8月14日に行われたビンクバンク・ツアー第2ステージ個人タイムトライアルでシュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)が最速タイムをマーク。12.7kmを平均スピード53.725km/hで駆け抜けた24歳のスペシャリストがリーダージャージを手にした。


トップタイムで優勝したシュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)トップタイムで優勝したシュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング) photo:CorVos

ビンクバンク・ツアー2018第2ステージビンクバンク・ツアー2018第2ステージ photo:CorVosビンクバンク・ツアー2日目に行われた12.7kmの個人タイムトライアル。舞台となったのはドイツ国境に近いオランダ南部のフェンライで、コースはほぼ真っ平ら。前日の落車で肘を骨折した新城幸也(バーレーン・メリダ)と胸骨を骨折したビアチェスラフ・クズネツォフ(ロシア、カチューシャ・アルペシン)を除く159名がスタートを切った。

区間によっては60km/h前後で巡航し、平均スピードが53km/hを超える高速レースを制したのはスイスTTチャンピオンのシュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)。2017年のビンクバンク・ツアー第2ステージ(9km個人TT)でも勝利している24歳が、ヨーロッパ選手権2連覇のヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)らに大差をつけて勝利した。この日のステージ順位がほぼそのまま総合順位に直結する結果となっている。

14分11秒のトップタイムで優勝したシュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)14分11秒のトップタイムで優勝したシュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング) photo:CorVos
ヨーロッパチャンピオンのヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)は14秒差のステージ14位ヨーロッパチャンピオンのヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)は14秒差のステージ14位 photo:CorVos
ステージ3位に入ったソーレンクラーク・アンデルセン(デンマーク、サンウェブ)ステージ3位に入ったソーレンクラーク・アンデルセン(デンマーク、サンウェブ) photo:CorVos
「(1週間前の)ヨーロッパ選手権個人TTでは『ここで勝てばスイスチャンピオンジャージを着れなくなるじゃないか』という正しくない気持ちでレースに挑んでしまった。身体的にも精神的にも完全に失敗レースだった。今日は1週間前よりずっと調子が良く、これより早いタイムは出せないんじゃないかという走りができた。コーナリングも完璧だったし、全くタイムを失わずに済んだと思う。12.7kmのコースで14秒というタイム差は大きいけど、結果には驚いていない」。ツール・ド・スイスに続くリーダージャージに袖を通したキュングはそう語る。キュングは4年間所属したBMCレーシングを離れ、2019年にグルパマFDJに移籍する予定だ。

総合優勝候補に挙げられているティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)やグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)、ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)らはこの日だけでキュングから30秒以上のタイムを失っている。総合争いについてキュングは「今年は自分が苦手とするステージが少ないのでチャンスはあると思う。でもサンウェブの2人(アンデルセンとマシューズ)やストゥイヴェン、ウェレンス、ランパールトといった選手が攻撃を仕掛けてくるのは間違いない。自分も1年前より強くなっているし、ツール・ド・スイスでリーダージャージを着た経験からどう走ればいいのか心得ている」とコメント。キュングは2017年大会の『アルデンヌクラシックステージ』で遅れて最終的に総合22位でレースを終えている。

「14秒というタイム差は大敗の証拠。キュングは完璧なTTを走った」と、勝者を讃えたのはステージ2位のカンペナールツ。「もしタイム差が1秒だったらコーナリングや小さなミスを責めたくなるけど、14秒は言い訳が効かないタイム差。自分は後半にペースを上げるTTが得意だったものの、今日は前半に向かい風が吹いていたのでスタートから全開だった。決して悪くない走りだったけどキュングの素晴らしい走りには敵わなかった。明日からはウェレンスを中心にタフなレースを作って最終的な総合成績を狙いたい」とヨーロッパTTチャンピオンは語っている。

ステージ4位に入ったマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)ステージ4位に入ったマイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ) photo:CorVos
総合首位ファビオ・ヤコブセン(オランダ、クイックステップフロアーズ)は1分25秒差のステージ101位に終わる総合首位ファビオ・ヤコブセン(オランダ、クイックステップフロアーズ)は1分25秒差のステージ101位に終わる photo:CorVos

ビンクバンク・ツアー2018第2ステージ結果
1位シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)0:14:11
2位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:14
3位ソーレンクラーク・アンデルセン(デンマーク、サンウェブ)0:00:15
4位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)
5位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、クイックステップフロアーズ)0:00:19
6位アレックス・ドーセット(イギリス、カチューシャ・アルペシン)
7位ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)0:00:20
8位マイルズ・スコットソン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)0:00:22
9位マチェイ・ボドナル(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ):00:23
10位イヴ・ランパールト(ベルギー、クイックステップフロアーズ)
DNS新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)
個人総合成績
1位シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)4:15:11
2位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:14
3位ソーレンクラーク・アンデルセン(デンマーク、サンウェブ)0:00:15
4位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)
5位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、クイックステップフロアーズ)0:00:19
6位アレックス・ドーセット(イギリス、カチューシャ・アルペシン)
7位ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)0:00:20
8位マイルズ・スコットソン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)0:00:22
9位マチェイ・ボドナル(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ):00:23
10位イヴ・ランパールト(ベルギー、クイックステップフロアーズ)
ポイント賞
1位シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)30pts
2位ファビオ・ヤコブセン(オランダ、クイックステップフロアーズ)30pts
3位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)25pts
チーム総合成績
1位BMCレーシング12:46:31
2位サンウェブ0:00:12
3位クイックステップフロアーズ0:00:15
text:Kei Tsuji
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 ロードバイク パワー&スキルアップ教本 (エイムック 4126 BiCYCLE CLUB別冊)
カテゴリー: Book
出版社: エイ出版社
最安価格: ¥ 1,620
アマゾン価格: ¥ 1,620
の画像 世界最高のサイクリストたちのロードバイク・トレーニング:ツール・ド・フランスの科学
カテゴリー: Book
著者: ジェイムズ ウィッツ
出版社: 東京書籍
最安価格: ¥ 3,024
アマゾン価格: ¥ 3,024
の画像 ロードバイク スキルアップトレーニング
カテゴリー: Book
著者: 福田 昌弘
出版社: 日東書院本社
参考価格: ¥ 1,836
最安価格: ¥ 1,836
アマゾン価格: ¥ 1,836