激しい短距離決戦が繰り広げられた第26回ジャパンカップで、5名によるスプリントを制したマルコ・カノラ(NIPPOヴィーニファンティーニ)が優勝!史上初のクリテリウム・ロードレース両制覇を成し遂げた。



最終周回、5名の逃げグループを牽引するマルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)最終周回、5名の逃げグループを牽引するマルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ) photo:Makoto.Ayano

詳しくは後ほどレポートします。
ジャパンカップ2017暫定結果
1位マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)
2位ベンジャミン・プラデス(スペイン、チーム右京)
3位雨澤穀明(宇都宮ブリッツェン)
4位アントワン・トルホーク(オランダ、ロットNLユンボ)
5位トマ・ルバ(フランス、キナンサイクリングチーム)