2週間後に全日本選手権の舞台となる滋賀県北部のマキノ高原で行われたJCX第8戦。UCI登録の男子エリートはマッチスプリントを制したアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)に軍配。女子エリートは高校3年生の松本璃奈(TEAM SCOTT)がスクゥイッド勢の連勝にストップをかけた。



男子エリート 94名がスタートを切る男子エリート 94名がスタートを切る photo:Kei Tsuji
男子エリート 先頭を争いながら上りをこなしていく男子エリート 先頭を争いながら上りをこなしていく photo:Kei Tsuji男子エリート 好スタートを切った小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)男子エリート 好スタートを切った小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) photo:Kei Tsuji

スターライト幕張(UCIクラス2)とRaphaスーパークロス野辺山(UCIクラス2&1)が連続し、毎週末UCI登録レースが続いた2018年11月。国内のハイシーズンとも言えるシクロクロス月間を締めくくるUCIクラス2のレースが滋賀県高島市のマキノ高原で開催された。

年間シリーズ12戦が開催されるJCXシリーズの第8戦にあたる関西シクロクロスマキノラウンド。なだらかなスキー場を利用したコースはスタートとフィニッシュの舗装路を除いて一面枯れ草に覆われており、そこにいくつものキャンバー(急坂)や名物となったフライオーバー(立体交差)が組み合わされている。例年は日本海から流れ込む雲によって悪天候に見舞われがちだが、レースが開催された土曜日と日曜日はいずれも最高気温が15度まで上がる"マキノらしくない"好天となった。

幕張と野辺山土曜日の覇者であるアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)や、エミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)、ギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP)といった、UCIレースの連戦出場のために日本に数週間滞在するのがすっかりお馴染みとなった海外勢にとってはこれが日本最終戦。迎え撃つのは、2週間後にマキノ高原で開催されるシクロクロス全日本選手権に向けて調整を続ける日本人選手たち。遠征をパスした野辺山日曜日の覇者である前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)を除く日本のトップCXレーサーが揃った。

男子エリート 先行するアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)、エミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)、ギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP)男子エリート 先行するアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)、エミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)、ギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP) photo:Kei Tsuji
男子エリート ギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP)を先頭にキャンバーセクションを通過男子エリート ギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP)を先頭にキャンバーセクションを通過 photo:Kei Tsuji男子エリート キャンバーセクションは大混雑男子エリート キャンバーセクションは大混雑 photo:Kei Tsuji
男子エリート 先行するアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)とエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)男子エリート 先行するアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)とエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ) photo:Kei Tsuji男子エリート 日本人選手で構成された5番手パック男子エリート 日本人選手で構成された5番手パック photo:Kei Tsuji

スタートからの上り区間で先行したのは全日本チャンピオンの小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)だった。ここにミルバーンとクラーク、ヘケレが続き、やがて小坂が落車で脱落する。徐々に先行する海外勢三人衆に唯一食らいつくことができたのは「せっかく海外から参戦している選手についていかないわけにはいかなかった。オーバーヒート覚悟についていった」という織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)だった。

やがて前週の野辺山でもバトルを繰り広げたクラークとヘケレが互いにアタックを繰り返しながら先行し、これをミルバーンと織田の2人が追う展開に。その後ろでは小坂や竹之内悠(東洋フレーム)、沢田時(チームブリヂストンサイクリング)、丸山厚(Team RIDLEY)、横山航太(シマノレーシング)、竹内遼(FUKAYA RACING)らが追走パックを形成し、その中から高校生の村上功太郎(松山工業高校)が抜け出すシーンも。

後半に入ってもクラークとヘケレは付かず離れずの攻防を続け、3位以下を振り切りながら、そして80%ルールで実に65名の選手をレース外にふるい落としながら周回。概ね1周7分強で周回していた両者は最終周回に6分45秒という強烈なラップタイムをマークする。キャンバーセクションを越えてもフライオーバーを越えてもシケインを越えても2人の距離は広がらず、舗装路での上りスプリント勝負に。先行するヘケレとのマッチスプリントでクラークが勝利した。

男子エリート ばらけないまま最終周回に向かうアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)とエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)男子エリート ばらけないまま最終周回に向かうアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)とエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ) photo:Kei Tsuji
男子エリート 一進一退の攻防を繰り広げるアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)とエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)男子エリート 一進一退の攻防を繰り広げるアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)とエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ) photo:Kei Tsuji男子エリート 5番手パックから抜け出しを図る村上功太郎(松山工業高校)男子エリート 5番手パックから抜け出しを図る村上功太郎(松山工業高校) photo:Kei Tsuji
男子エリート 2週間後の全日本選手権でタイトル防衛がかかった小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)男子エリート 2週間後の全日本選手権でタイトル防衛がかかった小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム) photo:Kei Tsuji男子エリート ミルバーンの前に出る織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)男子エリート ミルバーンの前に出る織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Kei Tsuji
男子エリート ハイペースで周回を重ねるアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)男子エリート ハイペースで周回を重ねるアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド) photo:Kei Tsuji男子エリート 7番手を走る沢田時(チームブリヂストンサイクリング)男子エリート 7番手を走る沢田時(チームブリヂストンサイクリング) photo:Kei Tsuji
男子エリート 徐々にポジションを上げる竹之内悠(東洋フレーム)男子エリート 徐々にポジションを上げる竹之内悠(東洋フレーム) photo:Kei Tsuji男子エリート 単独3番手となったギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP)男子エリート 単独3番手となったギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP) photo:Kei Tsuji
男子エリート フライオーバーを越えるアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)とエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)男子エリート フライオーバーを越えるアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)とエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ) photo:Kei Tsuji
「エミルと互いにアタックを繰り返しながら周回を重ねていくうちに、これは最後まで差が生まれないと思った。最終周回で彼が何回もアタックしたけど落ち着いて反応して、彼の後ろで息を整えながら、冷静にスプリントのギアを考えながら勝負に備えたんだ。そして最後の舗装路に出た瞬間に彼の後ろからスプリント。僅差の戦いになったけど、バイク半分の差で勝つことができた」と、幕張と野辺山土曜日に続く国内UCIレース3勝目を飾ったクラーク。

敗れたヘケレは「とにかくパワーが必要なイージーなコースだった。でも劇的に差が広がるポイントがなくて、自分と同じレベルのアンソニー(クラーク)と最後まで離れることがなかった。彼は爆発力があるのでスプリントに持ち込みたくなかったけど、振り切ることができなかったんだ」と悔やむ。2年連続来日を終えたヘケレは「昌一(阿部昌一さん)をはじめ、多くのサポーターに支えられて素晴らしい2週間を過ごしてきたけど、UCIレース3戦で1勝もできなかったのは残念。まだ41歳と若いので、また来年この日本でレースを走りたい」と語っている。

終盤にかけてミルバーンに引き離されながらも、日本人最高位の4位でフィニッシュしたのは織田。「海外勢の中でも比較的日本人選手とレベルの近いギャリー(ミルバーン)と2人になって、終始良いペースで走れました。でもキャンバーセクションなどテクニックが必要な部分で離されてしまった。終盤にかけて後ろから竹之内選手が迫ってきましたが耐え抜きました」と、海外選手とのレースでしっかり追い込めた様子だ。「結果的に日本人最高位でしたが、それよりも前の3人に負けて4位という印象」と語る織田は、欠場した前田と全日本選手権でタッグを組む。

男子エリート 最終周回にアタックを繰り返すエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)男子エリート 最終周回にアタックを繰り返すエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ) photo:Kei Tsuji
男子エリート スプリントを繰り広げるアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)とエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)男子エリート スプリントを繰り広げるアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)とエミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ) photo:Kei Tsuji男子エリート 上りスプリントで勝利したアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)男子エリート 上りスプリントで勝利したアンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド) photo:Kei Tsuji
男子エリート 2位エミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)、1位アンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)、3位ギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP)男子エリート 2位エミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)、1位アンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)、3位ギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP) photo:Kei Tsuji


エリート女子:高校3年性の松本璃奈(TEAM SCOTT)が逃げ切り勝利

幕張から続くスクゥイッド・スクァッド旋風に待ったをかけたのが女子エリートの松本璃奈(TEAM SCOTT)だった。「身体に疲れが残っていたので、全日本選手権に向けて数日前に久々にマッサージを入れた影響かもしれない」という全日本チャンピオンの今井美穂(CO2 Bicycle)が出遅れる中、「スタートでミスして失った先週の(野辺山の)リベンジのため、今日は絶対に勝ってやるという気持ちでした」という松本がスタートから先行する。

松本に続いたのは幕張と野辺山で3連勝を飾っているサミエル・ルーネルズ(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)。1周目を終えた時点で先頭を奪ったルーネルズだったが、2周目のキャンバーの下りで痛恨のパンクに見舞われる。ピットでバイク交換したルーネルズは松本から1分近い遅れを被った。

そこから今井を抜き返して2番手に浮上し、着実に先頭松本とのタイム差を詰めていったルーネルズ。「泥に隠れた下りの石にヒットさせてしまい、パンクしてしまった。1分弱タイムを失ってしまってからは、先頭(松本)に追いついてやるという意気込みで走ったけど、ペースを上げすぎてミスも出てしまったので、落ち着いて少しずつ追い上げることにした」という言葉通り、タイム差は40秒、30秒と縮まり、松本と26秒差で最終周回の鐘を聞くことに。しかし松本が先頭で粘り続けた。

女子エリート 29名がスタートラインに並ぶ女子エリート 29名がスタートラインに並ぶ photo:Kei Tsuji
女子エリート スタートから前に出る松本璃奈(TEAM SCOTT)女子エリート スタートから前に出る松本璃奈(TEAM SCOTT) photo:Kei Tsuji女子エリート ルーネルズを従えて1周目を先行する松本璃奈(TEAM SCOTT)女子エリート ルーネルズを従えて1周目を先行する松本璃奈(TEAM SCOTT) photo:Kei Tsuji
女子エリート パンクしたサミエル・ルーネルズ(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)が先頭から脱落女子エリート パンクしたサミエル・ルーネルズ(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)が先頭から脱落 photo:Kei Tsuji女子エリート 1周目から出遅れながらも3番手で踏ん張る今井美穂(CO2 Bicycle)女子エリート 1周目から出遅れながらも3番手で踏ん張る今井美穂(CO2 Bicycle) photo:Kei Tsuji
女子エリート 今井を追い上げる4番手の宮内佐季子(ClubLa.sistaOffroadTeam)女子エリート 今井を追い上げる4番手の宮内佐季子(ClubLa.sistaOffroadTeam) photo:Kei Tsuji女子エリート 猛烈なペースで追い上げるサミエル・ルーネルズ(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)女子エリート 猛烈なペースで追い上げるサミエル・ルーネルズ(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド) photo:Kei Tsuji
女子エリート リードを失いつつも独走する松本璃奈(TEAM SCOTT)女子エリート リードを失いつつも独走する松本璃奈(TEAM SCOTT) photo:Kei Tsuji女子エリート 振り返ってルーネルズを確認する松本璃奈(TEAM SCOTT)女子エリート 振り返ってルーネルズを確認する松本璃奈(TEAM SCOTT) photo:Kei Tsuji
女子エリート 優勝を飾った松本璃奈(TEAM SCOTT)女子エリート 優勝を飾った松本璃奈(TEAM SCOTT) photo:Kei Tsuji
女子エリート 優勝した松本璃奈(TEAM SCOTT)女子エリート 優勝した松本璃奈(TEAM SCOTT) photo:Kei Tsuji女子エリート 2位サミエル・ルーネルズ(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)、1位松本璃奈(TEAM SCOTT)、3位今井美穂(CO2 Bicycle)女子エリート 2位サミエル・ルーネルズ(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)、1位松本璃奈(TEAM SCOTT)、3位今井美穂(CO2 Bicycle) photo:Kei Tsuji

ルーネルズから8秒差で逃げ切り、UCIレース初勝利を果たした高校生の松本は「サミー(ルーネルズ)がパンクで遅れたのを見て『キター!』と思いました。1分近く開いた差を詰めるのは大変だろうと思いながら、そこから自分のペースで走りました。最終的に迫られたのですが、逃げ切れてよかった。勝つためには最初から行くしかなかった」と満面の笑みでトロフィーを受け取る。幕張6位、野辺山土曜日4位に続く成績で、「後半にかけてラップタイムが落ちるのも減ってきたので、毎戦成長できていると感じています。日本の中でトップを取ってやるという気持ちです」と勢いづいている。

「最終周回の前の周回でタイム差を20秒詰めることができたので届くかと思ったけど、彼女がミスをしない限り不可能だった。スタートから力強い走りを見せた彼女にとって、全日本選手権に向けて良いレースになったんじゃないかな」と語るのは2位のルーネルズ。男子エリート優勝のクラークとともに日本で過ごした3週間についてルーネルズは「この琵琶湖周辺も本当に美しくて、レース以外でも走るために戻ってきたい。真也(ABOVE BIKE STOREの須崎真也さん)とその家族、周りの人々に出会って本当に素晴らしい日本滞在だった」と語っている。

男子ジュニア 先行する小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)と中島渉(Limited Team 846/Team-K)男子ジュニア 先行する小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)と中島渉(Limited Team 846/Team-K) photo:Kei Tsuji
男子ジュニア 序盤から積極的な走りを見せた中島渉(Limited Team 846/Team-K)男子ジュニア 序盤から積極的な走りを見せた中島渉(Limited Team 846/Team-K) photo:Kei Tsuji男子ジュニア 中島を振り切って独走する小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)男子ジュニア 中島を振り切って独走する小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM) photo:Kei Tsuji
男子ジュニア 独走でフィニッシュする小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)男子ジュニア 独走でフィニッシュする小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM) photo:Kei Tsuji男子ジュニア 2位中島渉(Limited Team 846/Team-K)、1位小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)、3位黒田拓杜(チームローマン)男子ジュニア 2位中島渉(Limited Team 846/Team-K)、1位小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)、3位黒田拓杜(チームローマン) photo:Kei Tsuji
男子エリート
1位アンソニー・クラーク(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)56:23
2位エミール・ヘケレ(チェコ、スティーブンスバイクス・エミリオスポーツ)+0:00
3位ギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP)+1:42
4位織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)+1:45
5位竹之内悠(東洋フレーム)+1:49
6位小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)+2:31
7位沢田時(チームブリヂストンサイクリング)+2:51
8位村上功太郎(松山工業高校)+3:17
9位丸山厚(Team RIDLEY)+3:21
10位横山航太(シマノレーシング)+4:23
女子エリート
1位松本璃奈(TEAM SCOTT)41:54
2位サミエル・ルーネルズ(アメリカ、スクゥイッド・スクァッド)+0:08
3位今井美穂(CO2 Bicycle)+1:55
4位宮内佐季子(ClubLa.sistaOffroadTeam)+2:26
5位西山みゆき(東洋フレーム)+3:55
6位赤松綾(SimWorks CX Racing)+4:07
7位平田千枝(ClubLa.sistaOffroadTeam)+5:12
8位鵜飼知春(八ヶ岳CYCLOCROSS CLUB)+5:20
9位福田咲絵(AX cyclocross team)+5:35
10位川崎路子(PAXPROJECT)+5:38
男子ジュニア
1位小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)38:52
2位中島渉(Limited Team 846/Team-K)+1:50
3位黒田拓杜(チームローマン)+1:58
4位大谷玄真(榛生昇陽高等学校)+6:11
CM1
1位筧五郎(56サイクル)40:53
2位水竹真一(Kokopelli Gurny Goo)+1:24
3位石川正道(Champion System Test Team)+1:59
C2
1位田中信行(Zippycycleclub)42:38
2位井上耕輔(京都大学サイクリング部)+0:03
3位嶋田祥(立命館大学自転車競技部)+0:23
text&photo:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 シマノ(SHIMANO) RD-RX800 11S スタビライザー付 IRDRX800GS
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 11,894
最安価格: ¥ 8,991
アマゾン価格: ¥ 8,991
の画像 シマノ(SHIMANO) ST-R9170 左右レバーセット ハイドローリック 付属/ホース(SM-BH90-JK-SSR) ・オイル E-tubeポートX2 ISTR9170PA
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 95,379
最安価格: ¥ 68,728
アマゾン価格: ¥ 68,728