ポカポカとあたたかな空気で、絶好のサイクリング日和となる春。山梨県中央市にて”桃と桜のサイクリング”が、4月5日(日)に開催される。美しい花々が咲き乱れ、まさに桃源郷となる甲府盆地に遊ぶ、春先の絶景ライドを紹介しよう。



鮮やかな桃の花が次々に現れる 桃と桜のサイクリング2019鮮やかな桃の花が次々に現れる 桃と桜のサイクリング2019
日を追うごとに暖かになっていく4月のはじめ。分厚く重いウィンターウェアから解放され、身軽になってサイクリングを楽しめるようになる絶好のシーズンに、山梨県中央市にて「桃と桜のサイクリング」が開催される。本格的なシーズンインにぴったりのライドイベントだ。

このイベントの魅力となるのは、”桃源郷”と呼ぶにふさわしい甲府盆地の絶景。大会名が示すように、桃と桜の花が辺り一帯を薄紅色に染め上げるさまは、この時期にしか見れないスペシャルな景色。一年を通して雄大な景色を楽しむことが出来るフルーツラインだが、最も美しいのはこの時期だと地元の人も声を揃える。

一面の菜の花畑に桃の花咲く まさに桃源郷のような景色にテンションも上がる一面の菜の花畑に桃の花咲く まさに桃源郷のような景色にテンションも上がる
満開の花々に囲まれたとっておきの絶景ルートを繋いで作られたコースは、全長52kmとすこし短めのコース設定。女性や初心者にとっても余裕をもって走り切ることが出来る距離と難易度で、決して無理することなく景色を楽しみながら完走できる絶妙なコース設定となっている。

ちなみに初回大会では参加者の3割以上を女性が占め、サポートライダーまで女性で統一した女性専用出走グループなども設けられ、自分のペースで走り切れる安心感も魅力の一つ。さらに、脚がつらくなってくるコース後半にはショートカットルートも設けられ、体力に応じたルートを選ぶことも可能。

少し短めイベントなれど、エイドは一切手抜きなし。52kmのコースの中に5つのエイドステーションが設けられる。10kmに1つのエイドステーションが現れるというのは、他のライドイベントでは考えられない濃密さ。それぞれがユニークなエイドステーションで、あっという間に時間が過ぎてしまうこと間違いなし。

程よいアップダウンで走りやすい52km 景色を楽しむ余裕あるレイアウトに

女性ライダーも沢山走っています女性ライダーも沢山走っています
メイン会場、そしてスタート&ゴール地点となるのは「中央市農村公園」。中央道甲府南ICから車で約10分の立地で、首都圏からのアクセスも良好だ。見晴らしの良い公園からは周辺の景色を一望でき、スタート前からさっそく期待が膨らむはず。こちらは第0エイドとして、オリジナルブレンドのコーヒーやヨモギ饅頭などが用意されちょっとした朝ごはんもいただける。

スタート地点から、コースは西へ、甲府盆地と富士山北麓を隔てる御坂山地のすそ野に沿うように、徐々に標高を上げながら進み、第1エイドの「八代ふるさと公園」へと到着。大会当日には「桃源郷春祭り」が開催されており賑わいを見せているはず。園内に植えられた桜、そして眼下には桃畑が広がる絶景を楽しみつつ、ふっくら焼き上げられたマフィンや糖度の高いフルーツトマトといった補給をゲット。

アップダウンが続くけれど、サポートライダーのペーシングのおかげで走りやすいアップダウンが続くけれど、サポートライダーのペーシングのおかげで走りやすい
たっぷり用意されたバーベキューの具材たちたっぷり用意されたバーベキューの具材たち みんなで仲良く卓を囲んでランチを頂くみんなで仲良く卓を囲んでランチを頂く


バンクを走ることができる境川自転車競技場エイドバンクを走ることができる境川自転車競技場エイド
そのまま一路西進し、御坂みちへと行き当れば折り返し。ここからは下り基調の爽快な区間に。第2エイドとなるのは「御坂農園グレープハウス」。こちらはランチエイドとして、なんとバーベキューが準備されている。当日一緒になった皆さんで卓を囲み、焼肉をつつけばあっという間に友達が増えるというもの。

がっつりスタミナをつけて向かうは第3エイドの「境川自転車競技場」。1986年(昭和61年)第41回国民体育大会「かいじ国体」のトラックレース会場となったバンクを、元競輪選手の指導付きで走行体験することもできる。

その後は中央自動車道をくぐり、第4エイド「道の駅とよとみ」へ。全国直売所甲子園初代グランドチャンピオンになった道の駅とよとみでは、特製フルーツソースを乗せたクラッカーが振舞われる。そして、笛吹川を渡ってフィニッシュを迎えるゴールでは、フィニッシュエイドが登場。朝戴いたコーヒーに加え、中央市の完熟トマトとフジザクラポークを使った「青春のトマト焼きそば」、さらに地元の美味しいスイーツも提供予定と、エイドも充実の52kmとなりそうだ。


春の山梨の魅力がこれ以上ないほど詰め込まれ、大満足間違いなしの桃と桜のサイクリング。今年はゲストライダーとして、今中大介さんとモデルの石垣美帆さんが一緒に参加してくれるという。さらに、よしもと山梨県すみます芸人のいしいそうたろうさんがMCとして大会を盛り上げてくれる。

また、今年はレンタルバイクが用意されるのも大きなポイント。ヤマハのE-BIKE、YPJ-Cが用意されているので、坂が不安な方でも安心して参加できる。XSサイズ、Mサイズが3台ずつ、先着順となっているので、気になるかたは是非チェックしてみては。

現在参加者募集中!エントリーは3月16日まで

山梨の魅力を凝縮した”桃と桜のサイクリング”は現在参加者を募集中だ。エントリーはネットからとなっており、スポーツエントリー内申込ページから行うことができる。ヤマハのレンタルサイクルもこちらから申込可能。満開の桃源郷の魅力を詰め込んだこのライド、ぜひ応募してみては?



桃と桜のサイクリング
開催日:4月5日
開催場所:山梨県中央市農村公園
距離:52.1Km
申込締切:2020年3月16日(月)
Amazon.co.jp 
の画像 モモ (岩波少年文庫)
カテゴリー: eBooks
メーカー: 岩波書店
の画像 もものかんづめ (集英社文庫)
カテゴリー: eBooks
メーカー: 集英社