ズイフトがジャパンナショナルチャンピオンシップを2月24日(土)に開催する。男女それぞれのカテゴリーで争われ、優勝者にはズイフト内で1年間着用できる日の丸のチャンピオンジャージが与えられる。以下、プレスリリースより紹介しよう。



Zwift 2018年ナショナルチャンピオンシップ Zwift最大の1日限定レースが2月24日(土)に開催へ

Zwiftナショナルチャンピオンシップの男子大会、女子大会が2月24日に開催されるZwiftナショナルチャンピオンシップの男子大会、女子大会が2月24日に開催される (c)zwiftゲームから生まれたフィットネスプラットフォームを提供するZwiftは、世界初のZwiftナショナルチャンピオンシップの男子大会、女子大会を、それぞれ2018年2月24日(土)に開催します。Zwiftユーザー数上位世界15か国からのライダーたちが、Zwift内で自国のジャージを1年間着用する権利を目指して戦います。

各国のナショナルチャンピオンシップは男女別々に、いずれもワトピア・ボルケーノ・クライムコースで開催されます。2018年の男子ナショナルチャンピオンシップレースは1周22.8kmのサーキットを3周で争われ、獲得標高は計612mです。女子ナショナルチャンピオンシップレースは同サーキットを2周で争われ、獲得標高は計408mです。

2018年はズイフター数上位15か国が初のZwiftナショナルチャンピオンシップの開催国に選ばれました。アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ドイツ、日本、オランダ、ノルウェー、ベルギー、スウェーデン、韓国、デンマーク、スイス、フランス、ポーランドの15か国です。オーストラリアを除き、大会はいずれも2月24日に開催されます。

オーストラリアのZwiftナショナルチャンピオンシップは同国の冬季にあたるサイクリングシーズンにあわせて後日開催されます。出場希望者は通常の国内大会と同様、在住国ではなく、各自の登録国の大会に出場登録をしていただく必要があります。開催国にご自分の国が含まれていない方もご安心ください。2019年には開催国が追加されます。

日本国内では、ジャパンナショナルチャンピオンシップ開催時刻(11AM)に、別府始さんの解説と共にFacebookライブでの動画配信を予定しています。詳しくはZwift Japan Facebookページをご覧ください。

Zwiftナショナルチャンピオンシップのルール
・入賞資格は心拍計を装着しているライダーだけに与えられます。
・入賞資格を得るにはパワーメーターまたはスマートトレーナーを使用する必要があります。従来型のトレーナーまたはローラーにZPowerを利用している場合、入賞資格はありません。
・パワーウェイトレシオが平均5w/kg以上のライダーは自動的に失格になります。ただし、実際に相応の筋力があることを示すデータが提示された場合、ZADAの検証を経て処分が撤回される場合があります。
・ZwiftナショナルチャンピオンシップのStravaデータの公開が公要です(非公開または非表示設定は不可)。
・レース前にhttp://www.zwiftpower.comで出場登録を行う必要があります。
・大会に参加されることで、http://www.zwiftpower.comに記載の参加規約に同意されたことになります。
・出場資格は各ライダーのZwiftアカウント登録国に基づいて与えられます。居住国は関係ありません。

Zwiftナショナルチャンピオンシップの詳細は、
https://zwift.com/events/series/2018-zwift-national-Championships/をご覧ください。