1926年フィリップ・M・ウィンターがドイツのバイエルン州フュルトに、パイロット、ドライバー、オートバイ、登山、そしてスキーヤーの為のレンズ開発会社を設立したことに発端を持つウベックス。UV:ultraviolet(紫外線)+ EX:exclusded(排除)であるように、1960年代には世界に先駆けて紫外線から目を保護するレンズを製品化したことで有名だ。アルゴス・シマノやFDJ所属のプロ選手が使う調光レンズを採用した新モデルを紹介する。

ウベックス sgl 104 vario 、sgl 202 race
ウベックス sgl 104 vario(グリーン)ウベックス sgl 104 vario(グリーン) (c)インターマックス
ウベックス sgl 104 vario(ブラックマット)ウベックス sgl 104 vario(ブラックマット) (c)インターマックスウベックス sgl 104 vario(ホワイト)ウベックス sgl 104 vario(ホワイト) (c)インターマックス


sgl 104 varioとsgl202 raceは、共に調光レンズを採用したウベックスアイウェアのハイパフォーマンスモデル。レンズは紫外線に反応し可視光線透過率が77%→17%へ変化。レンズの裏には曇り止め加工と表には油を弾くイージートゥクリーン加工がされ、雨など厳しい環境下の使用にも適応する。

sgl 104 varioはハーフリムタイプの一眼式レンズを採用し、レンズにベンチレーションを設けたことでサングラス内を快適に保つ機能が与えられている。調整式のノーズパッドやテンプルエンドを備え、様々な形の顔に対応することができる。

ウベックス sgl 202 race(グリーン)ウベックス sgl 202 race(グリーン) (c)インターマックス
ウベックス sgl 202 race(ブラック)ウベックス sgl 202 race(ブラック) (c)インターマックスウベックス sgl 202 race(ホワイト)ウベックス sgl 202 race(ホワイト) (c)インターマックス


sgl 202 raceは、2013年よりラインナップに加わった調光レンズ装備モデル。レンズ上部のフレームを排することで深いポジションをとった際の視界確保に優れるモデルだ。オフロード競技や、スプリントなどの激しい動きにも対応するべくノーズパッドだけでは無く、今年からテンプルエンドも調整可能となった。どちらのモデルもグリーン、ホワイト、ブラックと3種類のカラーバリエーションが揃う。取り扱いはインターマックス。

様々なコンディションに対応する調光レンズ様々なコンディションに対応する調光レンズ (c)インターマックス

ウベックス sgl 104 vario
カラー:グリーン、ホワイト、ブラックマット
レンズ:ヴァリオマティックスモーク
可視光線透過率:77%-17%
価 格:24,150円(税込)

ウベックス sgl 202 race
カラー:グリーン、ホワイト、ブラック
レンズ:ヴァリオマティックスモーク
可視光線透過率:77%-17%
価 格:19,950円(税込)

Amazon.co.jp