Jプロツアー第8戦のJBCF宇都宮ロードレースが開催され、宇都宮ブリッツェンの増田成幸が優勝。同チームの岡篤志が2位に入ってワン・ツーフィニッシュを達成した。女子は唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が優勝した。



田植えが終わった水田の中を行く集団田植えが終わった水田の中を行く集団 photo:Satoru Kato
スタート直後のヘアピンコーナーをターンしていく集団スタート直後のヘアピンコーナーをターンしていく集団 photo:Satoru Kato弱虫ペダル作者の渡辺航先生のサイン会には多くのファンが集まった弱虫ペダル作者の渡辺航先生のサイン会には多くのファンが集まった photo:Satoru Kato

かつてジャパンカップのコースとして使用されていた鶴カントリー倶楽部前を通過する通称「鶴周回コース」を使用し、昨年初めて開催された「JBCF宇都宮ロードレース」。2回目となる今年は、ジャパンカップと同じホームストレートをスタート・フィニッシュとし、鶴周回を逆回りする設定に改められた。これにより、スタート直後がヘアピンコーナーとなり、ジャパンカップではチームピットとなる部分を走り、鶴カントリー倶楽部前を逆に登る1周6.7kmのコースとなった。

前日と打って変わり、朝から時折雨が降ってくる天気。午前中は小雨程度で済んでいたが、P1クラスタがスタートする午後は時間の経過と共に雨が強くなる中でのレースとなった。

不死鳥・増田成幸復活の勝利

山本大喜(キナンサイクリングチーム)を先頭に長く伸びた集団山本大喜(キナンサイクリングチーム)を先頭に長く伸びた集団 photo:Satoru Kato平坦区間でアタックが繰り返される平坦区間でアタックが繰り返される photo:Satoru Kato

5周目から逃げ続けた鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)と安原大貴(マトリックスパワータグ)5周目から逃げ続けた鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)と安原大貴(マトリックスパワータグ) photo:Satoru Kato逃げる2人を追うメイン集団はシマノレーシングがコントロール逃げる2人を追うメイン集団はシマノレーシングがコントロール photo:Satoru Kato

14周93.8kmのレースは、パレード走行後のリアルスタート直後からアタック合戦が始まる。集団は縦長に伸びる時間が続いた5周目、鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)の飛び出しに安原大貴(マトリックスパワータグ)が反応し、2人の逃げが容認される。

メイン集団との差は最大で50秒まで開くが、シマノレーシングが集団コントロールを開始すると差は40秒前後に維持される。レースが後半に入ると差は徐々に詰まり始め、逃げる2人は10周目に吸収される。

10周目、逃げを吸収後の集団で岡篤志(宇都宮ブリッツェン)がペースアップ10周目、逃げを吸収後の集団で岡篤志(宇都宮ブリッツェン)がペースアップ photo:Satoru Katoレース終盤、佐野淳哉(マトリックスパワータグ)のペースアップで集団は粉砕されるレース終盤、佐野淳哉(マトリックスパワータグ)のペースアップで集団は粉砕される photo:Satoru Kato

その後は再びアタック合戦となり、宇都宮ブリッツェンやマトリックスパワータグが集団の前に出てくる。特に佐野淳哉(マトリックスパワータグ)の強力なペースアップにより数十人いた集団は一気に10人ほどまで絞られる。残ったのは、佐野、アイラン・フェルナンデス、土井雪広(以上マトリックスパワータグ)、増田成幸、岡篤志、雨澤毅明、小野寺玲(以上宇都宮ブリッツェン)、入部正太朗(シマノレーシング)、山本元喜、新城雄大(以上キナンサイクリングチーム)。

残り3km、アタックする増田成幸(宇都宮ブリッツェン)残り3km、アタックする増田成幸(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoru Kato
最終周回に入り、鶴カントリー倶楽部への登りで入部がアタックするが決定打にはならない。残り3km付近で土井がアタックし、増田が反応。増田はさらに土井を置き去りにするアタックを決めて独走状態に入る。後続はまとまった追走にならず、差は一気に15秒まで開き、勝負は決まった。

残り3kmを逃げ切って単独でフィニッシュラインを超える増田成幸(宇都宮ブリッツェン)残り3kmを逃げ切って単独でフィニッシュラインを超える増田成幸(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoru Kato
ホームストレートに単独で現れた増田は、ジャージの前を閉めながら後ろを振り返り、勝利を確信すると右の拳を高く掲げてフィニッシュラインを越えた。2位争いの集団は岡篤志が先頭を獲り、宇都宮ブリッツェンが1-2フィニッシュを達成。前日の宇都宮クリテリウムと合わせ、地元開催の2連戦を連勝。岡がルビーレッドジャージを獲得するオマケまでついた。

昨年5月、増田はバセドウ病の療養のため選手活動の休止を余儀なくされた。一時は引退も考えたという増田だったが、9月から徐々にレースに復帰していった。休止発表からちょうど1年経った地元開催レースでの優勝は、増田が「不死鳥」と呼ばれる所以を改めて知らしめた。

栗村修氏のインタビューを受ける増田成幸(宇都宮ブリッツェン)栗村修氏のインタビューを受ける増田成幸(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoru Kato地元栃木県の新聞社やテレビ局に囲まれた増田は、
「今日は終始前で展開し、最後の局面でライバルより多い人数を残せたことが勝利につながったと思います。ゴールスプリントなら岡選手か小野寺選手、逃げて勝つなら僕か雨澤選手と決めていたので、仮に僕が最後に捕まったとしても、ライバルが追走に足を使わせることで有利にスプリントに持ち込めると考えて動きました。

病気になってから長く苦しんだ1年間でしたが、この1勝で新たなスタートラインに立てたという気持ちです。この後にひかえる重要なレースに向けてしっかりやっていきたいと思います」と、語った。

表彰式表彰式 photo:Satoru Kato
JBCF宇都宮ロードレース 結果(93.8km)
1位増田成幸(宇都宮ブリッツェン)2時間19分54秒
2位岡 篤志(宇都宮ブリッツェン)+15秒
3位入部正太朗(シマノレーシング)+17秒
4位アイラン・フェルナンデス・カサソラ(マトリックスパワータグ)
5位小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)+19秒
6位雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)+21秒
Jプロツアーリーダー 岡篤志(宇都宮ブリッツェン)
U23リーダー 小山智也(イナーメ信濃山形)



F(女子)は唐見実世子が連勝
Fクラスタ 望月美和子(フィッツ)を先頭に登りを行く集団Fクラスタ 望月美和子(フィッツ)を先頭に登りを行く集団 photo:Satoru KatoFクラスタ 2周目に抜け出した唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)と大岩明子(ブラウ・ブリッツェン)Fクラスタ 2周目に抜け出した唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)と大岩明子(ブラウ・ブリッツェン) photo:Satoru Kato

Fクラスタ 宇都宮2連戦で2連勝を収めた唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)Fクラスタ 宇都宮2連戦で2連勝を収めた唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoru Kato
女子のFクラスタは4周26.8km。2周目に唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)と大岩明子(ブラウ・ブリッツェン)が後続に30秒以上の差をつけて先行。3周目に唐見がアタックすると大岩はついて行けず、唐見が残り1周を単独で逃げ切って優勝。前日の宇都宮クリテリウムに続き2連勝した。
Fクラスタ 結果(26.8km)
1位唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)48分17秒
2位大岩明子(ブラウ・ブリッツェン)+56秒
3位望月美和子(フィッツ)+56秒
Jフェミニンリーダー 伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)



その他結果
E1 優勝 平井光介(TEAM YOU CAN)E1 優勝 平井光介(TEAM YOU CAN) photo:Satoru KatoE2 優勝 今井大悟(VENTOS FRECCIA)E2 優勝 今井大悟(VENTOS FRECCIA) photo:Satoru Kato

E3・1組 表彰式E3・1組 表彰式 photo:Satoru KatoE3・2組 表彰式E3・2組 表彰式 photo:Satoru Kato
E1(40.2km)
1位平井光介(TEAM YOU CAN)1時間2分34秒
2位石井祥平(アーティファクトレーシングチーム)+ 0秒
3位長田華山(ブラウ・ブリッツェン)
4位塩澤 魁(SPADE・ACE)
5位半澤雄高(LinkTOHOKU)+1秒
6位津田悠義(三好高校)
E2(26.8km)
1位今井大悟(VENTOS FRECCIA)42分45秒
2位山之内壮真(横浜高校自転車競技部)+1秒
3位湯浅博貴(AutoBahnGotemba)
4位鷲野向一(彩北ツブラーゼ)
5位山田壮太朗(Team SHIDO)
6位高橋史朗(サイタマサイクルプロジェクト)
E3(20.1km)
1組2組
1位扇原勇二(あらかわZoo Racing)32分29秒徳山見晴(横浜高校自転車競技部)32分4秒
2位山田 翔(HIRAKO.mode)+0秒渡瀬義男(Leap Hamamatsu Cycling Team)+0秒
3位栗原佑弥(グランディヴェルレーシングチーム)上羽拓郎(TRAILBLAZER)
4位大城 奨(フィッツ)丸山英之(BREZZA-KAMIHAGI)+2秒
5位加藤翔太(SQUADRA CORSE cicli HIIDE)佐々木友輔(サイクルフリーダム・レーシング)+3秒
6位三角泰史(サイタマサイクルプロジェクト)+3秒渡辺耶斗(Team FITTE)+4秒
text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 エイコー 宇都宮発 餃子ポテト 【全国こだわりご当地グルメ】【他メーカー商品と同梱不可】【産直商品】
カテゴリー: Grocery
メーカー: エイコー
最安価格: ¥ 648
アマゾン価格: ¥ 648
の画像 亀田の柿の種 宇都宮限定 餃子風味
カテゴリー: Grocery
メーカー: ㈱ダイエー
参考価格: ¥ 432
最安価格: ¥ 1,480
アマゾン価格: ¥ 1,480
の画像 ユーユーワールド ご飯にかけるギョーザスタンダード 110g
カテゴリー: Grocery
メーカー: ユーユーワールド
参考価格: ¥ 518
最安価格: ¥ 411
アマゾン価格: ¥ 411