ファクターの軽量オールラウンドモデル「O2」に、ツール・ド・フランスに合わせ3種類の特別なカラーが登場する。いずれも通常のチームカラーとは異なるデザインが施され、フランス期待のロマン・バルデが駆るバイクと共通スペックを装備した200万円の完成車もラインナップされる。



ロマン・バルデ(先頭、フランス)をエースに据えた、アージェードゥーゼルのツール出場メンバーたちロマン・バルデ(先頭、フランス)をエースに据えた、アージェードゥーゼルのツール出場メンバーたち (c)ag2r
細身かつ直線的なフレームワークで740gと身軽なオールラウンドバイクがファクターのO2だ。2017年の供給開始からアージェードゥーゼルのメインバイクとして愛用され、ロマン・バルデ(フランス)によるペイラギュード山頂フィニッシュ制覇や、シルヴァン・ディリエ(スイス)のパリ〜ルーベ2位獲得など幅広い場面で選手たちの走りを支えてきた。

今回、O2に登場した特別カラーは3種類。ファクターの開発ライダーを務めるデヴィッド・ミラー(イギリス)のアパレルブランドCHPT3(チャプター3)とコラボレーションした「ONEMORELAP」と、アージェードゥーゼルのツール出場メンバーがツールでのみ使用する「シャンゼリゼ」、そして昨年に続くバルデのシグネチャーモデルという、所有欲をくすぐる各バリエーションが揃う。それぞれディスク/リムブレーキ両方でフレームセット販売が行われる他、バルデエディションのみ完成車が用意される。取り扱いはトライスポーツだ。



ファクター×CHPT3 ONEMORELAP

ファクター O2 CHPT3 ONEMORELAPファクター O2 CHPT3 ONEMORELAP (c)トライスポーツ
グレーメタリックをベースに、チームカラーのスカイブルーやレッドが差し色に入れた一台が、CHPT3とコラボレーションしたONEMORELAP。「北の地獄」と形容されるパリ〜ルーベにおいてフィニッシュ地点のヴェロドロームに辿り着いてもなお"もう一周"走る様子を意味したモデルで、ミラーらしいハイセンスな雰囲気に仕上げられている。従来からCHPT3の本国サイト上では販売されていたが、この度正式に日本でも販売されることとなった。今回登場した3タイプの中では唯一限定ではなく継続モデルとしてラインアップされるという。

赤やスカイブルーの差し色が入る赤やスカイブルーの差し色が入る (c)トライスポーツシルバーとホワイトで塗り分けられたフレームシルバーとホワイトで塗り分けられたフレーム (c)トライスポーツ

デヴィッド・ミラー(イギリス)のアパレルブランド「CHPT3」とコラボレートして生まれたカラースキームデヴィッド・ミラー(イギリス)のアパレルブランド「CHPT3」とコラボレートして生まれたカラースキーム (c)トライスポーツファクターの姉妹ブランド、ブラックインクのハンドルセットが付属ファクターの姉妹ブランド、ブラックインクのハンドルセットが付属 (c)トライスポーツ

オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼル)がパリ〜ルーベで使用したONEMORELAPオリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼル)がパリ〜ルーベで使用したONEMORELAP photo:Makoto.AYANO
実車はパリ〜ルーベでデビューを飾り、ベルギー王者のオリバー・ナーセンらがこのペイントを使用。それ以降も通常のチームカラーに混じって実戦使用が続けられており、7月7日から開幕するツール・ド・フランスで活躍する姿が見られるかもしれない。

販売はリムブレーキ、もしくはディスクブレーキのフレームセットにて行われ、税抜価格は545,000(リム)と555,000円(ディスク)だ。ブラックインクのステム一体式ハンドルが付属する。

スペック
税抜価格:545,000円(リム)、555,000円(ディスク)
・フレーム仕様、付属品などはO2と同様(ステム一体型ハンドルバーは標準以外のサイズの入手が難しい場合あり)



200万円の完成車販売も ロマン・バルデのシグネチャーモデル

ファクター O2 ロマン・バルデシグネチャーモデルファクター O2 ロマン・バルデシグネチャーモデル (c)トライスポーツ
昨年限定発売されたホワイトカラーに続く、バルデのシグネチャーモデル。今回はメタリックシルバーにブラックの差し色と一変して落ち着いたカラーリングに変貌を遂げている。

トップチューブには継続してバルデの格言「TAKE THE RISK OR LOSE THE CHANCE(リスクをとるか、チャンスを逃すか)」や、イニシャルの「RB」が入るほか、ヘッドチューブの横には騎士のイラストが、ダウンチューブ下部にはバルデの出身地から近い超級山岳「ピュイ・ド・ドーム」のイラストが書き込まれた。

「TAKE THE RISK OR LOSE THE CHANCE(リスクをとるか、チャンスを逃すか)」「TAKE THE RISK OR LOSE THE CHANCE(リスクをとるか、チャンスを逃すか)」 (c)トライスポーツヘッドチューブ横には騎士のイラストが描かれるヘッドチューブ横には騎士のイラストが描かれる (c)トライスポーツ

バルデの出身地から近い超級山岳「ピュイ・ド・ドーム」のイラストバルデの出身地から近い超級山岳「ピュイ・ド・ドーム」のイラスト (c)トライスポーツ200台限定のバルデモデル。シリアルプレートが取り付けられる200台限定のバルデモデル。シリアルプレートが取り付けられる (c)トライスポーツ


全世界200台限定という貴重なモデルで、リム/ディスクのフレームセットのほか、そのうちの10台のリムブレーキバージョンにはバルデが使うバイクと完璧に同じパーツが搭載された完成車が用意される。SRMのPC8+カーボンクランクとR9150系デュラエースDi2、マヴィックのCosmic Ultimateホイールといった基本はもちろん、セラミックスピードのオーバーサイズRDプーリー、プロにしか供給されないコンチネンタルのCOMPETITION PRO LTDチューブラータイヤなど、細部に至るまで完全プロスペック。200万円と非常に高価な完成車だが、アッセンブルを見れば納得と言えようか。

全てのバイクにはシリアルナンバーが取り付けられ、1から10までが完成車、11から200までがフレームセット。昨年のバルデモデル同様に売上金の一部は慈善団体「Romain Bardet Children」に寄付されるという。フレームと同じペイントを施したブラックインクのステム一体式ハンドルが付属する。

スペック
税抜価格:630,000円(リム)、640,000円(ディスク)、2,000,000円(完成車)
・フレーム仕様、付属品などはO2と同様(ステム一体型ハンドルバーは標準以外のサイズの入手が難しい場合あり)



ツール出場メンバーだけが使う「Champs-Élysées」

ファクター O2 Champs-Élyséesファクター O2 Champs-Élysées (c)トライスポーツ
フレームと同じペイントを施したステム一体式ハンドルが付属フレームと同じペイントを施したステム一体式ハンドルが付属 (c)トライスポーツチェーンステーにはシリアルナンバーのプレートが取り付けられるチェーンステーにはシリアルナンバーのプレートが取り付けられる (c)トライスポーツ


ブルーメタリックカラー鮮やかなカラーリングは、今年のツール・ド・フランスに選ばれたメンバーだけが使う「シャンゼリゼ」エディション。こちらも世界限定100台限定という非常に貴重なモデルで、バルデシグネチャーと同じくチェーンステーにはシリアルナンバーが取り付けられる。

フレームセットのみの販売で、フレームと同じペイントを施したブラックインクのステム一体式ハンドルが付属する。

スペック
税抜価格:570,000円(リム)、580,000円(ディスク)
・フレーム仕様、付属品などはO2と同様(ステム一体型ハンドルバーは標準以外のサイズの入手が難しい場合あり)
Amazon.co.jp 
の画像 APIS(アピス) サイクルキャップ
AG2R LA MONDIALE
カテゴリー: Sports
メーカー: APIS(アピス)
参考価格: ¥ 1,242
の画像 Bollé 6th Sense AG2R Lunettes de soleil Homme Shiny Blue/Brown Blue Violet Oleo AF
カテゴリー: Sports
メーカー: B-CLEAR Trivex
最安価格: ¥ 19,300
アマゾン価格: ¥ 25,380
の画像 ELITE(エリート) FLY チームボトル 2018 550ml AG2R
カテゴリー: Sports
メーカー: ELITE(エリート)
参考価格: ¥ 788
最安価格: ¥ 615
アマゾン価格: ¥ 788