今年のツール・ド・フランスで一部選手に供給され、第6世代のデビューを飾ったオルベアのフラッグシップモデル、新型ORCAをレビュー。定評あるトータル性能を更に引上げるべく、軽量化と剛性強化、そして空力を煮詰めたコンペティションモデルだ。



ツール・ド・フランスで投入された新型ORCA OMRツール・ド・フランスで投入された新型ORCA OMR (c)www.orbea.com
4度のフルモデルチェンジ、マイナー変更まで含めれば5度と変革を繰り返しながら、オルベア社のフラッグシップモデルの座を長く守り続けているORCA(オルカ)。2016年のツール・ド・フランスでコフィディスの一部選手に供給され話題を呼んだのが、先日正式デビューを果たした第5世代目となる新型ORCA OMRだ。

生粋のプロ供給用モデルであるORCAだけに、モデルチェンジにあたってのテーマは、軽量化と剛性、空力を強化しながら快適性をも高めること。これまでもピュアレーサーとして高い評価を受けていたが、各種性能をトータルで引き上げることでさらなるブラッシュアップを遂げている。

シンプルになったチェーンステーやトップチューブで快適性を演出するシンプルになったチェーンステーやトップチューブで快適性を演出する (c)www.orbea.comTTバイクのORDU同様、フリーフロー設計をフロントフォークに投入。大股にすることで高い整流効果を生む仕組みだTTバイクのORDU同様、フリーフロー設計をフロントフォークに投入。大股にすることで高い整流効果を生む仕組みだ (c)www.orbea.com

ヘッドチューブは剛性を強化。長さを短縮し、よりアグレッシブなポジションを可能にヘッドチューブは剛性を強化。長さを短縮し、よりアグレッシブなポジションを可能に シートポストクランプは内蔵式にシートポストクランプは内蔵式に


外見上の大きな変化は、衝撃を緩和するためにフォークやシートステー端部に設けられていた屈曲が無くなり、シンプルなストレート形状になったこと。合わせて各チューブも丸断面に近いフォルムとなったほか、トップチューブ前部のデザインもシンプル化され、ロードレーサー然としたオーソドックスなスタイルに変化を遂げている。

剛性面に関しては、よりレーシーなポジションに合わせるべく5mm短縮されたヘッドチューブなども含めて、ヘッドチューブ〜ダウンチューブ〜チェーンステーの値はオルカ史上最高となる94Nmに。TTバイクのORDUからヒントを得た、大股のデザインでフロントホイールとフォーク内側の間隔を広げ整流効果を高めた(40km/hで10km走行した場合、4秒短縮)フロントフォークは前後に20%、左右に26%の剛性強化を果たした。

直線的なチェーンステーは短く設定され、反応性向上に貢献している直線的なチェーンステーは短く設定され、反応性向上に貢献している ボトムブラケットの規格はBB386ボトムブラケットの規格はBB386

UCIレースでの使用を見据えたディスクブレーキモデルも同時にデビューしているUCIレースでの使用を見据えたディスクブレーキモデルも同時にデビューしている (c)www.orbea.com12mmスルーアクスル、フラットマウント、リアエンド幅142mm12mmスルーアクスル、フラットマウント、リアエンド幅142mm (c)www.orbea.com


快適性についての数値は謳われていないが、左右でワイドに、かつ非常に細く設定されたシートステーがその役割を担う。その他ジオメトリーも変更されており、先述のヘッドチューブと合わせてチェーンステーも短縮して反応性を高め、かつBBハイトを下げることで低重心化を狙っている。シートチューブ内に組み込まれたシートクランプや、28Cタイヤを装着できるクリアランスなど、最新のトレンドを組み込むことにも積極的。SRMとQUARK用のマグネットをセットする場所も最初から設けられている。

結果的に新型ORCAは先代からフレーム+フォークで92gを削減し、フレームは795g、フォークは315gに。加えてUCIレースでの使用を見据えたディスクブレーキモデルも同時発表されており、もちろん前後12mmスルーアクスル+フラットマウントという規格。ブレーキローター径は前160mm、後140mmをデフォルトに設定している。

コフィディスの選手たちによってプロトタイプがテストされ、実戦投入されたORCA OMRコフィディスの選手たちによってプロトタイプがテストされ、実戦投入されたORCA OMR (c)www.orbea.com
新型ORCAはオルベアのカラーオーダーシステム「MyO(マイ・オー)」に対応しており、搭載コンポーネント・パーツ別に計14種類の完成車と2種類(ノーマル/ディスクブレーキ)のフレームセットが販売される。60万円〜140万円まで幅広いバリエーションが用意されているため、自分にぴったりの一台が見つかるはずだ。



オルベア ORCA OMRフレームセット
フレーム素材:オルカ カーボン OMR
フォーク :OMRカーボン、カーボンコラム、カーボンドロップエンド1-1/8”-1.5”
カラー:6種類+MyO
サイズ:47、49、51、53、55、57、60
シートポスト径:27.2mm
ボトムブラケット規格:BB386
・ケーブル・ワイヤーセット付属、パワーメーター対応
価格:480,000(税抜)、500,000円(MyO、税抜)

オルベア ORCA OMRディスクフレームセット
フレーム素材:オルカ カーボン OMR
フォーク :OMRカーボン、カーボンコラム、カーボンドロップエンド1-1/8”-1.5”、スルーアクスル12×100mm
カラー:6種類+MyO
サイズ:47、49、51、53、55、57、60
シートポスト径:27.2mm
ボトムブラケット規格:BB386
・ケーブル・ワイヤーセット付属、パワーメーター対応、リアスルーアクスル 12×142㎜
価格:480,000(税抜)、500,000円(MyO、税抜)

完成車バリエーションはポディウムホームページ内の製品ページを確認のこと。

Amazon.co.jp 
の画像 家庭で作れるスペイン・バスク料理
カテゴリー:
メーカー: 河出書房新社
参考価格: ¥890
最安価格: ¥485
アマゾン価格: ¥890
の画像 甘い香りの幸せデザート―南仏・バスク地方のシンプルな暮らし
カテゴリー:
メーカー: アップオン
参考価格: ¥1,236
最安価格: ¥11,144
アマゾン価格: ¥1,236