東武トップツアーズが開くホノルルセンチュリーライド・ツアーは、大会本番が終了した翌日もライドイベントが行われている。タンタラスの丘を駆け上がるモーニングライド、そして大会では足を運べないノースショアでのサイクリングの2本立て。走って走って走りまくりのアフターライドの様子をお届けしよう。



薄明かりの中、タンタラスの丘モーニングライドは始まる薄明かりの中、タンタラスの丘モーニングライドは始まる
常夏ハワイ・オアフ島で開催されたホノルルセンチュリーライド。わざわざ自転車をホノルルまで持ち込んだのだから、イベント本番だけに参加するなんて勿体無い。市街を観光するのも良いが、自転車で海外サイクリングを楽しめれば、サイクリストにとってはより良い思い出となるはずだ。

我々シクロワイアード編集部が帯同している東武トップツアーズのツアーは、先行して掲載しているプラクティスライドをはじめ、アフターライドなどオプションが充実。ホノルルにいる間はこれでもかという程に自転車を乗りまわし、1年の走行距離の大半をHCRツアーで稼いでしまうなんて人も。私がそう。

朝焼けに照らされながらタンタラスの丘を目指していく朝焼けに照らされながらタンタラスの丘を目指していく 市街地を駆け抜けタンタラスの丘を目指していく市街地を駆け抜けタンタラスの丘を目指していく

ダイヤモンドヘッドという何ふさわしく頂上だけ朝日に照らされているダイヤモンドヘッドという何ふさわしく頂上だけ朝日に照らされている 中々スリリングな撮影を試みる今中大介さん中々スリリングな撮影を試みる今中大介さん


東武トップツアーズのアフターライドは、朝飯前のタンタラスの丘ヒルクライムと、ノースショアサイクリングの2本立て。タンタラスの丘ヒルクライムは、7時前にスタートするため眠気眼をこすりながらツアーデスクに集まる。前日に100マイル走ったうえで、朝早い時間から自転車に再び乗るのは中々な物好きである。ただ、丘から見る景色は本番ライドと引けを取らないくらい美しい。ホノルルを満喫するためにも是非足をはこんで見るとよいだろう。

ツアーデスクを出発した集団は通勤車が溢れるアラワイ運河から、丘に向かって市街地を縫うように走り抜けていく。日本に左折専用レーンがあるようにハワイにも右折専用レーンが存在し、車道の端を走っているだけではあらぬ方向に行ってしまう可能性がある。そもそもヒルクライムの入り口は住宅街にあり、初見ではたどり着くまでの難易度が高め。

眼下にダイヤモンドヘッドとホノルル市街が広がる光景が最高なんです!眼下にダイヤモンドヘッドとホノルル市街が広がる光景が最高なんです!
ツアーであれば先頭と最後尾にスタッフがつくため、迷うことはなく、レーン変更もスムーズに行えるようになっている。普段の取材ならばCW取材班は写真を撮影するために集団から先行するのだが、この時ばかりは迷子になるため最後尾に並んで移動していくだけ。

さてコオラウ山脈の麓であるタンタラスの丘は約4kmのヒルクライム。途中、約3km地点で見晴らしの良い場所が現れるため、そこで一旦休憩を挟み、残り1kmを駆け上がるという行程。ホノルルセンチュリーライド本番にはこのような上り坂が登場しないため、健脚ライダーにとっては刺激をいれるには丁度よいはず。我々のような平凡なライダーにとっては超級山岳だ。

毎年タンタラスの丘ライドでは先述した見晴らしの良い場所を駆け上がる写真を撮影するのだが、そのためにはカメラ役であるCW編集部員が先行して待ち受ける必要がある。これがまた辛い。後ろから迫る参加者たちの影に怯え、ひとり追い込んでいく。鬼のような形相でペダルを踏みつけ、荒くなる呼吸を深呼吸で落ち着かせる。

展望台からの眺めは最高!展望台からの眺めは最高!
私は単なるホビーサイクリストの端くれであるため、足に自信のある参加者たちの脚力には遠く及ばず、ツアー帯同した過去2回全てで参加者に追いつかれている。今回は10分ほどスタート時間のギャップを付けてくれたためか、初めて先頭に追いつかれることなく、撮影ポイントにたどり着くことに成功!

いや、私のことなんてどうでも良い。ファインダー越しに見える参加者の表情は、ヒルクライムの大変さと絶景を見てこぼれ出る笑みが綯い交ぜになっている。住宅街を抜け突如としてホノルル市街、ダイヤモンドヘッド、大海原が広がるため、非常に開放感が強く、笑顔になるのも頷ける。

ご夫婦でタンタラス記念に1枚。お年賀はがきのデザインにいかがですか?ご夫婦でタンタラス記念に1枚。お年賀はがきのデザインにいかがですか?
タンタラスの丘展望台はほぼ360°のパノラマビューとなっており、ホノルルの中心地を一望することができる。北側にはコオラウ山脈を形成する山の麓、東から南にかけてはホノルル市街、西にはダニエルKイノウエ空港が広がる。景色の美しさはもちろん、火山が形成したオアフ島の地形、人々の営みの歴史に耽っても良いだろう。

一息ついたら記念撮影タイムだ。ひとりひとり自転車を持ち上げての撮影はいい思い出となってくれただろうか。朝早くから動き回り続けお腹も空いてきたので、一団はワイキキへと戻るのであった。お腹をすかせたタイミングでの朝食はきっと美味しく感じられただろう。



伸ばしてー伸ばしてー伸ばしてー伸ばしてー 最高のサイクリング日和となったノースショアサイクリング最高のサイクリング日和となったノースショアサイクリング

快速巡航の今中さんトレイン出発進行!快速巡航の今中さんトレイン出発進行!
モーニングライドが終了したと思ったらすぐさま集合となるのが、アフターライドその2「ノースショアライド」だ。このサイクリングは、ホノルルセンチュリーライド本番で100マイルコース折り返し地点だったスワンジービーチパークまでバスで移動。その後、ノースショアのハレイワを目指してのんびりとサイクリングするという内容だ。

自転車を専用のトラックに預け入れ、身一つでバスに乗り込むだけ。前日は何時間もかけてたどり着いたスワンジービーチパークは自動車で1時間程度。コースをトレースせずに、コオラウ山脈を横切るバイパスを通過しているため、同じ条件ではないが、文明の利器の有り難さを感じるばかり。

日光がさんさんと照りつけるスワンジービーチパークはザ・南国と言えるような陽気。気温は暑いがそれもまた心地よい。日焼け止めを厚めに塗りたくり、トラックから自転車を降ろし出発の支度を整える。ここでも金田さんのストレッチ講座を受けてから出発だ。

クアロアランチの断崖絶壁とビーチを背に北へ向かうクアロアランチの断崖絶壁とビーチを背に北へ向かう この青空と雲、海!ロケーションは最高この青空と雲、海!ロケーションは最高

この青空と雲、海!ロケーションは最高この青空と雲、海!ロケーションは最高
非常に数多くの参加者が集まったため、ライドは3班に別れて行うことに。少し速め(30km/h)の巡航速度で走りたい方は今中さんが率いるグループにジョイン。金田さんは小気味良いペース(25-28km/h)でグループをコントロールし、橘田さんが先導を務めるグループは20km/h程度ののんびりペースと住み分けられた。

ノースショアライドは数回休憩を挟みハレイワまでの44kmを走行する予定で、最初はスワンジービーチパークからカフクまでの20kmを走り切る。海岸線が車道のすぐ脇まで迫るグッドロケーションを走るため、ハワイに居る実感を最も感じやすい場所の1つだ。

キラキラと輝く水面、海と空のブルー、南国の植物のグリーン全てが彩度強め。普段生活している住宅街が灰色なのではないかと勘違いするほど、鮮やかな色味が心に焼き付いている。恋い焦がれるというのはこういう感情なのだろうか。普段の生活では考えないようなことを考えてしまうのも南国マジックだろう。そんなこんなでカフクの休憩地点にたどり着く。

ジョバンニというフードトレーラーには観光客が長蛇の列を形成するジョバンニというフードトレーラーには観光客が長蛇の列を形成する
ココナッツをそのまま頂くことも!ココナッツをそのまま頂くことも! カフクではガーリックシュリンプが定番カフクではガーリックシュリンプが定番


カフクはエビの養殖が盛んに行われている地域。ジョバンニというフードトレーラーは非常に人気の高いエビ料理店で、ここのガーリックシュリンプが絶品で知られている。ジョバンニを目当てにカフクまでやってくる観光客は多く、自転車で来るのは我々くらいだが、行列が絶えないほど。

3回目の来店となる私は他の料理屋でステーキなどをチョイスしても良かったが、ミーハーな性格上ジョバンニの行列に並ばないわけにはいかなかった。20分ほど並び続け手に入れたガーリックシュリンプは相変わらずニンニク感強めで美味。空腹な私は殻も剥かずにペロリと一皿を平らげてしまった。日本でも食べられればなあ…。

カフクでお昼休憩を経て元気を再注入した我々は、ハレイワまでのサイクリングを再開。昨日100マイルを走りきった我々にとって14kmは目の前、だがHCR本番とタンタラスで張り切りすぎた私に余力はなく、もうひと頑張りが必要な距離。サンセットビーチで再び休憩を挟み、ウミガメが現れることで有名なラニケアビーチに転がり込む。

快速巡航の今中さんトレインが進んでいく快速巡航の今中さんトレインが進んでいく
サイクルジャージのままで海に飛び込んでいく猛者たちサイクルジャージのままで海に飛び込んでいく猛者たち のんびりと寛ぐ人たちものんびりと寛ぐ人たちも

岩場にはウミガメを見るべく人が殺到岩場にはウミガメを見るべく人が殺到 最高の笑顔を頂きました!最高の笑顔を頂きました!


我々はウミガメを見るべくサイクリングシューズを脱ぎ、砂浜に突入する。岩場に人が集まっており、ウミガメでもいるのかなと思ったが不発。どうやら海中で遊泳を楽しんでいるらしく、たまに首を水面に出すのだとか。確かに亀が首を出しているような場面に出くわしたが、ネス湖のネッシーレベルで本物かどうかはわからない。

砂浜でひとしきりはしゃぎ、ハレイワに向けて再スタートを切ろうとした瞬間、スコールに遭遇してしまった。これも南国らしさを満喫したということで割り切ればいい思い出だ。雨雲が通過したタイミングで、我々は残り5kmを走りきり無事にハレイワに到着。ここでライド終了だ。

ハレイワはノースショア最大の街ということもあり、ここで自由時間となる。様々なお店を見て回るのも一興だが、ここではマツモトシェイブアイスを食べたいところ。スコールに見舞われ肌寒さも感じる気がするが、やはりミーハーな私は名物を食べないという選択をすることはできない。行列に並んでいた時に気がついたのだが、1日に2度も行列に並ぶことってレアケースではないだろうか。このライドはノースショアの見どころを巡るのに最適なのかもしれない。

このツアー最後の集合写真はハレイワの看板前でこのツアー最後の集合写真はハレイワの看板前で
ハレイワと言ったらマツモトシェイブアイスでしょう!ハレイワと言ったらマツモトシェイブアイスでしょう! この笑顔が最高ですこの笑顔が最高です


時刻はいつの間にか4時半を回り、自由時間も終了だ。バスでワイキキまで戻れば、ツアーの全行程も終了となる。土曜日から始まり、月曜日までの3日間を自転車三昧となる東武トップツアーズのホノルルセンチュリーライド・ツアー。走って走って走りまくりながらハワイを楽しむ内容は、自転車好きを満足させてくれるだろう。

それ以上に参加者の皆さんはフレンドリーに接してくれるため、ツアーを通して自転車友達ができたという方もいるだろう。ライドは思う存分楽しめたため思い残すことはないが、ここでできた仲間と離れるのは少し寂しい気がする。夕日に照らされたワイアナエ山脈を眺めていたら、センチメンタルな気分になってしまった。ホノルルで再会できるかなと思いながらツアーの幕は降りた。それでは皆さん、また来年!

東武トップツアーズ ホノルルセンチュリーライドツアーFacebookフォトアルバム

大会前日 走り方直前講座
大会前日 プラクティスライドA~ハナウマ湾~
大会前日 プラクティスライドB~マカプー/ライトハウストレイル~
大会本番 ホノルルセンチュリーライド
大会当日 アフターパーティー
大会翌日 タンタラスの丘モーニングライド&ノースショアサイクリング

text&photo:Gakuto Fujiwara
photo:Makoto.AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 ナイトプロテイン ココア 1kg グラスフェッド
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )
最安価格: ¥ 6,480
アマゾン価格: ¥ 6,480