世界でもトップクラスのカーボンテクノロジーを誇るジャーマンブランドであるライトウェイト。軽量フレーム「ウルゲシュタルト」をベースに、ホイールやハンドルなど、同社が誇るパーツをアッセンブルした全世界24台の限定車が登場した。



ライトウェイト URGESTALT GOLD EDITIONライトウェイト URGESTALT GOLD EDITION (c)ポディウム通常ホワイトのデザインが金色に変わったゴールドエディション通常ホワイトのデザインが金色に変わったゴールドエディション (c)ポディウム


ツール・ド・フランスをはじめとした数々のビッグレースで勝利を争ってきた選手たちが自費購入し、ここ一番という場面で使用してきた「究極の回転体」。そんな伝説的なストーリーを持つホイールを制作してきたのがライトウェイトである。

今回発表されたのは、同社が2年前にリリースしたフレーム「ウルゲシュタルト」をベースとした完成車。精悍なブラックの車体に落ち着いたイメージのゴールドが差し込まれるプレミアムバイクだ。790gに仕上がった軽量フレームは「究極のホイールとシンクロする、究極のフレーム」として開発された、ライトウェイト入魂の一作だ。チェーンステーにはシリアルナンバーがプリントされ、世界に24本のみの限定モデルだということを主張する。

マイレンシュタイン オーバーマイヤー シュヴァルツエディション特別モデルマイレンシュタイン オーバーマイヤー シュヴァルツエディション特別モデル (c)ポディウムチェーンステーにはシリアルナンバーがいれられるチェーンステーにはシリアルナンバーがいれられる (c)ポディウム


そこに組み合わせられるホイールは、もちろんライトウェイトの最高グレードである「マイレンシュタイン オーバーマイヤー シュヴァルツエディション」。ライトウェイトのスタンダードモデルであるマイレンシュタインのあらゆる要素を進化させ、より軽く、より高い剛性を実現したオーバーマイヤー。そこにセラミックスピードのベアリングをインストールし、180kmで9分のアドバンテージを生み出すことに成功した漆黒の最高級モデルがシュヴァルツエディションだ。今回の特別モデルでは、ライトウェイトのロゴ、そして2本のスポークがゴールドに塗装される。

ハンドルももちろんライトウェイト・コンパクトビューゲルで揃えられる他、付属するボトルケージもライトウェイト・エーデルヘルファーと細部にわたってぬかりないアッセンブルだ。ハンドル幅は40,42,44サイズから選択可能。これらもフレーム同様、ゴールドの特別ペイントが施される。

THMカーボンクランクTHMカーボンクランク (c)ポディウムコンパクトビューゲルコンパクトビューゲル (c)ポディウム

ボトルケージ「エーゲルヘルファー」もゴールドだボトルケージ「エーゲルヘルファー」もゴールドだ (c)ポディウム各所に金色のラインがあしらわれたプレミアムデザインだ各所に金色のラインがあしらわれたプレミアムデザインだ (c)ポディウム


コンポーネントはシマノ・デュラエースDi2。クランクは同じカーボンスポーツグループに属するジャーマンブランドTHMの超軽量モデル「クラビクラSE」だ。クランクはアーム長を170,172.5,175mmから、歯数を34/50、36/52、39/53から、スプロケットも11-25T、11-28Tから選択することができる。

フレームサイズは48、51、54、56、58、60の6種類。完成車重量は5.8kgに収まっている。価格は3,000,000円(税抜)。取り扱いはポディウム。



ライトウェイト URGESTALT GOLD EDITION
サイズ:48、51、54、56、58、60
メインコンポーネント:シマノ9070デュラエースDi2
ハンドル:コンパクトビューゲル (芯-芯)40、42、44cm
ステム長:90、100、110、120mm
クランク:THMカーボンクランク-170、172.5、175mm-34/50、36/52、39/53
スプロケット:11-25T、11-28T
ホイール:マイレンシュタイン オーバーマイヤー (シュヴァルツエディション特別モデル)
総重量:5.8kg
価格:3,000,000円(税抜)