10月21日に開催されたジャパンカップクリテリウムで、ロングスプリントを仕掛けたマルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)が勝利を飾った。


詳しくは後ほどレースレポートでお伝えします。

雨のスプリントを制したマルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)雨のスプリントを制したマルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ) photo:Kei Tsuji
ジャパンカップクリテリウム暫定結果
1位マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)43:57:00
2位フアンホセ・ロバト(スペイン、ロットNLユンボ)
3位ブラム・ヴェルテン(オランダ、BMCレーシング)
4位雨乞竜己(キナンサイクリングチーム)
5位ベンジャミン・ヒル(オーストラリア、アタッキ・チームグスト)
6位ジョン・アベラストゥリ(スペイン、チーム右京)
7位下島将輝(那須ブラーゼン)
8位阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)
9位小坂光(クリテリウムスペシャルライダーズ)
10位アレックス・ハウズ(アメリカ、キャノンデール・ドラパック)
中間スプリント(1回目)
1位鈴木龍(ブリヂストンアンカー)
2位石上優大(日本ナショナルチーム)
3位畑中勇介(チーム右京)
中間スプリント(2回目)
1位ダニーロ・ウィス(スイス、BMCレーシング)
2位グレゴリー・ダニエル(アメリカ、トレック・セガフレード)
3位クーン・デコルト(オランダ、トレック・セガフレード)
中間スプリント(3回目)
1位鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)
2位中村龍太郎(クリテリウムスペシャルライダーズ)
3位グレゴリー・ダニエル(アメリカ、トレック・セガフレード)