベルギー、チベル・セボンオフロードチーム)淡々とポジションを上げるワウト・ヴァンアールト(ベルギー、チベル・セボンオフロードチーム) photo:CorVos

スリッピーなコースではいたるところでスリップダウンが続出スリッピーなコースではいたるところでスリップダウンが続出 photo:CorVos
向かう所敵なし状態のマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)が3番手で駆け出した一方、ユンボ・ビスマ加入を表明した世界王者ワウト・ヴァンアールト(ベルギー、チベル・セボンオフロードチーム)はペダルキャッチをミスし、隊列中盤からの追い上げる展開に。世界王者は「スタートに集中するあまりミスしてしまった。ランニングのために取り付けたスパイクピンを滑らせてしまった」と振り返っている。

先頭グループはファンデルポールやワールドカップリーダーのトーン・アールツ(ベルギー、テレネット・フィデア)を含む6名となり、やがてアールツの加速によって3名(ファンデルポール、アールツ、マイケル・ファントーレンハウト)に絞られる。すると、ペダリングすることさえ困難なオフキャンバーで加速したファンデルポールが一気に先頭を奪った。

「足の具合もよかったし、遂にやってきた泥コンディションを楽しむことができた」と言うファンデルポールの走りはまさに圧倒的。ファステストラップを叩き出しながら進む欧州王者は、スリップダウンするアールツや、3周目にして2番手グループまで上がってきたヴァンアールトを尻目に独走をキープ。スリッピーな泥に数度タイヤを取られながらも、その勢いは止まるところを知らなかった。

圧倒的なペースで独走するマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)圧倒的なペースで独走するマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス) photo:CorVos
深い泥に埋もれた担ぎ上げ区間深い泥に埋もれた担ぎ上げ区間 photo:CorVosウイリーでフィニッシュラインを切ったマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)ウイリーでフィニッシュラインを切ったマチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス) photo:CorVos


猛烈なプッシュを続けるヴァンアールトに対し、まずはテクニカル区間のリズムが悪いアールツが遅れ、ファントーレンハウトも追従できず。バイクトラブルによって後退したファントーレンハウトをアールツが抜き去ったことで表彰台メンバーが選び出された。

独走となってから30分以上ハイペースを維持したファンデルポールが今季17勝目を達成。「このコンディションでは、自分のペースを超えた途端にミスを起こしてしまう。だからリードが安全圏に到達するまでは非常に難しいレースだった」と欧州王者は言う。

UCIシクロクロスワールドカップ2018-2019第6戦表彰台UCIシクロクロスワールドカップ2018-2019第6戦表彰台 photo:CorVos
「ずっと追い上げる展開が続いたけれど、例えスタートでミスせずとも優勝は無理だった」と、ファンデルポールの走りを讃えたのは、またしても2位に終わったヴァンアールト。「でも、今の自分の目標はステップアップすること。それで言えば十分満足できる結果だった」とコメントしている。

またこの日、竹之内は61位、男子U23に出場した梶鉄輝はDNFに終わっている。


UCIシクロクロスワールドカップ2018-2019第6戦結果
1位マチュー・ファンデルポール(オランダ、コレンドン・サーカス)1:03:37
2位ワウト・ヴァンアールト(ベルギー、チベル・セボンオフロードチーム)1:04:41
3位トーン・アールツ(ベルギー、テレネット・フィデア)1:05:27
4位ヨリス・ニューウィンハイス(オランダ、サンウェブデヴェロップメント)1:05:39
5位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、マーラックス・ビンゴール)1:05:58
6位コルヌ・ファンケッセル(オランダ、テレネット・フィデア)1:07:00
7位マルセル・マイセン(ドイツ、コレンドン・サーカス)1:07:07
8位ローレンス・スウィーク(ベルギー、パウエルスサウゼン・ファストフートサービス)1:07:15
9位ジャンニ・ヴェルメールシュ(ベルギー、ステイラーツ777) 1:07:18
10位ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)1:07:27
61位竹之内悠(東洋フレーム)Lap
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 IRC≪アイアールシー≫ SERAC CX MUD TUBELESS 700×32C タイヤ×2 +zitensyadepoステッカー
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC(アイアールシー)
最安価格: ¥ 9,980
アマゾン価格: ¥ 9,980
の画像 Vittoria(ビットリア) タイヤ テレーノ
カテゴリー: Sports
メーカー: Vittoria(ビットリア)
の画像 IRC tire チューブレスレディースタイヤヨウシーラントボトル 500ml 991102
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 2,203
最安価格: ¥ 1,669
アマゾン価格: ¥ 1,669