54.8kmの長距離個人タイムトライアルはブラドレー・ウィギンズ(イギリス、スカイプロサイクリング)向き。しかし昨年のツール・ド・フランス覇者はパンクによってバイク交換を余儀なくされる。昨年のチームメイト、アレックス・ダウセット(イギリス、モビスター)が10秒差で勝利した。

ゴールに向かって最後の登りを走るアレックス・ダウセット(イギリス、モビスター)ゴールに向かって最後の登りを走るアレックス・ダウセット(イギリス、モビスター) photo:Kei Tsuji2013年のジロ・デ・イタリアには個人タイムトライアルが2つ設定されている。そのうち、平坦で距離が長いのがこの第8ステージ。海沿いのガビッチェ・マーレをスタートし、ワインディングロードを経て内陸部のサルターラにゴールする。

最後の登りで追い込むブラドレー・ウィギンズ(イギリス、スカイプロサイクリング)ステージ2位・10秒差最後の登りで追い込むブラドレー・ウィギンズ(イギリス、スカイプロサイクリング)ステージ2位・10秒差 photo:Kei Tsuji前半はテクニカルなコーナーが続き、後半は比較的平坦で真っすぐ。最後は最大勾配13%の登りを経てサルターラの街の外れにゴールする。時折空から雨粒が落ちたが、一日中ずっと降り続くことはなかった。

ウィギンズとのタイム差は11秒に抑え込んだヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ)ウィギンズとのタイム差は11秒に抑え込んだヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ) photo:Riccardo Scanferla中間計測ポイントでトップタイムをマークしたアレックス・ダウセット(イギリス、モビスター)は、そのままゴールまで快走。1時間16分27秒という暫定トップタイムでサルターラにゴール。平均スピードは43.0km/h。後続のスペシャリストたちの走りを待ったが、最後までイギリスTTチャンピオンのタイムを更新する選手は現れなかった。

ステージ5位・32秒差 スタフ・クレメント(オランダ、ブランコプロサイクリング) ステージ5位・32秒差 スタフ・クレメント(オランダ、ブランコプロサイクリング)  photo:Kei Tsujiスカイプロサイクリングからモビスターに移籍し、初出場のグランツールでステージ初優勝を飾った24歳は「自分の走りをしただけ。でも、待っている時間は地獄だった」とキャリア最大の勝利の感想を淡々と述べる。「チャンスを与えてくれたモビスターには本当に感謝している」。

最後の登りで追い込むカデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)最後の登りで追い込むカデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) photo:Kei Tsujiスタフ・クレメント(オランダ、ブランコプロサイクリング)やルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、グリーンエッジ)も好走したが、ダウセットには届かない。雷鳴が遠くから聞こえる中、いよいよ総合上位陣が54.8kmの闘いをスタートさせた。

前日の第7ステージでライバルたちから遅れ、総合23位に沈んだブラドレー・ウィギンズ(イギリス、スカイプロサイクリング)は序盤から好走。1分前にスタートしたダニーロ・ディルーカ(イタリア、ヴィーニファンティーニ)を軽々とパスしたが、18km地点で前輪がパンクしてしまう。スペアバイクで走り出したものの、リズムの崩れとテクニカルなコースによって、中間計測ポイントでは下位に沈む。

「自分向きだった」という平坦基調のレース後半にかけてウィギンズはタイムを挽回し、ラスト3kmから始まるサルターラの登りを勢い良く駆け上がる(ラスト3kmのタイムは最速)。しかしダウセットのタイムには10秒届かなかった。

逆にレース前半から攻めたのはヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ)。中間計測ポイントで最速タイムをマークすると、そのままペースを維持して後半の平坦路へ。サルターラの登りでタイムを失ったものの、ダウセットから21秒、ウィギンズから11秒遅れという好タイムでゴールした。

その他、カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)がステージ7位、ロバート・ヘーシンク(オランダ、ブランコプロサイクリング)がステージ11位の好成績。地元マルケ州出身のミケーレ・スカルポーニ(イタリア、ランプレ・メリダ)は決して得意ではない長距離個人TTでステージ10位に絡んでみせる。逆にディフェンディングチャンピオンのライダー・ヘジダル(カナダ、ガーミン・シャープ)はタイムを伸ばせず、ウィギンズから2分13秒遅れのステージ18位に終わった。

マリアローザを着るベナト・インチャウスティ(スペイン、モビスター)が大きく遅れたため、ピンクの栄光ジャージはニーバリの手に。鬼門とされていた個人TTで総合リードを得たニーバリを、エヴァンスが29秒差、ヘーシンクが1分15秒差、そしてウィギンズが1分16秒差で追う展開に。徐々に2013年ジロの総合優勝候補が絞られて来た。

ジロ・デ・イタリア初出場のアレックス・ダウセット(イギリス、モビスター)が優勝ジロ・デ・イタリア初出場のアレックス・ダウセット(イギリス、モビスター)が優勝 photo:Kei Tsujiついにマリアローザを手にしたヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ)ついにマリアローザを手にしたヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ) photo:Kei Tsuji


ジロ・デ・イタリア2013第7ステージ結果
1位 アレックス・ダウセット(イギリス、モビスター)               1h16'27"
2位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、スカイプロサイクリング)          +10"
3位 タネル・カンゲルト(エストニア、アスタナ)                  +14"
4位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ)               +21"
5位 スタフ・クレメント(オランダ、ブランコプロサイクリング)           +32"
6位 ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、グリーンエッジ)            +35"
7位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)          +39"
8位 マヌエーレ・ボアーロ(イタリア、サクソ・ティンコフ)             +45"
9位 セルジオルイス・エナオモントーヤ(コロンビア、スカイプロサイクリング)    +53"
10位 ミケーレ・スカルポーニ(イタリア、ランプレ・メリダ)            +53"

個人総合成績
1位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、アスタナ)             29h46'57"
2位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)          +29"
3位 ロバート・ヘーシンク(オランダ、ブランコプロサイクリング)         +1'15"
4位 ブラドレー・ウィギンズ(イギリス、スカイプロサイクリング)         +1'16"
5位 ミケーレ・スカルポーニ(イタリア、ランプレ・メリダ)            +1'24"
6位 ライダー・ヘジダル(カナダ、ガーミン・シャープ)              +2'05"
7位 セルジオルイス・エナオモントーヤ(コロンビア、スカイプロサイクリング)   +2'11"
8位 マウロ・サンタンブロジオ(イタリア、ヴィーニファンティーニ)        +2'43"
9位 プリジミスラウ・ニエミエツ(ポーランド、ランプレ・メリダ)         +2'44"
10位 リゴベルト・ウラン(コロンビア、スカイプロサイクリング)          +2'49"

ポイント賞
マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、オメガファーマ・クイックステップ)

山岳賞
ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、モビスター)

新人賞
ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、ブランコプロサイクリング)

チーム総合成績
アスタナ

text&photo:Kei Tsuji in Saltara, Italy
Amazon.co.jp 
の画像 ヒルクライマー宣言 (小学館101新書)
カテゴリー: Book
著者: 高千穂 遙
出版社: 小学館
最安価格: ¥ 799
アマゾン価格: ¥ 799
の画像 より速く、より遠くへ! ロードバイク完全レッスン 現役トップアスリートが教える市民サイクリストのトレーニング法 (SB新書)
カテゴリー: Book
著者: 西 加南子
出版社: SBクリエイティブ
最安価格: ¥ 788
アマゾン価格: ¥ 788
の画像 追い風ライダー
カテゴリー: Book
著者: 米津一成
出版社: 徳間書店