ピレリがUCIワールドチームであるミッチェルトン・スコットと長期パートナーシップ契約を締結。2週間後に迫ったツール・ド・フランスを始め、今後のレースにおいてピレリタイヤが選手らの足元を支えることとなる。以下、プレスリリースより紹介しよう。



ピレリとワールドツアーチーム、ミッチェルトン・スコットのパートナーシップの締結を発表

ピレリとミッチェルトン・スコットがパートナーシップ締結ピレリとミッチェルトン・スコットがパートナーシップ締結 (c)カワシマサイクルサプライ
ツール・ド・フランスでミッチェルトン・スコットはピレリタイヤを使用します

2018年6月23日 F1グランプリが開催されるサーキットで、ピレリとワールドツアーチーム ミッチェルトン・スコット(2018年6月26日現在 UCIワールドツアーランキング2位)との長期的な技術提携および、パートナーシップの締結が発表されました。これによりミッチェルトン・スコット所属の選手たちは2週間後にグラン・デ・パールを迎える、ツール・ド・フランスをはじめ、出場するレースにおいてピレリタイヤを使用し戦います。

これはピレリがUCIのサイクリングカレンダーで主要レースに復帰することを意味します。記者会見に登場したミッチェルトン・スコットのトップアスリートの1人であるサイモン・イェーツは、この契約を祝うために、新しいピレリのチューブラータイヤを装着したTTバイクを駆り、全長5.8kmのサーキットを疾走しました。

サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)はこの日を祝うため、TTバイクでのデモ走行をサーキットで行ったサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)はこの日を祝うため、TTバイクでのデモ走行をサーキットで行った (c)カワシマサイクルサプライこの日ポールポジションのルイス・ハミルトン(イギリス、メルセデス)とサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)この日ポールポジションのルイス・ハミルトン(イギリス、メルセデス)とサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) (c)カワシマサイクルサプライ


ピレリではモータースポーツで培った技術力や経験値が、サイクルロードレースに活かせると考えています。ピレリのプロサイクリングへの取り組みは、これまでのトップレベルのモーターレースサプライヤーと同様に、前例のないレベルの性能に到達するために、タイヤの共同開発を継続的に行うパートナーシップ契約をミッチェルトン・スコットと締結いたしました。

これまで数ヶ月間に、ミッチェルトン・スコットとピレリは技術的なフィードバックを絶えず交換し合い、レースや共同で行ったセッションでピレリタイヤをトータル300,000kmテストしてきました。最も高性能で過酷な条件で生まれたタイヤは、ピレリの全ての製品と関連し、SmartNETシリカ、ICS(Ideal Contour Shaping)タイヤトレッドプロファイル、FGD(Functional Groove Design)などの共通のテクノロジーは、ワールドツアーのレースに理想的な高効率なレベルの転がりと高いグリップを備えているほか、極端な状況下でライダーが新たなレベルの信頼とコントロールを可能にします。

ミッチェルトン・スコットのパフォーマンスディレクターKevin Tabotta氏のコメント

「サイクリストにとってタイヤは間違いなく最も重要な装備です。非常に小さい接地面にすべてを委ねます。我々はピレリのタイヤ開発に本当に満足しています。ピレリは優秀なスタッフが選手とやりとりし、様々な方法で有意義なフィードバックを得ています。その結果、私たちは非常に高速で、グリップ力に長けた信じられないほど快適なタイヤにたどり着きました。」