人数が絞り込まれていくサバイバルレースとなったジャパンカップ。アントワン・トールク(オランダ、ロットNLユンボ)をマッチスプリントで制したロブ・パワー(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)が勝利し、第27代覇者に輝いた。



アントワン・トールク(オランダ、ロットNLユンボ)を下したロブ・パワー(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)アントワン・トールク(オランダ、ロットNLユンボ)を下したロブ・パワー(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) photo:Maokto.AYANO

詳しくは後ほどレポートします。
ジャパンカップ2018暫定結果
1位ロブ・パワー(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
2位アントワン・トルーク(オランダ、ロットNLユンボ)
3位マッティ・ブレシェル(デンマーク、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
4位ニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシング)
5位イヴァン・サンタロミータ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)