別府史之が序盤から逃げたサントス・ツアー・ダウンアンダーのクイーンステージ。リッチー・ポートが5年連続でウィランガヒル山頂フィニッシュを制したが、総合リーダージャージはタイム差ゼロでダリル・インピーの手に渡った。


アルディンガビーチを通過するプロトンアルディンガビーチを通過するプロトン photo:Kei Tsuji / TDWsport
リーダージャージを着る世界王者ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)とダヴィ・ラパルティアンUCI会長リーダージャージを着る世界王者ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)とダヴィ・ラパルティアンUCI会長 photo:Kei Tsuji / TDWsportダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)に作戦を伝えるホワイト監督ダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)に作戦を伝えるホワイト監督 photo:Kei Tsuji / TDWsport
リーダージャージを着て走るペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)リーダージャージを着て走るペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji / TDWsportレース序盤はボーラ・ハンスグローエが集団をコントロールレース序盤はボーラ・ハンスグローエが集団をコントロール photo:Kei Tsuji / TDWsport

1月20日(土)第5ステージ マクラーレンヴェイル〜ウィランガヒル 151.5km1月20日(土)第5ステージ マクラーレンヴェイル〜ウィランガヒル 151.5km image:Santos Tour Down UnderKOMオールドウィランガヒル(全長3.0km/平均7.5%)を2回登るダウンアンダー定番のクイーンステージでオーカージャージ(濃いオレンジ色ジャージ)の持ち主が決まる。アデレードから車で1時間南に下ったワインの一大産地マクラーレンヴェール周辺を舞台に、第20代チャンピオンを決める戦いが繰り広げられた。

2日連続で40度を超えていた気温はピークを過ぎ、この日の最高気温は35度ほど。海が近く、風が吹きやすい地形のため、前日までの暑さと比べると雲泥の差。「今日は涼しいね」が合言葉のスタート地点を発つとすぐに7名の逃げグループが形成された。

逃げのスペシャリストであるトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)と、事前に逃げる宣言をしていた山岳賞ジャージのニコラス・ドラミニ(南アフリカ、ディメンションデータ)ら、おなじみの逃げメンバーに加わったのは別府史之(トレック・セガフレード)。「デヘントも逃げに乗ったし、1回目のKOMオールドウィランガヒルを逃げた状態で越えることができれば、その後のチームの展開としてチャンスが生まれると思った」という別府を含む逃げグループは、一時的に5分を超えるリードを得る。別府は1回目のスプリントポイントを先頭通過。そのまま7名で協調して逃げ続けたものの、後方ではボーラ・ハンスグローエとBMCレーシングの追撃が組織された。

海側をぐるっと回る大周回を終えて、KOMオールドウィランガヒルを含む山側の小周回に入るとタイム差の縮小は加速。別府は1回目のKOMオールドウィランガヒル登坂で逃げグループから遅れてしまう。「平坦路は楽に走っていたものの、ここ数日間の暑さの影響もあって登りで失速してしまった。総合成績も落としてしまったけど、来週末のカデルエヴァンスグレートオーシャンロードレースに向けて良い刺激になった」と、初日のピープルズチョイスクラシックに続く今シーズン2度目の逃げを振り返っている。

逃げに乗った別府史之(トレック・セガフレード)逃げに乗った別府史之(トレック・セガフレード) photo:Kei Tsuji / TDWsport
アルディンガビーチを通過する逃げグループアルディンガビーチを通過する逃げグループ photo:Kei Tsuji / TDWsportチームメイトに守られるリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)チームメイトに守られるリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji / TDWsport
ワインの一大産地であるマクラーレンヴェールワインの一大産地であるマクラーレンヴェール photo:Kei Tsuji / TDWsport
連日アシストとして忙しく動く新城幸也(バーレーン・メリダ)連日アシストとして忙しく動く新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:Kei Tsuji / TDWsportウィランガヒル決戦を前に親指を立てるリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)ウィランガヒル決戦を前に親指を立てるリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji / TDWsport

デヘントに先を越されながらもKOMオールドウィランガヒルでポイントを稼いたドラミニが山岳賞ジャージを手堅いものにした一方で、バーレーン・メリダ率いるメイン集団がタイム差1分以内で登りを突き進む。新城幸也(バーレーン・メリダ)も集団のペースメイクに加わり、イサギレ兄弟(スペイン)とドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア)のためにハードな展開に持ち込んだ。

先頭で逃げ続けたデヘントを捉えたメイン集団は、EFエデュケーションファースト・ドラパックの横風ペースアップによって分裂。4年連続ウィランガヒルで優勝を飾っているリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)は後方に取り残されてしまったが、チームメイトのサポートによって集団に復帰する。いよいよ今大会最大の山場が始まった。

登りが始まるとボーラ・ハンスグローエやロットNLユンボ、UAEチームエミレーツがペースを作り、続いてローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)が集団先頭をリードするとリーダージャージのペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)は脱落する。デニスのサポートを受けたポートが、例年同様、残り2kmを切って鋭いアタックを仕掛けた。

勝ちパターンに持ち込んだポートにはジェイ・マッカーシー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)が食らいついたものの、再度加速したポートがマッカーシーを振り切って残り1kmアーチ。Velonの公開データによると、決定的なアタックを成功させた際、ポートは1分39秒にわたって580W(体重62kg)を出力している。対して、追走したヤングライダー賞ジャージのエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)は1分41秒間428W(体重60kg)だった。

ワイン畑の広がるマクラーレンヴェールを走るワイン畑の広がるマクラーレンヴェールを走る photo:Kei Tsuji / TDWsport
落車しながらも逃げ続けたヌーノ・マトス(ポルトガル、モビスター)落車しながらも逃げ続けたヌーノ・マトス(ポルトガル、モビスター) photo:Kei Tsuji / TDWsportリーダージャージのペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)リーダージャージのペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
逃げ続ける別府史之(トレック・セガフレード)逃げ続ける別府史之(トレック・セガフレード) photo:Kei Tsuji / TDWsport山岳賞獲得に向けて動くニコラス・ドラミニ(南アフリカ、ディメンションデータ)山岳賞獲得に向けて動くニコラス・ドラミニ(南アフリカ、ディメンションデータ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
メイン集団のペースを上げる新城幸也(バーレーン・メリダ)らメイン集団のペースを上げる新城幸也(バーレーン・メリダ)ら photo:Kei Tsuji / TDWsportフィニッシュに向けて集団のペースを上げるローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)フィニッシュに向けて集団のペースを上げるローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji / TDWsport

5年連続ウィランガヒル制覇に向けて、そして2年連続総合優勝に向けて大歓声の中を突き進んだポート。2番手のマッカーシーやベルナルとのタイム差は広がり続け、残り400mの時点でポートはおよそ15秒ものリードを得ることに成功する。暫定的にリーダージャージのポジションについたポートだったが「積極的に飛ばしすぎた影響で、残り300mあたりで止まりそうになった」と徐々に失速。後方からダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)が追い上げた。

いつも通りの勝ち方で、いつも通りのガッツポーズで、KOMオールドウィランガヒルの頂上にフィニッシュしたポート(ボーナスタイム10秒)。そのわずか8秒後にインピーがステージ2位(ボーナスタイム6秒)でフィニッシュする。スタートの時点で総合2位インピーと総合20位ポートの総合タイム差は12秒。結果、ポートがウィランガヒル最速の称号を防衛しながらも、リーダージャージはタイム差ゼロでインピーの手に渡った。

「これまでのウィランガヒル5勝の中で一番キツかったと思う。リーダージャージに手が届かなかったことは残念だけど、インピーがそれだけ良い走りをしたということ。今日は自分が彼をどれだけ離せるかにかかっていた。とにかくBMCレーシングにとってファンタスティックな日になったよ。(昨年7月ツールの落車以降)トレーニングに打ち込んで、モチベーション高くこのシーズンに挑めている。今年も7月に最高の状態にもっていきたい」とウィランガヒルの王者ポートは語る。

残り2kmを切ってアタックしたリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)残り2kmを切ってアタックしたリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji / TDWsport
独走でフィニッシュにやってきたリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)独走でフィニッシュにやってきたリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji / TDWsport
5年連続ステージ優勝に向かうリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)5年連続ステージ優勝に向かうリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji / TDWsportポートを追うジェイ・マッカーシー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)やエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)ポートを追うジェイ・マッカーシー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)やエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
5年連続ウィランガヒルを制したリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)5年連続ウィランガヒルを制したリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji / TDWsport8秒差のステージ2位に入ったダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)8秒差のステージ2位に入ったダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji / TDWsport

「オーストラリアチームのメンバーとしてダウンアンダーで総合首位に立つなんて、ファンタスティックで言葉が出てこない」と語るのは新リーダーのインピー。「まだ信じられない。もちろんこのレースに向けて準備をこなしてきたけど、総合首位に立つなんて想像していなかった。ジェイ(マッカーシー)についていけば表彰台を狙えるかなと思っていたので、リーダージャージは魔法にかかったような気分。明日はプレッシャーを感じながら走ることになるけど、ミッチェルトン・スコットは総合リードを守る準備ができている」。

最終日の第6ステージはアデレード市内を走るクリテリウム的な平坦ステージ。スプリントポイントとフィニッシュのボーナスタイムでポートの逆転は可能だが、ミッチェルトン・スコットはカレブ・ユアン(オーストラリア)を含めて強力な平坦系選手を揃えている。直前のサントス・ウィメンズツアー・ダウンアンダーを制したミッチェルトン・スコットが男女ダブル制覇に王手をかけた。


ダウンアンダー最大の難所であるKOMオールドウィランガヒルダウンアンダー最大の難所であるKOMオールドウィランガヒル photo:Kei Tsuji / TDWsport観客からビールを奪うアレクサンダー・エドモンソン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)観客からビールを奪うアレクサンダー・エドモンソン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji / TDWsport
ウィランガヒル最速の称号を守ったリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)ウィランガヒル最速の称号を守ったリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji / TDWsportタイム差ゼロで総合首位に立ったダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)タイム差ゼロで総合首位に立ったダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji / TDWsport
ステージ成績
1位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)3:42:22
2位ダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)0:00:08
3位トムイェルト・スラフテル(オランダ、ディメンションデータ)0:00:10
4位ドリス・デヴェナインス(ベルギー、クイックステップフロアーズ)
5位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)
6位ゴルカ・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)
7位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
8位ロベルト・ヘーシンク(オランダ、ロットNLユンボ)0:00:14
9位ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)
10位ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、トレック・セガフレード)
45位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)0:02:08
98位別府史之(日本、トレック・セガフレード)0:11:47
個人総合成績
1位ダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)18:02:15
2位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)
3位トムイェルト・スラフテル(オランダ、ディメンションデータ)0:00:16
4位ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)0:00:20
5位ドリス・デヴェナインス(ベルギー、クイックステップフロアーズ)
6位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)
7位ゴルカ・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)
8位ロベルト・ヘーシンク(オランダ、ロットNLユンボ)0:00:24
9位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ロットNLユンボ)
10位ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)
ポイント賞
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)51pts
2位カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)42pts
3位ダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)42pts
山岳賞
1位ニコラス・ドラミニ(南アフリカ、ディメンションデータ)48pts
2位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)36pts
3位スコット・ボーデン(オーストラリア、UniSAオーストラリア)26pts
ヤングライダー賞
1位エガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)18:02:35
2位ピエール・ラトゥール(フランス、アージェードゥーゼール)0:00:04
3位ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、トレック・セガフレード)
チーム総合成績
1位バーレーン・メリダ54:07:53
2位ディメンションデータ0:00:26
3位クイックステップフロアーズ0:01:04
Amazon.co.jp 
の画像 逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX
カテゴリー: DVD
メーカー: TCエンタテインメント
参考価格: ¥ 29,040
最安価格: ¥ 18,000
アマゾン価格: ¥ 21,809
の画像 逃げ切る力 逆境を生かす考え方
カテゴリー:
メーカー: 日本経済新聞出版
参考価格: ¥1,760
最安価格: ¥5,236
アマゾン価格: ¥1,760
の画像 逃げ出したくなったら読む本 (祥伝社黄金文庫)
カテゴリー:
メーカー: 祥伝社
参考価格: ¥660
最安価格: ¥1
アマゾン価格: ¥660