最高気温が42度まで上がり、短縮コースで開催されたサントス・ツアー・ダウンアンダー第3ステージ。大集団スプリントでリーダージャージのカレブ・ユアンを抜き去ったエリア・ヴィヴィアーニが移籍後初勝利を飾った。


逃げを見送ったメイン集団が高速道路を走る逃げを見送ったメイン集団が高速道路を走る photo:Kei Tsuji / TDWsport
アデレード市内から10kmの位置のグレネルグビーチアデレード市内から10kmの位置のグレネルグビーチ photo:Kei Tsuji / TDWsportマキュアン氏のインタビューを受けるカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)マキュアン氏のインタビューを受けるカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji / TDWsport

1月18日(木)第3ステージ グレネルグ〜ヴィクターハーバー 146.5km1月18日(木)第3ステージ グレネルグ〜ヴィクターハーバー 146.5km image:Santos Tour Down Underアデレード市内から10km西に位置し、トラムで簡単にアクセスが可能なビーチタウンのグレネルグをスタートしたサントス・ツアー・ダウンアンダー第3ステージ。前半のKOMペニーズロード(全長2.6km/平均7%)を除いて大きな登りはなく、ヴィクターハーバーにフィニッシュするコースの獲得標高差は1,100mほど。しかし南オーストラリア州をあげて厳戒態勢にある熱波の影響で最高気温は42度をマーク。前日の時点でレース主催者は146kmから120kmへのコース短縮を決定した。

スタート地点グレネルグに選手たちが到着した午前10時の時点で気温はすでに36度。ビーチに別れを告げてニュートラル走行が終わると、この日もスコット・ボーデン(オーストラリア、UniSAオーストラリア)と山岳賞ジャージのニコラス・ドラミニ(南アフリカ、ディメンションデータ)の2人が飛び出した。

3日連続のエスケープを仕掛けたボーデンとドラミニは最大6分のリードを得てKOMペニーズロードへ。ボーデンのアタックを封じたドラミニが山頂を先頭で通過した。山岳賞のリードを広げたドラミニは「暑くて誰も逃げたくない状況だったので、逃げに乗るのは難しくなかった。戦略的にKOMを先頭通過して山岳賞のリードを伸ばすことができたし、明後日の第5ステージで逃げに乗って1回目のウィランガヒルを先頭で通過することができれば山岳賞獲得が現実味を帯びてくる」とコメントしている。

3日連続で逃げたニコラス・ドラミニ(南アフリカ、ディメンションデータ)とスコット・ボーデン(オーストラリア、UniSAオーストラリア)3日連続で逃げたニコラス・ドラミニ(南アフリカ、ディメンションデータ)とスコット・ボーデン(オーストラリア、UniSAオーストラリア) photo:Kei Tsuji / TDWsport
スプリントポイントで先着するサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)スプリントポイントで先着するサム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji / TDWsport単独で逃げ続けるスコット・ボーデン(オーストラリア、UniSAオーストラリア)単独で逃げ続けるスコット・ボーデン(オーストラリア、UniSAオーストラリア) photo:Kei Tsuji / TDWsport
話しながら走る新城幸也(バーレーン・メリダ)と別府史之(トレック・セガフレード)話しながら走る新城幸也(バーレーン・メリダ)と別府史之(トレック・セガフレード) photo:Kei Tsuji / TDWsportリーダージャージを着て走るカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)リーダージャージを着て走るカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji / TDWsport
ミッチェルトン・スコットやロット・スーダルが集団先頭を固めるミッチェルトン・スコットやロット・スーダルが集団先頭を固める photo:Kei Tsuji / TDWsport
チームメイトに守られるカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)チームメイトに守られるカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji / TDWsport

KOMを先頭通過したドラミニはメイン集団に戻ることを選択し、ボーデンが単独でエスケープを続行。その後方にはミッチェルトン・スコットとロット・スーダルが率いるメイン集団。比較的平穏な展開となったが、2つのスプリントポイントでカチューシャ・アルペシンとボーラ・ハンスグローエがボーナスタイムを狙って動いたためペースアップする。総合狙いのネイサン・ハース(オーストラリア、ディメンションデータ)とジェイ・マッカーシー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)がそれぞれ貴重な2秒と1秒のボーナスタイムを得ている。

フィニッシュまで距離を残してボーデンが吸収されると、続いてティアゴ・マシャド(ポルトガル、カチューシャ・アルペシン)がソロエスケープを試みたが大きなリードは奪えない。最終的に100名ほどの大集団がヴィクターハーバーになだれ込み、テクニカルな複合コーナーを曲がってオーストラリアチャンピオンのアレクサンダー・エドモンソン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)が最終リードアウトを開始した。

エドモンソンに導かれる形でユアンが絶好の位置からスプリントへ。しかし、およそ7番手で最終コーナーを抜けたヴィヴィアーニがスピードを乗せた状態でユアンに迫る。ヴィヴィアーニの接近を知ったユアンが踏み始めたものの、すでにトップスピードに乗っていたヴィヴィアーニが勢い良く抜き去った。ヴィヴィアーニのスプリント中のトップスピードは71.7km/hで最大1368W。最後の18秒間は平均67.4km/hで1105Wだった。

リーダーチームとして集団牽引を担うミッチェルトン・スコットリーダーチームとして集団牽引を担うミッチェルトン・スコット photo:Kei Tsuji / TDWsport
スプリントポイントに向けて動いたティアゴ・マシャド(ポルトガル、カチューシャ・アルペシン)スプリントポイントに向けて動いたティアゴ・マシャド(ポルトガル、カチューシャ・アルペシン) photo:Kei Tsuji / TDWsportスプリントでカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)を抜き去ったエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)スプリントでカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)を抜き去ったエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
今シーズン初勝利を飾ったエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)今シーズン初勝利を飾ったエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji / TDWsport

カチューシャ・アルペシンに移籍したマルセル・キッテル(ドイツ)に代わって、フェルナンド・ガビリア(コロンビア)とともにクイックステップフロアーズのエーススプリンターを担う28歳がシーズン初戦で勝利。「強烈な暑さの1日だったけど、チームメイトのおかげでフレッシュな状態でスプリントに持ち込むことができた。新チームのメンバーは完璧な仕事をしてくれたし、感謝の言葉しか思い浮かばない。1月からトップコンディションで走るのは難しく、実際にこんな早い時期に勝ったのはこれが初めて。今シーズン4回目の集団スプリントでの勝利は悪くない。トラックレースの経験が生きたと思う」と、2016年リオ五輪トラックオムニアムで金メダルを獲得しているヴィヴィアーニは語る。

スプリント2連勝が期待されたユアンはフィル・バウハウス(ドイツ、サンウェブ)にも追い抜かれてステージ3位。ボーナスタイムによってリーダージャージを守っている。「完璧なリードアウトだった。チームメイトはオーダー通りの走りでスプリントに持ち込んでくれたのに、最後は自分のミスで勝利を逃してしまった。向かい風が強かったのでスプリント開始を待ったけど、長く待ちすぎてしまった。(総合が動く)明日と明後日は精神的にスイッチをオフにして、最終日にしっかりと結果を残したい」とユアン。

暑い一日を別府史之(トレック・セガフレード)は31位、新城幸也(バーレーン・メリダ)は71位でそれぞれフィニッシュ。「今までで一番暑かった5月のタイと比べると、今日はまだそこまでじゃなかった。ボトルの水がすぐお湯になる暑さでしたが、定期的にチームメイトがボトルを運んでくれるので、常にボトルは冷たい状態でした。飲みきる前にボトルを捨てるほどだったので実際に何本飲んだのか分かりません。すぐに喉が乾くので気をつけないといけなかった」と、選手たちを苦しめる暑さについて新城は語る。

総合争いの鍵を握るとされるKOMノートンサミットが終盤に設定された翌日の第4ステージはコーズ全長128kmで変更は無し。しかし再び最高気温40度オーバーの予報が出ているため、スローペースを考慮してレース主催者はレース開始時間を1時間早めることを決めている。また、7000人が参加する一般ライドイベントは参加者の健康を考慮して中止が決まっている。

集団内でフィニッシュする新城幸也(バーレーン・メリダ)集団内でフィニッシュする新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:Kei Tsuji / TDWsport最高気温42度の灼熱ステージを終えた別府史之(トレック・セガフレード)最高気温42度の灼熱ステージを終えた別府史之(トレック・セガフレード) photo:Kei Tsuji / TDWsport
勝利したエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)を祝福するペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)勝利したエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)を祝福するペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
移籍後初勝利を飾ったエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)移籍後初勝利を飾ったエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji / TDWsportスプリントでは敗れたもののリーダージャージは守ったカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)スプリントでは敗れたもののリーダージャージは守ったカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji / TDWsport

ステージ成績
1位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)3:04:40
2位フィル・バウハウス(ドイツ、サンウェブ)
3位カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
4位シモーネ・コンソンニ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
5位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
6位サイモン・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
7位アレクサンダー・エドモンソン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
8位ザッカリ・デンプスター(オーストラリア、UniSAオーストラリア)
9位ドリス・デヴェナインス(ベルギー、クイックステップフロアーズ)
10位ジェイ・マッカーシー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)
31位別府史之(日本、トレック・セガフレード)
70位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)
個人総合成績
1位カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)10:58:36
2位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)0:00:10
3位ダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)0:00:14
4位ジェイ・マッカーシー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:15
5位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:16
6位ネイサン・ハース(オーストラリア、カチューシャ・アルペシン)0:00:17
7位ヨナタン・レストレポ(コロンビア、カチューシャ・アルペシン)0:00:19
8位シモーネ・コンソンニ(イタリア、UAEチームエミレーツ)0:00:20
9位ロベルト・ヘーシンク(オランダ、ロットNLユンボ)
10位アントニー・ルー(フランス、FDJ)
ポイント賞
1位カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)42Pts
2位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)37pts
3位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)36pts
山岳賞
1位ニコラス・ドラミニ(南アフリカ、ディメンションデータ)36pts
2位スコット・ボーデン(オーストラリア、UniSAオーストラリア)18pts
3位ウィリアム・クラーク(オーストラリア、EFエデュケーションファースト)12pts
ヤングライダー賞
1位カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)10:58:36
2位ヨナタン・レストレポ(コロンビア、カチューシャ・アルペシン)0:00:19
3位シモーネ・コンソンニ(イタリア、UAEチームエミレーツ)0:00:20
チーム総合成績
1位バーレーン・メリダ32:56:48
2位ミッチェルトン・スコット
3位アージェードゥーゼール
Amazon.co.jp 
の画像 Le Tour de France 2017 (PS4) (輸入版)
カテゴリー: Video Games
の画像 ツール・ド・フランス2017公式プログラム (ヤエスメディアムック534)
カテゴリー:
メーカー: 八重洲出版
参考価格: ¥1
最安価格: ¥5,104
アマゾン価格: ¥1
の画像 ツール・ド・フランス2017 スペシャルBOX(Blu-ray2枚組)
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
最安価格: ¥ 8,415
アマゾン価格: ¥ 8,415