スペシャライズドが誇るクロスカントリ―フルサスペンションバイク「EPIC」がフルモデルチェンジ。持てる全ての技術を投入し、最速を目指したレーシングモデルとして生まれ変わった。同時に新たにラインアップに加わったアルミのハードテールバイク「CHISEL」も紹介しよう。



スペシャライズド New EPIC

S-WORKS EPIC MEN CARBON SRAM 29S-WORKS EPIC MEN CARBON SRAM 29 (c)スペシャライズド・ジャパン
年々激しくなるクロスカントリーのレースシーン。ジープロードがメインとなり、登り区間だけが勝負を左右するようなコースだったのは遠い昔のこと。コースのほぼ全てはシングルトラックになり、ロックガーデンやドロップオフなど、テクニカルで激しいセクションが登り下り問わず現れ、より過酷なものとなっている。

現在のクロスカントリーレースで「最速」であるためには、登りと下り、どちらのシーンでも活躍できる万能性が求められる。それは選手にとっては、フィジカルとテクニックの双方を兼ね備えたライダーが最強であるということでもあり、バイクにとっては、軽く、トラクション性能に優れ、かつコントローラブルであることが求められている。

そんな理想のバイクとして、スペシャライズドが開発したのがこの新型EPICだ。ライダーファースト・エンジニアードを採用し、フレームデザインを一新した新型EPICのテーマは3つ。”LIGHTER/より軽く”、”SMARTER/より効率的に”、”FASTER/より速く”。この3つのテーマを満たすために、最新のテクノロジーが投入された。

S-Works Epicを駆るシモン・アンドレアッセン(デンマーク)S-Works Epicを駆るシモン・アンドレアッセン(デンマーク) (c)スペシャライズド・ジャパン
クロスカントリーレースで、依然として大きな勝負所であるのがクライミングセクションだろう。そこで速さに直結するのが軽量性だ。スペシャライズドは、FACT 12mカーボンファイバーを使用することで、大幅な軽量化を達成。さらに、リアエンドのピボットを廃するとともに、余分なカーブを廃し直線的なフレームワーク、最適なねじれ剛性を持つチューブ形状など、あらゆる部分で無駄な重量を削減することに取り組んだ結果として、350gほどの重量をセーブすることに成功したという。

第2のテーマ、効率性について、スペシャライズドが注目したのがサスペンションだ。路面に追従しつつ、ライダーの力を吸収しないサスペンションこそが最高の効率性を実現する。そのためにスペシャライズドが用意したのが、独自のBrainテクノロジーをさらに推し進めた、”Brain2.0"だ。

慣性バルブによってサスペンションの動きを制御するBrainテクノロジ―をさらに改良すべく、ロックショックスと共に開発したのがEpicに搭載されるBrain2.0だ。慣性によってバルブの開閉を制御し、路面からの入力とライダーからの入力を識別するというBrainの特性を最大限に活かすべく、スペシャライズドはBrainユニットをリアアクスルに移動させた。

S-Works EpicS-Works Epic (c)スペシャライズド・ジャパンBrainユニットがリアアクスル付近へと移動されたBrainユニットがリアアクスル付近へと移動された (c)スペシャライズド・ジャパン

ワールドカップレベルのバイクとして開発されたS-Works Epicワールドカップレベルのバイクとして開発されたS-Works Epic (c)スペシャライズド・ジャパン登りも下りも最速であることを目標としたS-Works Epic登りも下りも最速であることを目標としたS-Works Epic (c)スペシャライズド・ジャパン


入力に対して最も敏感なスポットであるリアアクスルへとセンサーを配置したことにより、劇的な性能の向上を見せたBrain2.0は、バンプの衝撃にシームレスで反応し、振動減衰性能がより一貫したものへと進化した。さらに、オイルホースはサスペンションリンクと一体化されているため、オイルがスムーズに流れるとともに、ショックユニットのフォルムもスマートになった。

さらに、レースバイクにとってはフレーム剛性も重要なファクターとなってくる。新型EPICは、複雑なカーボンピースを最適な位置へと配置することで、フロント周りの剛性を大幅にアップし、乗り味とコントロール性を大幅に向上させた。スペシャライズドが誇る”ライダーファーストエンジニアード”を採用することで、用意される3サイズごとに最適なチューブを使用し、共通のライドフィールを実現している。

S-WORKS EPIC MEN CARBON 29 FRAMESET グロスサテンチャコールティントカーボン/ブラックS-WORKS EPIC MEN CARBON 29 FRAMESET グロスサテンチャコールティントカーボン/ブラック S-WORKS EPIC MEN CARBON 29 FRAMESET サテングロスロケットレッド/ブラックS-WORKS EPIC MEN CARBON 29 FRAMESET サテングロスロケットレッド/ブラック
EPIC MEN EXPERT CARBON 29EPIC MEN EXPERT CARBON 29 (c)スペシャライズド・ジャパンEPIC MEN COMP 29EPIC MEN COMP 29 (c)スペシャライズド・ジャパン

最後のテーマ、”FASTER/より速く”への回答は、よりアグレッシブなコースへと合わせた新たなクロスカントリー専用ジオメトリー。リーチを伸ばし、ヘッドアングルを1.5度寝かせることで、急で荒れた下りをハイスピードで走っても扱いやすいバイクに仕上がっている。だが、単に安定性を求めたジオメトリーの変更ではない。フォークオフセットを45mmとし、安定感とクイックなハンドリング性能を合わせ持つジオメトリーへと辿りついた。

最新のクロスカントリーシーンに対応し、勝利を掴むためにリニューアルした新型EPICは3つの完成車と1つのフレームセットにて展開される。Fact12mカーボンを採用したフラッグシップであるS-Worksグレードはロックショックス SID WC Brainとスラム XX1 Eagle仕様の完成車とフレームセットが用意される。Fact11mカーボンを採用するミドルグレード、Expert、そしてダルージオスマートウェルドテクノロジーによって滑らかな溶接を実現したM5アルミフレームのCompの2種類の完成車も展開する。サイズはS、M、Lの3種類。



スペシャライズド S-WORKS EPIC MEN CARBON SRAM 29
カラー:サテングロスブラック/メタリックホワイトシルバー
サスペンション:ロックショックス SID WC Brain 29
コンポーネント:スラム XX1イーグル
サイズ:S、M、L
価 格:993,600円(税込)

スペシャライズド S-WORKS EPIC MEN CARBON 29 FRAMESET
カラー:グロスサテンチャコールティントカーボン/ブラック、サテングロスロケットレッド/ブラック
サスペンション:ロックショックス SID WC Brain 29
サイズ:S、M、L
価 格:594,000円(税込)

スペシャライズド EPIC MEN EXPERT CARBON 29
カラー:グロスゴールドフレーク/キャンディレッド/コスミックブラック
サスペンション:ロックショックス SID 29 w/ Brain,
コンポーネント:スラムGXイーグル
サイズ:S、M、L
価 格:561,600円(税込)

スペシャライズド EPIC MEN COMP 29
カラー:サテンスレート/ノルディックレッド
サスペンション:ロックショックス Reba RL 29
コンポーネント:スラムGX
サイズ:S、M、L
価 格:345,600円(税込)



スペシャライズド CHISEL

CHISEL MEN DSW EXPERT 29(グロスロケットレッド/ブラック)CHISEL MEN DSW EXPERT 29(グロスロケットレッド/ブラック) (c)スペシャライズド・ジャパン
スペシャライズドのMTBラインアップにおいて、過去にはCraveやStumpjumper HTといったモデルが担ってきたアルミハードテールバイク。近年アルミの加工技術もさらに進化し、レーシングバイクとしてアルミ素材が再度注目を集め始めた背景がある中で、スペシャライズドは同社オリジナルのテクノロジーであるDSW(ダルージオ・スマートウェルド)工法をMTBに初めて投入したモデルを開発。それが今回登場した「CHISEL」である。

DSW工法は単純なパイプを繋ぎ合わせていた従来の製作過程とは異なり、あらかじめハイドロフォーミングでチューブ端の接合部表面に谷間ができるよう整形し、その溝を埋めるように溶接をするというテクノロジー。これにより、溶接部を薄く軽く仕上げることができ、かつ接合部の位置を最も応力のかかる部分から離すこともできるという。DSWを用いたCHISELは従来モデルよりも200g以上軽量化しており、かつ剛性も高められることで、XCレースにも最適なマシンとして誕生している。

MTBとして初めてDSW(ダルージオ・スマートウェルド)工法を取り入れ、完成車でアンダー20万円を達成したMTBとして初めてDSW(ダルージオ・スマートウェルド)工法を取り入れ、完成車でアンダー20万円を達成した (c)スペシャライズド・ジャパン
今回XCレースジオメトリーに変更を加えたXC 29ジオメトリーが新たに採用。長めのトップチューブ、短めのヘッドチューブ、ややゆとりのあるフロントエンドとなることで、ダウンヒルでの安定性は大幅に高まり、ライダーへのフィット範囲も広くなったという。それでいて、登坂性能を犠牲にしない走りの軽さも獲得している。

フレーム素材は同社が誇るM5アルミ合金。ワイヤー類はフル内装される仕様で、ドロッパーシートポストにも対応するポートを予め備えているという。BBはねじ切りタイプで、ハブはフロント15×110mm、リア12×148mmのブースト仕様。ロックショックスのサスペンションフォークはSサイズで90mm、Mサイズ以上で100mmのトラベル量だ。

販売は完成車のみで行われ、スラムGXのワンバイコンポーネントとされたCHISEL DSW EXPERT 29と、シマノDeoreXTでフロントダブル仕様のCHISEL DSW COMP 29の2車種がラインアップ。カラーはそれぞれ2色ずつ展開され、サイズはS、M、Lの3つが揃う。


CHISEL MEN DSW EXPERT 29(サテングロスブラック/ブラック)CHISEL MEN DSW EXPERT 29(サテングロスブラック/ブラック) (c)スペシャライズド・ジャパンCHISEL MEN DSW COMP 29(グロスライトブルー/ロケットレッド)CHISEL MEN DSW COMP 29(グロスライトブルー/ロケットレッド) (c)スペシャライズド・ジャパン
CHISEL MEN DSW COMP 29(グロスチャコール/ブラック)CHISEL MEN DSW COMP 29(グロスチャコール/ブラック) (c)スペシャライズド・ジャパン
スペシャライズド CHISEL MEN DSW EXPERT 29
カラー:サテングロスブラック/ブラック、グロスロケットレッド/ブラック
サスペンション:ロックショックス Reba RL 29
コンポーネント:スラム GX
サイズ:S、M、L
価 格:199,800円(税込)

スペシャライズド CHISEL MEN DSW COMP 29
カラー:グロスライトブルー/ロケットレッド、グロスチャコール/ブラック
サスペンション:ロックショックス Judy 29
コンポーネント:シマノ DeoreXT
サイズ:S、M、L
価 格:167,400円(税込)

Amazon.co.jp 
の画像 エピック・コンテンツマーケティング 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書
カテゴリー: Book
著者: ジョー・ピュリッジ
出版社: 日本経済新聞出版社
最安価格: ¥ 2,592
アマゾン価格: ¥ 2,592
の画像 20世紀のクラシック・スペシャ
カテゴリー: Music
メーカー: ポリドール
参考価格: ¥ 1,258
最安価格: ¥ 7,480
の画像 キャスト・アウェイ  スペシャ [DVD]
カテゴリー: DVD
著者: 洋画
出版社: ジェネオン エンタテインメント株式会社
参考価格: ¥ 1,543
最安価格: ¥ 1,274