来る者あれば去る者あり。2015年シーズンを最後に現役を引退する選手たちをリストアップ。カデル・エヴァンスやイヴァン・バッソ、アレッサンドロ・ペタッキ、パブロ・ラストラスらが新しい道を歩み始めています。



カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング)38歳 1977年2月14日生まれ

カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) photo:Makoto Ayano元MTBライダー(2000年シドニー五輪MTBクロスカントリー7位)で、2001年にロードレースに転向。サエコ、マペイ、テレコム、ダヴィタモン・ロット、BMCレーシングに所属。オールラウンダーとして活躍し、2007年と2008年のツール・ド・フランスで2年連続総合2位に。2007年UCIプロツアーの年間チャンピオンに輝き、2009年にはロード世界選手権制覇を果たした。

グランツールには17回出場し、ジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャでそれぞれ総合3位の成績。2011年に念願のツール・ド・フランス制覇を果たす。その他、ツール・ド・ロマンディやティレーノ〜アドリアティコ総合優勝、フレーシュ・ワロンヌ優勝など。2015年2月に自分の名前を冠したカデルエヴァンス・グレートオーシャンレースを最後に現役を引退。現在はBMCのアンバサダーとして活動。



イヴァン・バッソ(イタリア、ティンコフ・サクソ)38歳 1977年11月26日生まれ

優勝トロフィーにキスするイヴァン・バッソ(イタリア、リクイガス)優勝トロフィーにキスするイヴァン・バッソ(イタリア、リクイガス) photo:Kei Tsuji1999年にプロ入りし、過去にファッサボルトロ、チームCSC、リクイガス、キャノンデールに所属。2002年ツールでヤングライダー賞を獲得して頭角を現すと、2005年ツールでアームストロング最大のライバルとして走り総合2位。2006年ジロ・デ・イタリアで総合優勝を果たす。しかし同年オペラシオンプエルト(ドーピング捜査)で名前が浮上し、開幕直前にツール欠場決定。2007年にドーピングへの関与を認めて出場停止処分を受ける。

2008年ジャパンカップでレースに復帰(同大会では2012年に優勝)すると、2009年ジロで総合3位に入り、2010年に2度目のジロ制覇を達成。ジロではチームTTを含めてステージ通算8勝。2015年はティンコフ・サクソに所属し、ジロでコンタドールの総合優勝をアシスト。しかしツール期間中に精巣がんが発覚してリタイア。がんを克服したものの現役を退き、現在はティンコフのテクニカルコーディネーターに就任している。



アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、サウスイースト)42歳 1974年1月3日生まれ

アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、サウスイースト)アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、サウスイースト) photo:Kei Tsuji「アレ=ジェット」と形容されたかつての最速スプリンターで、ファッサボルトロ、ミルラム、ランプレ、オメガファーマ・クイックステップに所属。通算勝利数は120勝以上。ジロ・デ・イタリアでステージ通算22勝、ツール・ド・フランスでステージ通算6勝、ブエルタ・ア・エスパーニャでステージ通算20勝を飾っており、全てのグランツールでポイント賞獲得経験あり。他にもミラノ〜サンレモやパリ〜トゥールなどのワンデークラシック制覇。2007年にサルブタモール陽性で出場停止処分を受けている。

2013年に一旦引退を発表したが、その後カヴェンディッシュのリードアウト役として復帰。2015年はサウスイーストに所属し、自身14度目のジロに出場したものの、最終日前日の第20ステージで発熱とウィルス性の腸炎に苦しめられてリタイアしている。



パブロ・ラストラス(スペイン、モビスター)39歳 1976年1月20日生まれ
1997年のプロデビューから一貫してバネスト(現モビスター)に所属。ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャでステージ優勝。グランツール出場回数は17回(最高位は2002年ブエルタの総合17位)。2008年ブエルタ・ア・アンダルシア総合優勝。2015年3月のボルタ・ア・カタルーニャの落車で負った骨盤の骨折が引退の引き金に。

ヘルト・ステーグマン(ベルギー、トレックファクトリーレーシング)35歳 1980年9月30日生まれ
ロットやクイックステップ、カチューシャ、レディオシャック、オメガファーマ・クイックステップに所属したスプリンター。2007年と2008年にツール・ド・フランスでステージ優勝。2007年シルキュイ・フランコベルジュ総合優勝。2008年パリ〜ニースでステージ2勝。キャリア後期はリードアウトマンとして活躍。

パブロ・ラストラス(スペイン、モビスター)パブロ・ラストラス(スペイン、モビスター) photo:Kei Tsujiヘルト・ステーグマン(ベルギー、オメガファーマ・クイックステップ)ヘルト・ステーグマン(ベルギー、オメガファーマ・クイックステップ) photo:Tim de Waele


クリストフ・ファンデワール(ベルギー、トレックファクトリーレーシング)30歳 1985年4月5日生まれ
過去にトップスポートフラーンデレンやクイックステップに所属。2012年と2013年のロード世界選手権チームタイムトライアル優勝メンバー。2012年から3年連続でベルギーのタイムトライアルチャンピオンに輝く。2011年ブエルタ・ア・エスパーニャでステージ2位。2013年西フランドル3日間レース総合優勝。今後は商学の学位を生かした職業につく予定。

ヘイデン・ロールストン(ニュージーランド、トレックファクトリーレーシング)34歳 1981年1月10日生まれ
コフィディスやディスカバリーチャンネル、サーヴェロテストチーム、HTCハイロード、レディオシャックを経てトレックファクトリーレーシングへ。ニュージーランド選手権で4度優勝。北京五輪トラックの個人追い抜き銀メダル、団体追い抜き銅メダル獲得。ツール・ド・ポローニュやポストデンマークルントでのステージ優勝など。2013年から2年連続ジャパンカップ出場。今後もトラックレースの活動は続ける。

クリストフ・ファンデワール(ベルギー、トレックファクトリーレーシング)クリストフ・ファンデワール(ベルギー、トレックファクトリーレーシング) photo:CorVosヘイデン・ロールストン(ニュージーランド、トレックファクトリーレーシング)ヘイデン・ロールストン(ニュージーランド、トレックファクトリーレーシング) photo:Kei Tsuji


ジェローム・ピノー(フランス、IAMサイクリング)36歳 1980年1月2日生まれ
ブイグテレコムやクイックステップを経て2014年にシャヴァネルとともにIAMサイクリングに移籍。2010年ジロ・デ・イタリア第5ステージで新城幸也と一緒にエスケープし、逃げ切ってステージ優勝(新城は3位)。今後はコメンテーターやエージェントとして活動する見通し。

アレクサンドル・コロブネフ(ロシア、カチューシャ)34歳 1981年5月4日生まれ
ラボバンクやチームCSCを経てカチューシャへ。クラシックスペシャリストとして活躍し、2007年と2009年のロード世界選手権で2位に。2008年北京五輪ロードレース銅メダル獲得。2008年クラシカサンセバスティアン2位、2009年ジロ・ディ・ロンバルディア3位。2010年のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュで2位に入ったものの、ヴィノクロフとの間に優勝の取引があった疑いが浮上している。

ジェローム・ピノー(フランス、クイックステップ)ジェローム・ピノー(フランス、クイックステップ) photo:Kei Tsujiアレクサンドル・コロブネフ(ロシア、カチューシャ)アレクサンドル・コロブネフ(ロシア、カチューシャ) photo:Makoto.AYANO


ブレット・ランカスター(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)36歳 1979年11月15日生まれ
過去にチェラミカパナリアやミルラム、サーヴェロテストチーム、ガーミンに所属したTTスペシャリスト。2005年ジロ・デ・イタリアのプロローグで優勝してマリアローザ着用。2014年と2015年のジロ、2013年ツールのチームTT優勝メンバー。ドイツツアーやツアー・オブ・カリフォルニアでステージ優勝。引退後はチームスカイの監督に就任。

ユッシ・ヴェッカネン(フィンランド、FDJ)34歳 1981年3月29日生まれ
オメガファーマ・ロットに所属した2011年を除いて2005年のプロ入り以来FDJに所属。フィンランド選手権6度(2003年、2005年、2006年、2008年、2010年、2013年、2014年)優勝。グランツール11回出場。引退後はFDJの監督に就任。

ブレット・ランカスター(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)ブレット・ランカスター(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) photo:Kei Tsujiユッシ・ヴェッカネン(フィンランド、FDJ.fr)ユッシ・ヴェッカネン(フィンランド、FDJ.fr) photo:Kei Tsuji


アントニー・ジェラン(フランス、FDJ)35歳 1980年6月9日生まれ
ブイグテレコムから2009年FDJに移籍。2003年GP西フランスプルエー2位、2006年パリ〜カマンベール優勝、2009年ブラバンツペイル優勝。2005年のロード世界選手権で3位に入って銅メダル獲得。以降、フランスチームはエリート男子ロードレースでメダルを獲得できていない。

ケヴィン・デウェールト(ベルギー、ロットNLユンボ)33歳 1982年5月27日生まれ
過去にラボバンクやクイックステップ、コフィディス、オメガファーマに所属。2010年ツール・ド・フランス総合16位、2011年ツール・ド・フランス総合12位。2012年ブエルタ・ア・エスパーニャでステージ2位。

アントニー・ジェラン(フランス、フランセーズデジュー)アントニー・ジェラン(フランス、フランセーズデジュー) photo:CorVosケヴィン・デウェールト(ベルギー、オメガファーマ・クイックステップ)ケヴィン・デウェールト(ベルギー、オメガファーマ・クイックステップ) photo:Kei Tsuji


エドワード・キング(アメリカ、キャノンデール・ガーミン)32歳 1983年1月31日生まれ
サーヴェロテストチームやリクイガス・キャノンデール。ジロ・デ・イタリア2度出場。2011年全米ロード選手権3位。2014年ツール・ド・フランスに初出場するも、第4ステージで落車して肩を脱臼。何とかフィニッシュにたどり着いたが、タイムカットに7秒届かず失格扱いに。引退後はオーガニックメープルシロップを使ったエナジージェルのUnTappedを立ち上げる。

アレクサンドル・ディアチェンコ(カザフスタン、アスタナ)32歳 1983年10月17日生まれ
2009年のプロデビュー以降アスタナに所属。2012年ツアー・オブ・ターキー総合優勝。同年ツール・ド・ランカウイ総合4位。2011年ロード世界選手権タイムトライアル9位。

クラース・ロデウィック(ベルギー、BMCレーシング)27歳 1988年3月24日生まれ
過去にラボバンクコンチネンタルやトップスポートフラーンデレン、オメガファーマ・ロットに所属。2010年パリ〜トゥール4位。2014年に不整脈の手術を受ける。引退後はBMCデヴェロップメントチームの監督に就任。

ホセ・セルパ(コロンビア、ランプレ・メリダ)36歳 1979年4月17日生まれ
2006年UCIアメリカツアー年間チャンピオンに輝いたクライマー。2009年と2012年にツール・ド・ランカウイで総合優勝、同大会でステージ通算7勝。グランツールには8回出場し、2009年ジロ・デ・イタリアで総合13位。2013年にセッレイタリアからランプレ・メリダに移籍し、2014年トロフェオライグエリアで優勝。

ジミー・アングルヴァン(フランス、ユーロップカー)36歳 1979年12月7日生まれ
過去にコフィディスやクレディアグリコル、ソール・ソジャサンに所属。2012年ダンケルク4日間レースで総合優勝。ツール・ド・ルクセンブルクの開幕タイムトライアルで4度優勝。ツール・ド・フランス5度出場。引退後はディレクトエネルジーの監督に就任。

ヴァンサン・ジェローム(フランス、ユーロップカー)31歳 1984年11月26日生まれ
2004年にパリ〜トゥールU23レースで優勝し、2006年にブイグテレコムでプロデビュー。2011年トロブロレオン優勝。ツール・ド・フランス2度出場、ブエルタ・ア・エスパーニャ5度出場。

ジョヴァンニ・ベルノドー(フランス、ユーロップカー)32歳 1983年8月25日生まれ
2005年にブイグテレコム(その後のユーロップカー)でプロデビュー。同チームのジャンルネ・ベルノドーGMの息子。2008年バイエルン・ルントファート2位、2015年アミッサボンゴ総合2位。

エマヌエーレ・セッラ(イタリア、アンドローニジョカトリ)34歳 1981年1月9日生まれ
2004年ジロ・デ・イタリアでステージ優勝し、2005年同大会で総合10位に入ったクライマー。2008年のジロではステージ3勝して総合6位に入るが、7月にEPO陽性が発覚。その後セッラはEPO使用を告白して1年間の出場停止処分を受け、同年の成績は抹消。2011年からアンドローニジョカトリに所属し、同年セッティマーナ・コッピバルタリで総合優勝。2015年2月のトロフェオライグエリアで落車して大腿骨を骨折して5ヶ月戦線離脱した。

ロバート・フェルスター(ドイツ、ユナイテッドヘルスケア)37歳 1978年1月27日生まれ
2003年ゲロルシュタイナーでプロデビューしたスプリンター。2006年と2007年にジロ・デ・イタリアでステージ優勝。2006年ブエルタ・ア・エスパーニャでステージ優勝。ツール・ド・ポローニュやツール・ド・ランカウイ、ツアー・オブ・ジャーマニーでもステージ優勝経験あり。

ダヴィデ・フラッティーニ(イタリア、ユナイテッドヘルスケア)37歳 1978年8月6日生まれ
2001年にベビージロで総合優勝し、翌年アレッシオ・ビアンキでプロデビュー。2011年からユナイテッドヘルスケア所属。

ケン・ハンソン(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア)33歳 1982年4月14日生まれ
2012年のツアー・オブ・エルクグローブでステージ2勝、ツール・ド・コリアでステージ3勝しているスプリンター。

フレッド・ロドリゲス(アメリカ、ジェリーベリー・マキシス)42歳 1973年9月3日生まれ
1996年にプロデビューし、マペイ・クイックステップやダヴィタモン・ロットに所属。全米ロード選手権では2000年、2001年、2004年、2013年に優勝を飾っている。2002年ミラノ〜サンレモとヘント〜ウェヴェルヘムで2位。2004年ジロ・デ・イタリアでステージ優勝。

アレクサンドル・クチンスキー(ベラルーシ、ミンスクサイクリング)36歳 1979年10月27日生まれ
過去にリクイガスやカチューシャに所属。2009年ヘント〜ウェヴェルヘム2位。2012年ジロ・デ・イタリアでステージ2位。2007年ロード世界選手権14位。

ダレン・ラプトーン(オーストラリア、ドラパック)32歳 1983年3月4日生まれ
過去にスパルカッセやラファ・コンドールに所属。2006年ジャパンカップ12位。2007年オーストラリア選手権優勝、同年ツール・ド・北海道総合2位&ステージ1勝。2010年ツアー・オブ・ジャパン総合9位、2013年同大会総合8位。2014年ジャパンカップ54位、同年ツール・ド・アゼルバイジャン総合3位。

ビョルン・ルークマンス(ベルギー、ワンティ・グループグベルト)38歳 1977年7月1日生まれ
過去にダヴィタモン・ロットやヴァカンソレイユに所属。2005年と2011年にアムステルゴールド・レース7位、2007年パリ〜ルーベ4位、2010年ロンド・ファン・フラーンデレン4位、2011年リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ9位、同年ツール・ドゥ・リムザン総合優勝。2008年にテストステロン陽性で出場停止処分を受ける。

クリスティアーノ・サレルノ(イタリア、ボーラ・アルゴン18)30歳 1985年2月18日生まれ
過去にLPRブレークスやデローザ・スタックプラスティック、リクイガス・キャノンデールに所属。2010年ツアー・オブ・ジャパンの奈良ステージと富士ステージを制して総合優勝、同年ツアー・オブ・ターキー総合5位。2011年ジャパンカップ9位。2015年ジロ・デル・トレンティーノでステージ優勝。ロードレースを離れてマウンテンバイクでレース活動を行う予定。

セバスティアン・ロセレル(ベルギー、ベランクラシック・エコイ)34歳 1981年7月15日生まれ
過去にクイックステップやレディオシャック、ガーミン・シャープに所属。2006年ツアー・オブ・ベルギー総合2位、2008年エネコツアー総合2位、2010年ブラバンツペイル優勝、2011年デパンヌ・コクサイデ3日間レースで総合優勝。2012年ジロ・デ・イタリアのチームタイムトライアル優勝メンバー。

ケヴィン・フルスマンス(ベルギー、ファストフートサービス)37歳 1978年4月11日生まれ
2000年にマペイでプロデビューし、2010年までクイックステップに所属。2002年シルキュイ・フランコベルジュでステージ優勝。同年ヘットフォルク6位。2012年にファルネーゼヴィーニに移籍し、2014年からファストフートサービスに所属した。

ケヴィン・シールドライヤース(ベルギー、トルクセケルスポール)29歳 1986年9月12日生まれ
クイックステップとアスタナ、ワンティ・グループグベルトを経て2015年はトルコのトルクセケルスポールに所属。2009年パリ〜ニース総合7位、同年ジロ・デ・イタリア総合10位&ヤングライダー賞獲得。2013年ツアー・オブ・オーストリア総合3位。

ドミニク・コルニュ(ベルギー、ベランダスヴィレムス)30歳 1985年10月10日生まれ
過去にサイレンス・ロットやクイックステップ、スキル・シマノに所属。2010年ツアー・オブ・ベルギー総合2位。2009年ツアー・オブ・ベルギー総合3位。2007年ロード世界選手権タイムトライアル11位。2011年エネコツアー総合7位。

ジェローム・ジルベール(ベルギー、ベランダスヴィレムス)31歳 1984年1月22日生まれ
BMCレーシングに所属する元世界チャンピオンのフィリップ・ジルベールの弟。

フロリアン・ギロー(フランス、ブルターニュ・セシェ)33歳 1982年12月29日生まれ
2011年ツール・ドゥ・リムザン総合3位。2012年ツアー・オブ・ターキー総合6位、2013年同大会総合7位。

ベンジャミン・ジャックメイネス(アメリカ、ジェイミス・ハーゲンスベルマン)37歳 1978年9月22日生まれ
2009年ツアー・オブ・ミズーリ総合7位、同年ヘラルドサンツアー総合7位、同年ツール・ド・サンルイス総合8位。

キャスパー・クロステルガード(デンマーク、リワルプラットホーム)32歳 1983年5月22日生まれ
2005年から2012年までチームCSC(後のサクソバンク)に所属し、2011年パリ〜トゥールで3位に。2012年パリ〜コレーズ総合4位。

ニック・ナイエンス(ベルギー)35歳 1980年5月5日生まれ
クイックステップやコフィディス、ラボバンク、サクソバンク、ガーミン・シャープに所属するも、2011年の2015年度の所属チームが見つからず同年1月に引退。2011年ロンド・ファン・フラーンデレン優勝。2005年ヘットフォルク優勝、同年ツアー・オブ・ブリテン総合優勝。その他にもクールネ〜ブリュッセル〜クールネやドワーズドアフラーンデレン優勝など。

クレモン・ローテレリ(フランス)29歳 1986年3月9日生まれ
過去にスキル・シマノやヴァカンソレイユに所属。2008年パリ〜ニース総合10位&ステージ2位。同年ダンケルク4日間レース総合2位、ブエルタ・ア・アンダルシア総合2位。

text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 ツール・ド・フランス2015 スペシャルBOX(DVD2枚組)
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
参考価格: ¥ 8,640
最安価格: ¥ 8,115
アマゾン価格: ¥ 8,115
の画像 ツール・ド・フランス2014 スペシャルBOX(DVD2枚組)
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
参考価格: ¥ 8,208
最安価格: ¥ 6,474
アマゾン価格: ¥ 6,474
の画像 ツール・ド・フランス2013 スペシャルBOX(BD2枚組) [Blu-ray]
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
参考価格: ¥ 9,504
最安価格: ¥ 5,000
アマゾン価格: ¥ 9,504