ツアー・オブ・スロベニア最終TTで、総合リーダーのプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)が最速タイムをマークして総合優勝。最大の目標に据えるツール・ド・フランスへ弾みをつけた。



長くホットシートを守り続けたヤン・トラトニク(スロベニア、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)長くホットシートを守り続けたヤン・トラトニク(スロベニア、CCCスプランディ・ポルコウィチェ) (c)Vid Ponikvar/Sportida
記念すべき25回大会のツアー・オブ・スロベニアを締めくくるのは、MTBワールドカップの舞台ともなる美しい古都ノヴォ・メスト。緩いアップダウンを含む21.5kmのコースが勝負を分けた。

まずはスロベニアのTT王者に輝いたばかりのヤン・トラトニク(スロベニア、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)が平均スピード51.157km/hで暫定トップタイムに。「普段と比べてあまり上手くはいかなかったけれど、自分を信じて、全ての苦しみを忘れて踏み続けたよ」と言う28歳のTTスペシャリストは最終盤まで長くホットシートを守ることとなる。

プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)が大声援を受けてスタートプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)が大声援を受けてスタート (c)Vid Ponikvar/Sportida
ジャック・バウアー(ニュージーランド、ミッチェルトン・スコット)やルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)のタイムはスロベニア王者に届かず、いよいよ総合勢がスタート。総合2位のリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)はトラトニクから50秒遅れでまとめたものの、スロベニアファンの大声援に後押しされた総合リーダー、プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)の走りは群を抜いていた。

これまでのTTキャリアで6勝を飾っている元スキージャンパーは、あらゆる場面でウランや、暫定リーダーであるトラトニクの走りを圧倒した。「完璧な走りができた」と語るログリッチェは最終的にトラトニクを27秒上回るトップタイムでステージ優勝を飾り、史上初めてのツアー・オブ・スロベニア複数回優勝(2回目)を成し遂げた。ログリッチェの平均スピードは唯一52km/h台に乗せる52.086km/hだった。

トップ10に食い込めなかった総合2位のリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)トップ10に食い込めなかった総合2位のリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック) (c)Vid Ponikvar/Sportida
トップタイムでゴールに飛び込むプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)トップタイムでゴールに飛び込むプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ) (c)Vid Ponikvar/Sportida
「完璧なリザルトだよ。このレースで、そして母国のファンの前で総合優勝できて本当に嬉しい。この結果はチームとファンのサポート無くしてはあり得なかったから、この勝利は彼ら全員のものだよ。一生忘れることのできない1週間になった」と語るログリッチェ。自身最大の目標として掲げるツール・ド・フランスに関しても「3週間後にいよいよグランデパールを迎えるので、このレースは予行演習としてもパーフェクトなんだ。これからの期間は休養とトレーニングに充てるつもり。でもその前に、今は総合優勝の余韻に浸りたいね」と語っている。

ログリッチェにとってはイツリア・バスクカントリーとツール・ド・ロマンディに続く今シーズン3度目の総合優勝。ウランやラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)を下したロットNLユンボの総合エースはツールに向けて準備万端だ。

プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)ら、総合トップスリーが並ぶプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)ら、総合トップスリーが並ぶ (c)Vid Ponikvar/Sportida
ステージ結果
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)24’46”
2位ヤン・トラトニク(スロベニア、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)+27”
3位ヨセフ・チェルニー(チェコ、エルコフ・アーサー)+36”
4位ジャック・バウアー(ニュージーランド、ミッチェルトン・スコット)+38”
5位トーマス・スカリー(ニュージーランド、EEFエデュケーションファースト・ドラパック)+44”
6位ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)+47”
7位ロジャー・クルーゲ(ドイツ、ミッチェルトン・スコット)
8位アレックス・ダウセット(イギリス、カチューシャ・アルペシン)+52”
9位ヴェガールステイク・ラエンゲン(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)+53”
10位ニールス・ポリット(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)+56”
個人総合成績
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)15h18’13”
2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)+1’50”
3位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)+2’14”
4位タデイ・ポガカール(スロベニア、リュブリャナ・グスト)+2’16”
5位マイケル・ストーラー(オーストラリア、サンウェブ)+2’18”
6位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)+2’21”
7位ヨセフ・チェルニー(チェコ、エルコフ・アーサー)+3’09”
8位ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、アドリアモービル)+3’15”
9位イルダール・アルスラノフ(ロシア、ガスプロム・ルスヴェロ)
10位ヴェガールステイク・ラエンゲン(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)+3’16”
ポイント賞
1位シモーネ・コンソンニ(イタリア、UAEチームエミレーツ)52pts
2位マッテーオ・ペルッキ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)44pts
3位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)41pts
山岳賞
1位ファウスト・マスナダ(イタリア、アンドローニ・シデルメク・ボッテキア)18pts
2位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)12pts
3位ドメン・ノヴァク(スロベニア、バーレーン・メリダ)8pts
ヤングライダー賞
1位タデイ・ポガカール(スロベニア、リュブリャナ・グスト)15h20’29”
2位マイケル・ストーラー(オーストラリア、サンウェブ)+02”
3位ジェイ・ヒンドレー(オーストラリア、サンウェブ)+1’44”
チーム総合成績
1位サンウェブ46h04’36”
2位ガスプロム・ルスヴェロ+6’01”
3位ボーラ・ハンスグローエ+6’19”
text:So.Isobe
photo:Vid Ponikvar/Sportida
Amazon.co.jp 
の画像 葛西紀明のレジェンド・ストレッチ: 下半身を柔らかくすれば10歳若返る (小学館SJ・MOOK)
カテゴリー: Book
著者: 葛西 紀明
出版社: 小学館
最安価格: ¥ 1,296
アマゾン価格: ¥ 1,296
の画像 スキージャンプ・ペア -Reloaded-
ジャンル:
年齢制限: Everyone
価格: ¥ 4,104
の画像 スキージャンプ・ペア8 オフィシャルDVD
カテゴリー: DVD
メーカー: エイベックス・ピクチャーズ
参考価格: ¥ 1,944
最安価格: ¥ 370
アマゾン価格: ¥ 1,000