超級山岳イゾアール峠にフィニッシュする今大会最後の山岳ステージでマイヨアポワを着るワレン・バルギルが勝利。クリストファー・フルームはライバルたちの攻撃を全て封じたものの、ステージ3位のロマン・バルデが総合タイム差を4秒詰めることに成功した。


チームスカイを先頭にアルプスを走るチームスカイを先頭にアルプスを走る photo:Tim de Waele / TDWsport
ツール・ド・フランス2017第18ステージツール・ド・フランス2017第18ステージ ©GEOATLASツール・ド・フランス2017第18ステージツール・ド・フランス2017第18ステージ ©A.S.O.

2017年のマイヨジョーヌをかけた最後の山岳決戦の舞台となったのがイタリア国境に近い超級山岳イゾアール峠(全長14.1km/平均7.3%)の山頂フィニッシュ。残り50km地点でピークを迎える1級山岳ヴァール峠(全長9.3km/平均7.5%)を越えて、ツール35回目の登場となる今大会最後の超級山岳に挑む。

ブリアンソンの街を出てすぐに始まった新城幸也(バーレーン・メリダ)も加わるアタック合戦は熾烈を極め、やがて14kmが経過したところでメイン集団が割れたといってもいい形で54名が先行。総合最高位は総合16位(33分32秒差)のブリース・フェイユ(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ)。つまり総合争いに関係しない選手による逃げ集団が形成されると、チームスカイ率いるメイン集団はこれを見送った。

逃げ集団からは3級山岳でリリアン・カルメジャーヌ(フランス、ディレクトエネルジー)とトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)がアタック。山岳賞3位のデヘントが先頭で通過して2ポイントを重ねる。その後も逃げ集団ではアタックが繰り返されたが、概ね54名の塊のまま8分15秒リードをキープして後半へ。スプリントポイント(93km地点)を先頭通過したソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)はポイント賞3位までポジションを上げた。

レース序盤に形成された54名の巨大な逃げ集団レース序盤に形成された54名の巨大な逃げ集団 photo:Tim de Waele / TDWsport
レース序盤からメイン集団をコントロールしたチームスカイレース序盤からメイン集団をコントロールしたチームスカイ photo:Tim de Waele / TDWsport
先頭でイゾアール峠を登るアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)先頭でイゾアール峠を登るアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ) photo:Tim de Waele / TDWsport追走グループを形成するトニー・ガロパン(フランス、ロット・ソウダル)ら追走グループを形成するトニー・ガロパン(フランス、ロット・ソウダル)ら photo:Tim de Waele / TDWsport
馬と見せかけて牛に乗ってツールを観戦馬と見せかけて牛に乗ってツールを観戦 photo:Tim de Waele / TDWsport
1級山岳ヴァール峠でロメン・シカール(フランス、ディレクトエネルジー)とダルウィン・アタプマ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)が積極的にペースアップすると逃げ集団は崩壊する。トニー・ガロパン(フランス、ロット・ソウダル)とアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ)が合流して先頭は4名に。ルツェンコが1級山岳ヴァール峠を先頭通過したことで、この時点で暫定的にワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)のマイヨアポワ獲得が確定した。

先頭がルツェンコ、ロメン・アルディ(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ)、ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)の3名に再編成される中、6分後方のメイン集団ではアージェードゥーゼールのペースアップがスタート。逃げグループとのタイム差を詰めながら超級山岳イゾアール峠へ。

本格的な登坂開始を前に先頭で独走に持ち込んだのはルツェンコ。しかし標高2,360mの頂上に向かう険しい登りは完全にクライマー向きだった。ポジションを上げたアタプマが残り6.5km地点でルツェンコをパスして先頭に立つ。

アージェードゥーゼールがハイペースを刻むメイン集団からは総合4位のファビオ・アル(イタリア、アスタナ)が脱落してしまう。すると、総合10位のワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)と総合9位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)がメイン集団からアタック。先頭アタプマから1分45秒遅れで残り5km地点を通過したバルギルがやがてコンタドールを振り切った。

バルギルはその後も快調に登りを進み、残り1.5kmでついに先頭のアタプマをキャッチする。フラムルージュ通過とともにバルギルがアタプマを千切って独走開始。執拗に後方を確認しながらリードを保ったバルギルが天を指差してフィニッシュした。

イゾアール峠でメイン集団のペースを上げるアージェードゥーゼールイゾアール峠でメイン集団のペースを上げるアージェードゥーゼール photo:Tim de Waele / TDWsport
集団前方を固めるクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)やロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)集団前方を固めるクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)やロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール) photo:Tim de Waele / TDWsport超級山岳イゾアール峠でメイン集団から脱落するファビオ・アル(イタリア、アスタナ)超級山岳イゾアール峠でメイン集団から脱落するファビオ・アル(イタリア、アスタナ) photo:Tim de Waele / TDWsport
イゾアール峠でアタックしたアルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)イゾアール峠でアタックしたアルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード) photo:Tim de Waele / TDWsport様子見のアタックを仕掛けるミケル・ランダ(スペイン、チームスカイ)様子見のアタックを仕掛けるミケル・ランダ(スペイン、チームスカイ) photo:Tim de Waele / TDWsport
イゾアール峠の「カスデゼルト」を走るクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)イゾアール峠の「カスデゼルト」を走るクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
天を指差してフィニッシュするワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)天を指差してフィニッシュするワレン・バルギル(フランス、サンウェブ) photo:Tim de Waele / TDWsport
一方のメイン集団ではマイヨジョーヌ争いが白熱。ペースを作ったミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)が下がると今度は総合5位のミケル・ランダ(スペイン、チームスカイ)が集団からアタック。チームスカイのサブエースを追って総合6位のダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)や総合3位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)が追撃したものの、マイヨジョーヌのフルームが落ち着いてこれらを処理する。逆に残り3km地点でフルームが自ら動き、短い下り区間を攻めて前を走るランダに合流した。

しかしフルームは直近のライバルたちを引き離せず、リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)とバルデが追いついてマイヨジョーヌグループは4名に。ランダが献身的な引きでフルームをエスコートし、その後ろにバルデとウランが食らいついてフラムルージュを潜る。

残り400mでバルデがアタックを繰り出すとランダが力尽き、フルームとともにスプリントしながら登りを突き進む。最後はステージ2位アタプマのすぐ後ろまで迫り、先頭バルギルから20秒遅れでフルームを下したバルデがステージ3位フィニッシュした。

「現実として受け入れることができない」と、ステージ2勝目のバルギルは語る。「アルベルト・コンタドールを引き離して総合順位を上げるためにアタック。でもどれだけの選手が前に残っているのかわからなかった。トニー・ガロパンが最後だと思っていたらまだダルウィン・アタプマがいた。ツール・ド・スイスで彼に負けたことが頭をよぎったけど、リベンジのつもりで走ったんだ」。

バルギルはマイヨアポワを確定させるとともに総合9位に浮上。将来的にマイヨジョーヌを狙うことを公言した。「今はこのマイヨアポワを堪能したい。そして次は総合成績を狙うためにツールに戻ってきたい」。

スプリントでフィニッシュを目指すクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)とワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)スプリントでフィニッシュを目指すクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)とワレン・バルギル(フランス、サンウェブ) photo:Tim de Waele / TDWsport
同タイムでフィニッシュするロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)とクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)同タイムでフィニッシュするロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)とクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Tim de Waele / TDWsport
「フィニッシュラインで息が止まるかと思ったほど、力を出し尽くした」と語るのはステージ3位に入り、フルームとの総合タイム差を4秒詰めて23秒としたバルデ。「チームとしてレースを動かして、最後は気持ちで押し切った。何も後悔しないようにリスクも負った。まだ個人TTが残っているけど、昨年よりも総合で1つ上(総合2位)につけているのですでに成功した気分だ」。

今大会最後の山岳決戦を終えて、総合1位フルームと総合2位バルデの総合タイム差は23秒、そして総合3位ウランとの総合タイム差は29秒に。アルが失速したためランダが1分36秒差の総合4位に浮上している。総合首位でアルプスを終えたフルームは「もちろんツールで最も象徴的な登りでステージ優勝できれば最高だったけど、それよりもマイヨジョーヌを守ることが最優先だった。最も厳しい山岳ステージはこれで終了。マイヨジョーヌを着たままパリにたどり着くことができれば別にステージ優勝なしでも構わない」とコメントする。

総合争いを決するのは第20ステージのマルセイユ個人タイムトライアル。フルームは「マイヨジョーヌの最も大きな脅威はウラン。オールラウンダーの中で自分に次いで2番目にタイムトライアル力があるのが彼であり、29秒しか離れていない。マルセイユの個人TTで注意すべきはウランだ」と、23秒差のバルデではなく29秒差のウランを警戒している。

ステージ2勝目を飾ったワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)ステージ2勝目を飾ったワレン・バルギル(フランス、サンウェブ) photo:Tim de Waele / TDWsport
バルデから4秒失いながらもマイヨジョーヌを守ったクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)バルデから4秒失いながらもマイヨジョーヌを守ったクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Tim de Waele / TDWsport
イゾアール峠の「カスデゼルト」を通過イゾアール峠の「カスデゼルト」を通過 photo:Tim de Waele / TDWsport
ツール・ド・フランス2017第18ステージ結果
ステージ成績
1位ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)4:40:33
2位ダルウィン・アタプマ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)0:20
3位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)
4位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)
5位リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)0:22
6位ミケル・ランダ(スペイン、チームスカイ)0:32
7位ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)0:37
8位ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)0:39
9位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)0:59
10位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)1:09
13位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)3:14
16位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)5:07
105位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)23:50
敢闘賞ダルウィン・アタプマ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)78:08:19
2位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)0:23
3位リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)0:29
4位ミケル・ランダ(スペイン、チームスカイ)1:36
5位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)1:55
6位ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)2:56
7位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)4:46
8位ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)6:52
9位ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)8:22
10位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)8:34
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)364ts
2位アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)204pts
3位ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)163pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)169pts
2位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)80pts
3位 トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)63pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)78:13:05
2位ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)2:06
3位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)26:15
チーム総合成績
1位チームスカイ234:42:38
2位アージェードゥーゼール15:18
3位BMCレーシング1:47:35
Amazon.co.jp 
の画像 人気店が教える 小さなバルの絶品レシピ Special!
カテゴリー: Book
著者: 花本 朗, 福本 智, 高城 直弥
出版社: 河出書房新社
最安価格: ¥ 1,650
アマゾン価格: ¥ 1,650
の画像 おうちでバル【BAR】―欧風的立ち飲み屋さんのタパス99 (池田書店の料理新書シリーズ)
カテゴリー: Book
著者: 高橋 雅子
出版社: 池田書店
最安価格: ¥ 1,100
アマゾン価格: ¥ 1,100
の画像 バル・デリ・和つまみレシピ 主婦の友実用No.1シリーズ
カテゴリー: eBooks
メーカー: 主婦の友社